FC2ブログ

名前を呼ばせて act 16

思わず固まってしまった体

あの神楽が・・・?との思いに更ける
沖田に抱きついて絡む神楽の手。その手は、じっとりと汗ばんでいる
よほど緊張しているのだろう・・
服を握り締めるので、引っ張られた感じになる

とにかく落ち着かそう・・・いや。落ち着くのは俺か?
そう考える時点で、既にパニクッてる事に気づくはずだが、今の沖田はそれどころではなかった
やんわりと力を加えて、自分の体にくっ付いている神楽を剥がそうとする。
が、神楽は余計に力を加えて沖田に手を回した

二人がイイ・・・どう言う意味なのか・・今度は沖田がグルグルと考えた

自分と神楽の間は、隙間が無いほどくっ付いている
嫌でも、考えた

沖田の思考がグルグルと回ってる中、白い手が、自分の襟首を引っ張った
ぐいっと引かれた事を、自覚した時には、ぎこちなく、沖田の唇に、神楽の唇が触れた後だった


「・・・・・・・・・・・・・・・・・すき」

蒼く濡れた瞳、見上げるように見てくる。吸い込まれそうな瞳に、無自覚で今度は沖田から口を重ねた

もっと、もっと欲しいと、神楽は自分から舌を絡ませる
角度を変え、深く、唾液が交わる
握り締めていた沖田の服から手を離し、両手を、沖田の首に絡ませる

体の奥から疼くような感覚
痺れるような、キスだけでイキそうな感覚。瞑っていた目を一瞬開けると、チカチカと光った

たまらず神楽を、腕に抱きかかえた。
行き先・・・そんなの分かってる。   


人通りのない所・・・・


沖田に抱かかえられている間・・・その間もキスが止む事はない
自分からキスをねだる、相変わらず首に巻きつける様に絡む手





「・・・ぁ・・・沖・・やぁ・・」
薄暗く、所々しかお互いの姿も見えない
そんな中、服が擦れる音、声が漏れる音、息使い・・・それで相手を把握する

服じゃない・・浴衣だ。
脱がせるには容易い・・
沖田は、用意に、前から、神楽の浴衣の中に手を滑らせた
「・・ぁ・・」

小さく漏れる声

右手で、スベスベした神楽の肌を滑らせる
滑らかなカーブをゆっくりと上ると、頂上には、膨れ上がる突起
それを下から、ゆっくりと押し上げるように感触を楽しむ
あの時見たく、神楽は抵抗を見せない。覚悟をして来たようだった

下から揉み上げながら、ゆっくりと、突起を捏ねた
「ひゃ・・・・・ん・・ぁ」
声が、何も無いところで響き続けた



無我夢中・・・自分の中で、今つけるとしたら、コレがピッタリだった

頭が真っ白になる。欲しくてたまらない
感情に突き動かされる
神楽の首筋に噛み付く
鎖骨に、舌を這わせ、そこに自分の歯を当てた

ビクンと撓る体。益々余裕が無くなっていく
言葉も発する事無く、ただただ、欲に突き動かされたいく

首筋に伝う舌・・・
いきなりそれが止まった


「沖田・・・・?どうしたアルカ?」
動きが止まり、神楽から体を離す沖田、幸せに感動してた神楽は一気に現実に戻された

「やっぱ、ちげぇや・・・こんなの」
苦笑いをする沖田

「何が?何が違うアル?」
拒絶されたような顔をする神楽、確かにそう取れたかも知れない

「今、ヤンのはちげぇと思いまさぁ」
沖田の体は、完璧に神楽から離れた、その沖田を見ていた神楽は頭に血が上った

「何が?私が誘ったアル!!それを!!・・・」
神楽からすれば、何をするより勇気がいった行動だった
精一杯頑張った。本当に頑張った行動だった

負けたくない気持ちがそうさせた
でも、沖田のことは本当に好きだったから出来た行動

恥ずかしくて、たまらなくて、でも好きだかたら一つになりたかった
特別になりたかった。何か繋がるものが欲しかった
それを拒絶されたような気がした

「・・・・っ!!大嫌いアル!!」
たまらず、肌蹴た浴衣を掴み、其処から駆け出した

・・・・To Be Continued・・・・・

(高杉さま~~二人きりですね)
(あ~あぁ)
(ドキドキしませんか?)
(しねぇ・・)

真面目にランキングをしようと思います☆
お話の続きが見たい位、面白かったら、
毎日お手数かけますが、是非、ぽちっと押してください ヾ(>▽<)o
私も、毎日押して頂けるよう、頑張って創作していきます!☆

後、一言コメントでもいいから落としてやってください☆
毎日でもOK(ノ∇≦*)
おもろい、ワロタ☆何でも、イイッス☆コメント読むの好き☆
ミクチィの方は、そのままミクチィで嬉しいです☆






にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

Category: ★名前をヨバセテ
Published on: Fri,  16 2010 12:40
  • Comment: 10
  • Trackback: 0

10 Comments

桜アップルパイ  

質問!!

ひゃ~~

すごっ!!
すごすぎですヨ。ツンデレさん!!

どんな文才をもっているんですか!?

うまく、続きが気になるところでくぎって!!

はぁ~~、思わずため息がでちゃいます…



質問;このコメントの欄に、小説とかネタ帳っぽいの
   書いてもいいんですか?


あのですね、なんていうか短編っぽいのを

ツンデレさんに見せたいいな、みたいな…


それと、総悟とうららちゃんが

別れたのと付き合ったのを書いてほしいけど…

番外編じゃなくて、コメントの欄に

ふつうに簡単にかいてほしいな、と……

(番外編、つかれないならお願いします。


う~ん、ツンデレさんにこの間わがまま言ったので

短編でも送ろう(?)とかって思ったんですけど…

なんか余計にわがままを…

すみません!!

ダメでも私、小説を投稿できる場所知ってるんで

そこへ投稿して、ツンデレさんに教える、とかって

方法はありますんで!!

本当に長々と……すみません。

2010/04/16 (Fri) 19:59 | REPLY |   

ツンデレ  

わがままだなんてそんな☆
小説!?(ノ´▽`)
ついに来ましたかぁ・・・。
えっと・・何処でもOk☆
ここでも、投稿でも、やふ~のメルアド教えても全然OK

どれがいいか教えてください・・。

それにしても、うららと、総悟かぁ・・
う~ん。まったく考えてなかったなぁ・・・
だってね、初めうららを、物凄い嫌な女にして、最後けちょんけちょんにするはずだったのさ☆コレ裏話や!

でもね~。何か書いてたら、あ~この子も可哀想な子やな~と思って、んで、極め付けに、その時雪の華をきいてたら、インスピレーションで頭に浮かんで、そのまま書いたのさ・・。だからうららの事かくと、思い切りラブラブになりそうだからな~~そうなると何で別れたの?ってなるし・・う~ん難しい・・。

書くときは、結構甘め路線やから 笑

2010/04/16 (Fri) 21:02 | REPLY |   

桜アップルパイ  

めいわくじゃない??

もう~本当にやさしいですネ~

ツンデレさんわぁ♪

えっとォ、どうしましょうかぁ?

う~ん…そうですね~

長くなる小説の場合わ

どこかへ投稿して教えます!!

でも、短編だったら、ここに書こうかな?

迷惑じゃありませんか?

(本当にツンデレさんって、やさしいんですね☆)

2010/04/17 (Sat) 15:42 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: めいわくじゃない??

え?迷惑じゃないですよv-348

是非、うちにも見せて下さいね☆
楽しみにまってま~す!!

2010/04/18 (Sun) 08:53 | REPLY |   

桜アップルパイ  

おやさしいナ~

まあ、本当にやさしい人ですネ⊹

感動しちゃいます…

本当にやさしい言葉(文?)

ありがとうございます。

それじゃ、小説は予定としては

明日ということで(4月20日午後

まったね~♪

2010/04/20 (Tue) 00:25 | REPLY |   

桜アップルパイ  

おくれてごめんね!それと設定!

こんにちわ~

すみません!!

予定とは1日おくれてるけど

短編(?)小説かっきま~す!


 設定↓


・沖神夫婦+子(甘

・沖→神みたいな

・子供について
 名前;神悟  年;4歳
 外見;総悟似、瞳は神楽似。
 内面;少しS、総悟似。


ありがちな名前にありがちな小説です。

じゃ!また後で!!
 








2010/04/21 (Wed) 16:16 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: おくれてごめんね!それと設定!

おう!待ってるさ~☆

2010/04/21 (Wed) 16:19 | REPLY |   

桜アップルパイ  

家族

-家族-

「ただいま~」

今日は、いつもより早く仕事がおわったので、

早く家に帰れた。

「えっ!?総悟?帰ってくるの早くないアルカ?」

こいつは俺の最愛の妻、神楽。

仕事が早くおわったと伝えようとしたとき、

「おかーしゃん、こいつ悪魔でさぁ。
 おかーしゃんと僕の楽しい時間を奪いにきたんでさぁ。」

と気分わるそうに大声でわけのわからないことを言うやつ、

ぴくっ

こいつは俺と神楽の子供。神悟。

神楽のことが大好きで俺を敵対視していることが多い。

「ちがいまさぁ。今日は仕事が早くおわったんでィ。」

と軽くほほ笑みかけ、かんたんに説明した。

軽く神悟をにらんでやった。

「そうアルカ。本当に悪魔かと思ったネ。」

うわ!やばっ!!こんな子供の言葉をうのみにするなんて!

…そんなところもかわいいな~

なんて思っていると、

「ね~。おかあしゃん。」と可愛らしい声で神悟が神楽に話かける、

「ん?どうしたネ、神悟。」

「あのね、おかあしゃん。せっかくおとうしゃんが早く帰ってきてるんだし

みんなでお買い物に行きましょうよ。」

と可愛らしい顔で訴える。神楽はすぐ、「いいヨ」と言った。

これだけで、俺は嫉妬心がたまる。


****************

 -デパート-

ムカムカムカムカ…

たぶん俺は今、ものすごく負のオーラがでていると思う。

そりゃそうだろ、神楽と神悟と俺の3人できたのに

神楽は神悟にばっかかまってるし。

神悟は神悟で俺に見せびらかすようなSな顔をしてるし。

ふぅ。 ため息ばっかりでる…

そんな時、神悟がおいうちをかけるように、「もう、あるけないヨ~。足

つかれた~、おかーしゃんだっこ~」

と甘い声で言ってきた。

神楽もつかれたのか「おとうさんにしてもらって。」

と言った。(ナイス!神楽!!)

神悟も不機嫌そうだが、本当につかれているのか

俺に「だっこして」と言った。

だんだんとねむくなったのか神悟はうとうとしはじめ、

しまいには寝てしまった。

「神悟、ねちゃったネ」と神楽が

小さい声で神悟をみながらほほ笑んだ。

その顔があまりにもきれいだったので俺は、

神楽にやさしいキスをおとした。

神楽は少し顔を赤めたが、ほほ笑んだ。

夕日にむかいながら歩いて行く、

その姿は、だれがみても家族。

2010/04/21 (Wed) 17:56 | REPLY |   

桜アップルパイ  

初小説感想

う~ん。おちがわからん。

字、もしまちがっていたら

すみません。

もっと腕をあげて

また書いてもいいですか?

それでわ。

2010/04/21 (Wed) 17:59 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: 初小説感想

ほのぼのしましたぁぁ 嬉

やっぱ総ちゃんの子供は、ドSじゃなくっちゃね☆

いいですね~☆
私も、家族のほのぼのを書きたいのに、何故かかけない・・泣
私も一緒に、頑張って精進します☆

家族・・いいなぁ・・・!!

2010/04/22 (Thu) 09:57 | REPLY |   

Post a comment