名前を呼ばせて 最終話

「っん・・・」
瞼がゆっくりと開く。見えるのは天井・・そして視線だけをずらせば・・

「神楽!!」
間髪入れずに、沖田の両手は、神楽を抱き締めた
時間はもう深夜を回っている。
あの後、沖田は、すぐに携帯を取り出し、それぞれに連絡を入れた
皆から安堵の声が上がり、お絶えは、電話口の向こうから、嗚咽を出していた

すぐに集まる。抱かかえた神楽と一緒に、すぐにつれて帰った
神楽の周りを囲むように、それぞれが、一時は睡魔と闘っていたが、やはり誘惑には勝てず、疲労も重なり、各二人ずつ、折り合うように眠っていた。
そんな中、皆は沖田の言葉で目を覚ます

「神楽ちゃん!!!」
「心配したッス」
「もう何処にもいっちゃ駄目よ・・」

「ったく、心配かけんじゃねーよ」
「まぁまぁ・・無事見つかったんだ。いいじゃないか」
「山に登るって、やっぱ普通じゃねーわ。お前」

ぐるりと見渡せば、皆疲れきったような、ボロボロの顔、格好。どれだけ心配をかけた?どれだけ探したのだろう?
ごめんなさい・・・自然と出た素直な言葉

女の子は、微笑をもらす
男は、しゃーなぇなと笑う

一番最後に、もう一度沖田の顔に視線を戻す
「ほんっと・・・心配かけやがって・・・」
顔を歪め、手の甲で、優しく頬に触れる手
若干震えているように思えたのは、間違いなんかじゃない

自然と、席をたつ、友達

一瞬、ミツバと目が合う。
柔らかい微笑を神楽にむけ、出て行った

.............



「・・・・・・・総・・「俺は・・・拒絶した訳じゃねぇ・・」

名前を呼ぼうとした瞬間、沖田の声は神楽の声を遮った
その言葉を、黙って神楽は聞くことにする

「俺は、お前と、別れるつもりなんざ、コレから先も絶対ねぇ。今まで、お前を大事に思ってきたんでぇ。オメーは、俺の、一番大切な・・宝物・・みてぇなもんでさぁ。壊れないように、優しく、優しく。ずっと守ってきたんだ。欲に付き動かされて・・衝動に走る様な真似はしたくねぇ・・」

俯きながら、そこまで言い切ると、顔を上げ、真っ直ぐに神楽の方を見た
信じられないような顔。嬉しい、でも少し混乱してるような・・
更に言葉を続ける

「もっと、俺が責任取れるようになったら、卒業して、自分の力で、ちゃんとお前を守る力と、金と出来るようになったら・・・そん時は・・嫌だっつっても、絶対ぇ抱く。まぁ、嫌がられることなんて、ありえネェけどな。お前、俺にベタ惚れだからねィ」

にやっと、口元を吊り上げ笑う
さっきまで感動で胸いっぱいになっていた神楽が、顔を真っ赤にしながら、さっきまで自分が使っていた枕を投げた

「な、それは私の台詞アル!お、お前が私にベタ惚れなんダロ?!」




「あぁ。お前に惚れてる・・骨の髄まで・・てめーしか見えねぇ。だからお前も、胸張って自覚しろィ。一体誰に愛されてると思ってンでさぁ・・」

神楽の瞳は大きく開かれた。油断した。不覚だった。ずるい。馬鹿げた事をいった後に・・こんな台詞・・反則・・・。

「そ、そん・・っ・・」
ハラハラと落ちてくる涙
感動した。彼の言葉に、純粋に、深く感動した
まるで、プロポーズみたい

「その通りでさぁ・・他に何て聞こえるってんだ」
神楽の声は、思っていただけかといたが、声は駄々漏れだった
顔が、くしゃっと崩れるのが分かった
泣かすなんて・・反則・・こんなに嬉しいなんて・・私を泣かす天才・・嬉しいとき、悲しいとき、怒ったとき、どんな時も、自分を泣かすのは、目の前のこの男だけ・・。

頭を引き寄せ、ゆっくり自分の胸に抱き寄せる

自然に神楽の腕も、沖田の背中に回される

「・・・す・・すきアル・・」
「うん・・俺もオメーがすきでさぁ・・」

沖田の胸から出てきた小さな顔。其処に影を作り、重なる。
目を瞑って、感触に身を任せる・・
この人をすきになって・・本当に良かった・・・



心配そうに、部屋の外で様子を伺う友達は、よっしゃと、ガッツポーズをした

・・・・・・・・・・・・・



「荷物・・ちゃんと持ってますかィ」

「あ~大丈夫アル!総悟、これ持ってヨ。重い」

「オメーどんだけ持たすきでさぁ。全然持ってねぇじゃな~か!」

「ベタ惚れなんダロ・私に尽くすヨロシ!」
コイツ・・・黒い笑みを一瞬させるが、その瞳は柔らかく微笑んだ
......


「晋介様~持ってください~」
「ったく・・ほら貸せ・・」
......
「コレ俺が持つから、お前手を離せ」
「まぁ、そんなに持ってしまったら、私は空手になってしまうわ」
......
「お妙さん。俺が全部持ちます!!是非、持たせてください!」
「あら、そう?じゃお願いしましょうか」
......
男を巧みにつかい、ニコニコしながら女は出て行く
何だかんだ言って、殆ど荷物を持つハメに・・
揃いながら民宿の前を通ると、急に神楽が声を出した

「写真!!!旅行で一枚も写真をとってないアル!!大事件アル!」
今更ながら、皆も気付く。これほどまでに、波乱に満ちた旅行。確かに忘れていた

「んな、今更いっても仕方ねぇだろィ」

「嫌アル!絶対嫌アル!。一枚でも撮るネ」
何度言っても、譲らない神楽。はぁとため息を付き。荷物を降ろし、小走りで沖田は駆けて行く

.........


「たくっ。言い出したら聞きゃしねぇ・・。ほら」
満面の笑みで神楽は使い捨てのカメラを受け取る
神楽は、お妙の手を引き、ミツバの手を引く。また子は高杉の手を引く
「ほら、皆早く」
親切そうな、おばさんにカメラを渡す
女の子は、彼氏を引っ張る。近藤はお妙の横でニコニコとしている

ミツバの手は、土方の手をそっと繋ぐ。土方は途端に顔を紅らめる。そんな様子を、ふふっと柔らかく笑う

高杉は、明らかに面倒くさそうにそっぽを向く。そしてその腕に絡まるまた子は、とても幸せそうにピースを作る
写真を取られるのは、不本意らしかった。それでも、腕に絡まるまた子の手を振りほどこうとはしなかった

神楽は、中央に、沖田と立った。目の前のおばさんは、行くよ~~と声をかける
神楽は、満面の笑みで、両手でピースを作った

そんな神楽の顔を見ながら、沖田はイタズラ心に火がついたのは、言うまでも無い。
カメラに向ってピースをしている神楽の口に向って顔が傾く

神楽の顔が照れて赤面するまで、後3秒・・・・・・・・・

「ハイ!行くよ~!チーズ☆」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いかがでしたでしょうか
楽しんでいただけたら幸いです
結構長かったですよね・・
まぁ。いつも長いんですが・・・。かなり波乱に満ちた旅行になりました

神楽と沖田は、ちゃんと、未来で結ばれます

それは想像にお任せ・・・

.........


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あのね、twitterを始めました。右も左も、用語も全く分からない。
でも、皆してる人いたら声かけて
一緒にしよう
フリーエリアにある follow me on Twitter を←クリックしてね☆
Category: ★名前をヨバセテ
Published on: Mon,  19 2010 17:34
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

桜アップルパイ  

声は出ます!

う…わぁ~~~~!!!


ひゃぁ~。すご!! すごすぎて声も

でないくらい……


総悟クン、やばいほどほれてますねぇ。

マジでやばいですヨ~

みんなもほんっとうにやさしいですねぇ~


いやぁ~不意打ちだなぁ~

まいった、まいった…

急に最終回…マジでまいった。


きれいにハッピーエンドだなぁ~

ハッピーエンド主義なのはプロフィールの

ところにかいてあるから知ってたけど…

きっれぃにまとめますねぇ(いや本当に)


もう!!

何なんですかぁ、あのさいごの写真のイラスト!!

本当に考えて小説かいてますね⊹⊹

そーいえばっ!!

プロフィールといえばぁ…

26歳だったんですね~ しかも子持ちとわ…

8歳の子供がいるってことは子供産むのはやかったん

ですね!!!


これから、家事やなんか大変になると

思いますが、ムリせずがんばってください!!

あ~、あなた様は、私の人生に

おける大先輩ですっ


これからもよろしくおねがいします!!


声がでないくらい、とかいっときながら

いっぱいのコメント…

あはははは

ホントこれからもがんばってください。

               -桜アップル-






2010/04/20 (Tue) 00:17 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: 声は出ます!

むはっ☆
又褒め殺し・・・ヾ(>▽<)ゞ。もう天狗になるからやめて~☆

でも、でも、挿絵は本当にいいよね☆
うちも、メッサ感動した!!
・・・・・・・・・・・


短編・・楽しみにしてまさぁ・・
ちっと恥ずかしいじゃねぇかィ・・
喜んで読ませてもらうぜィ・・

沖田

2010/04/20 (Tue) 13:56 | REPLY |   

きょん  

久しぶりに名前をヨバセテ読みました!

みなさん隣のあいつが好きな方が多いようですが、わたしは名前をヨバセテが一番好きです!!
続きをみたいなーとも思います。

あと、私は英語が苦手なので読めないんですけど、タイトルが英語で4話ぐらいのやつは、初期の話に思えます…………のは気のせいでしょうか?
なんだか作風が違うので

2010/10/30 (Sat) 12:51 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

名前を呼ばせて…。
うおぉぉx!はずかしいぜ!

一番すきだなんて、嬉しい。
今は恥ずかしかったりするけど、その時の自分は
これが精一杯がんばった作品だもんね☆
ありがとうです^^

そして、そうそう、初期のです。
折をみて、書き直したいですね~~☆

2010/11/13 (Sat) 17:00 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

きょん  

久しぶりに読み返したらちょこっと変わってましたね!!!


沖田と神楽が早くついちゃって、うららが来て。うららが「昨日眠れた?」って話のあとの会話が、同じこときいちゃうのから、ツンデレ発動に変わってたり!

名前をヨバセテやっぱり大好きです!コピー本、楽しみにしてます♪

2011/02/26 (Sat) 22:12 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

そうなのです。

途中まで直していたのですが、
どうやら、コピー本と、WEB上のストーリーでは、
かなり違ってきちゃいまして(笑)

と、言うか、コピー本、完成しました。

詳しい事は、またTOPに書きたいとは思ってるんです^^

やっぱり、達成感が、ハンパないですね♪
いい勉強にもなりました★

2011/02/28 (Mon) 21:42 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment