隣のあいつ act 7

「あ~! やっぱり一人暮らしは最高アル!」

ダンボールが山積みだった部屋は、少しずつだが、確実に片付けられていき、今では立派な部屋へと変わっていた。
絨毯の上に寝転がり、う~んと背伸びをする。
キチンと片付いた部屋。心身ともにリラックスをしていた。

台の上のココアと取って、すする。ちょっと熱かったらしく、すぐに又台の上に戻された。

そんなとき、着信音が鳴った。
神楽はあからさまに嫌な顔をした。
「また、あいつアル!!もぅ~しつこいネ」
沖田専用着信音、間違って出ないようにとの防止策だった。
「何考えてるネ、あいつ。私は遊びになんて付き合ってられないアル!」

そう言うと、携帯電話をクッションの下に置き、音を塞いだ。
しばらく鳴りつづけていたが、やがてピタっと止まった。

やれやれと神楽は、ふぅと一息ついた。
沖田は、しょっちゅうと言っていいほど、電話をかけてきていた。
初めの方は、神楽も携帯を取っていたが、取った所で、特に用事があるわけでもなく、一体何のためにかけてきてるんだと思うようになって、取るのを止めたのだった。
それでも、やっぱりかかってくる。
そ知らぬふりを決め込み、テレビをつけようとした瞬間、隣の部屋から、ガチャリと音がした。

……何となく嫌な予感がする。そしてそれは、チャイムの音とともに、的中したのだった。






ガチャリ……。

「――――何アルか?」
うっとうしそうな面で出迎える。
もちろん戸口には。

「何でお前が不機嫌な顔をしてるアル。したいのは、私の方ヨ」

「何で電話をとらねぇんでィ」
あからさまに不機嫌な沖田を目の前に、肩を落とす神楽であって。

「何を話す必要がアルネ? さっぱり分からない――――って、ちょっ……」
神楽の言葉を無視し、沖田は部屋へと入っていく。
その後を、慌てて神楽は追いかけた。

「なん、お前出てけヨ! 女の子の部屋には入っちゃいけないアル!」
「ここの部屋に入ったのって、俺だけ?」
沖田は、クルリと向き直り、神楽と向かい合わせになった。神楽は沖田の質問に答えるが。

「銀ちゃん」
また、銀ちゃん。
沖田は不機嫌な面を更に大きくさせた後、何をするわけでもなく、ソファに寝転がった。

「おま! いい加減にするアル!」
もくもくと湯気を沸かし、怒る神楽を物ともせず、くつろぐ沖田は、

「そのココア、俺にも作ってくだせぇ」
そういって指を刺した、その先にあるのは、神楽が飲んでいたココア。

いいかげんにしろと怒鳴る神楽だったが、あまりにもひょうひょうとする沖田に脱力し、怒る気も失せ、ココアの準備をし始めた。
その後姿を、沖田は自分でも分からなかったが、ある類の視線を向けていた。
カチャカチャと食器の準備をする。
そして、ホラと持ってこられたココア。
優しく微笑みながら笑う沖田に、思わず神楽はドキリとする。

それ飲んだら、すぐに帰ってとの言葉に、ヘイヘイと沖田は答えた。

先程まで、寛いでいた自分の部屋だが、どうにも緊張が走る。
それもコレも、この男の所為だと睨む。先ほどまでの微笑みは消え、睨む神楽に向けられたサド笑いに、ベーと舌をだし、自分の世界に入ろうと、テレビを付けた。

何も言葉がない空間。話す訳でもなくて。
一体、この男は何を考えてるのだろう……。テレビなんて、そっちのけで、どうしても意識が言ってしまう。
同じ男なのに、銀ちゃんの時とは違って、何か変な気持ちになる、なんて考えてた。


「っつ!!」
声に驚き、自分の考えをシャットダウンさせ、沖田の方を振り向くと、ココアが手にかかっていた。
ポタポタと、手から滴るココア。あつすぎたかと神楽は焦った。
口も手で覆うところを見ると、舌も火傷したらしかった。
あわてた、神楽は水を汲み渡した。

赤くなる手。何度も火傷はしたことはあるが、あれはじくじくと痛む、大嫌いな痛みの一つだった。
大丈夫かと、不安そうに、沖田の顔を覗き込んだ。

その目にやられた。
自然に、神楽の腰に手は回っていた。
「え? 何? っんぅ……」

一回り広げられた大きな瞳
沖田の火傷した口内が、ダイレクトに神楽へと伝わってくる。
今しがた火傷をしたばかりの舌が、くにゅと神楽の舌に纏わり付いた。
「っんぅ~~ん~」
離せと、肩を押すが、その両手は掴まれた。
ビクともしない。暴れた所為で、テレビのリモコンを踏んでしまった。
テレビの音量がどんどん下がる。静かになった神楽の部屋で、神楽の舌を貪る、くちゅくちゅと言う音と、初めてのキスにどうしたらいいか分からない神楽の甘い吐息だけが響いていた。

・・・・To Be Continued・・・・・


Category: ★隣のあいつ
Published on: Mon,  26 2010 18:30
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

桜アップルパイ  

脱水症状がでるかも!

ひゃ~~

急展開!!

うわ~、神楽や総悟の行動、言い方、表現の仕方

なんかが目に(頭に)浮かんできます!!

いやぁ~今、顔がヤバイな私!

にやけてるっていうか、なんていうか…

ホントに「ひゃ~」っていう感じ☆

あ~、顔があつい!!水飲まないと脱水症状

で死ぬかも!!っていうぐらい

ヤバイな、うん。

これからは水飲みながら見よう(読もう)


というほど、あなたサマの小説が

大好きです☆

これからもがんばってくださいね!!

                  ☆桜アップル☆

2010/04/27 (Tue) 17:01 | REPLY |   

ツンデレ  

ありがとうございます☆
ふふ!何か、当初考えてた話とちとずれたんですが、これはこれでアリかと思いまして☆

萌えてもらえて良かったぁぁ!

2010/04/27 (Tue) 18:35 | REPLY |   

Post a comment