隣のあいつ act 6

やっとの事で、わらわらと自分たちを見る視線に気付く。
まだ、知らない人ばかりで、お妙と神楽は顔を、きょとんとさせた。
その人ごみの中から、ひょっこり頭を出した人間を発見した神楽は、思わず口を開いた。

「お、おま!! あ~~~!!」
思わず、人差し指を向けた。
「銀ちゃん、こいつが私の隣に居る、サド野郎アル」
ぶんぶんと神楽は銀時の腕を振る。
「あ~? 沖田君?」

「そうネ! こいつ最低アル!昼間っから、女と……むぅ!」
沖田の手は、神楽の口を塞いだ。
「べらべらと余計な事をしゃべってんのは、この口かィ」


神楽の顔に、自分の顔をくっつけ、ニヤリと笑う。
沖田の掌の中で、口を塞がれたまま、神楽は何か言いたそうにしていて……。

「ったく、とりあえず……避妊はしてくれ。銀さん問題になりたくないからね」
そう言うと、神楽と、沖田を放置し、すたすたと校舎の中に入っていった。
神楽は、やっとの事で沖田の手から逃れ、沖田に噛み付きそうな視線を送り、銀ちゃ~んと又銀八の元に走っていき、その背中にダイブした。グエ!! と銀八は声を漏らしが、そのまま腕を絡ませ神楽は甘えながら歩いていく。
そんな様子を、沖田は、面白くないような視線で見ていた。

それが、何に当てはまるのか、ほんの少し感じた感情。その感情を、特に考える事もせず、そこを後にする。

残された、土方と、近藤はと言えば、目の前に居る美人= お妙に、すっかり骨抜きにされている。
土方は、ひこずる様に、近藤を連れて行った。


残されたお妙は、やれやれと息を吐き、神楽の後を追った。






昼食、神楽は心を躍らせながら、お妙とカフェテリアに行った。
入った瞬間、神楽の目はコレでもかと輝いた。色とりどりの料理はと言えば、何種類かにジャンルも分かれていて
思わず室内を見渡した。
ててて
大きな窓からは、光が差し込み、天井は高い。広く、席もゆったりと座れている。それぞれ個性の持った人間が、楽しそうに、自分の食事を食べている。思わず笑みが広がるのは、何も神楽だけではなかった。

隣を向くと、同じようにお妙も、感動しているようだった。

二人は、中に入り、まずは席をと探していると、隣のあいつが見えた。その他に、役3名。一人は、総悟ぉぉ!! と怒鳴る、一人はそれを制す。そして、そんな3人をやれやれと見る男。思わずウゲっと声にだし、他の席を探す。なぜなら、隣のあいつが居る席には、既に女が群がっていたから。

お妙と席を探していると、後ろから近藤の声が聞こえた。

「お妙さん!!!!」
振り向くと、そこには満面の笑みで近藤がいた。お妙と、神楽は同じ様に顔が引きつる。他の席を一刻も早く、とも思うが、近藤に一緒に食べましょうと言われ、席に連れてこられてしまった。
向けられたのは、女の視線。席を囲む女の視線に、お妙と神楽は顔が引きつってしまう。

でも、あくまで視線は、あいつには向けない。何となく……。視線を泳がしてると、銀八がカフェテリアに入って来る所が見えた。

「銀ちゃん!!」
神楽は、其処の皆を無視するように、銀八の元へと行く。これは好都合だと、お妙もそれに便乗した。
目の前の定職を、黙々と沖田は食べる。女に話しかれられても、適当に相づちを打つのみ。
視線は、銀八の元に居る、神楽の元へと向けられた。
神楽と、お妙は、銀八の元で、奢って~~と纏わり付いている。さっきまでこの席に居た表情と、うってかわり、そのほほ笑みは、全て銀八に注げられた。

沖田の胸に、チクリと何かが刺さった。

・・・・To Be Continued・・・・・


Category: ★隣のあいつ
Published on: Sun,  25 2010 08:53
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

桜アップルパイ  

興奮!!

うわ~、うわ~、うわ~

うわ~、もう「うわ~」しかでてきません!!

すんごい、本当に、マジですっごいです!!

感動…というか、興奮です!

あ~、マジで続き気になるぅ~~

う~、ホントにこれからも

がんばってください!!(むりをせず!!)

2010/04/25 (Sun) 09:41 | REPLY |   

ツンデレ  

ふふ☆
実は私もまだ先がわかってなかったりする☆
いまの内に、20000打記念の小説を・・と思ってて、そっちの方書くのが面白くて・・妊娠ネタ・・楽しい☆

2010/04/25 (Sun) 18:10 | REPLY |   

Post a comment