隣のあいつ act 13

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 「ホラ、早くしなせえ」
「嫌アル~~!!」

沖田の玄関先、二人は……暴れていた。

「よくよく考えてみたら、お前の方がずっと危険アル」
「な~にいってんでィ。ベランダに居た男が又、来たらどうすんでさァ」
「天秤かけても、危険度はお前の方が高いアル。きっと私、妊娠させられるネ」
「オメー妊娠する前に、する行為っつーもんを知ってんのかよ」
「分からないけど、ドラマで聞いた事あるもの」

玄関先で、神楽は中に入るまいと足を踏ん張っていた。沖田はそんな神楽を押す。
力で沖田には敵わない。が、それでも頑張って踏ん張る。
しかし、勝敗は当然、沖田にあった。

ひょいと神楽を持ち上げる。考えれば分かるが、地面に足が付いていなければ、踏ん張る事も出来ない。
「ダァ~!! ヤメロ~!!」
足をバタバタとするが、構わず沖田は、神楽を部屋に連れ込んだ。

「ビービーといつまでも、煩せぇ奴。大人しくしやがれ」
したに下ろすと、また玄関に猛ダッシュすると分かっているため、沖田は、神楽を担いだまま下ろさない。
「静かにしねえと、尻、引っ叩くぜ」

沖田の言葉に神楽は、かぁっと貌を赤らめた。
「わ、分かったアル!! だから早く下ろすアル」
やっと大人しくなった神楽を、床にと下ろした。

沖田の部屋に来ると、一番最初に来た時の事を思い出す。
思わず、ダブルベットに視線が行ってしまう。

(こいつと二人きりなんて、危険過ぎるアル……)
何故か顔が赤くなったりする自分。動機はするし、触られると、そこの部分が熱くなる。
近づきたくなかった。今更、なんで合図したんだろうと、考えていた

そのまま突っ立ているのもと思い、ソファに座った。
沖田はと言うと、リビングでかちゃかちゃと音を鳴らしている。
床に、目を走らせる。大学の課題が台の上にある。それは、散らばっていた。
よくみると、台の上のモノが床にも散らばっている。
もしかして、自分の合図を聞いた沖田が、急いで来たために散らばったのではないかと考えた。

うぅ~~と感謝したい気持ちと、こんな奴……との気持ちがグルグルと回った。
「ホラ」

神楽の手元に差し出されたのは、あのカップ。沖田が自分の部屋から持って行ったカップだった。
その中には、ココア。程好い温度の。
ゆらゆらとココアに映し出される自分。カップ……ココア。

沖田の危険な空間で、思い出してはいけないモノを思い出したような気持ちに捕われ、ただただ体が固くなっていった神楽だった。

・・・・To Be Continued・・・・・


Category: ★隣のあいつ
Published on: Mon,  03 2010 05:34
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment