隣のあいつ act 14

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 熱いココアが、体にしみる。
でも、この狭い空間の中、二人きりなのを意識してしまっている神楽は、わざとらしく口を開いた。
「お前がココアを飲むなんて、意外アル」


「あぁ、お前好きなんだろィ」

何? 私が好きだから、わざわざココアを買ったって事? 何で? 何のために?
思わず聞きそうになったが、会話をしなければならないので、そのままにした。

しばらくの沈黙の後、神楽は思いついた様に再び口を開いた。

「携帯かしてヨ!」
銀八に迎えに来てもらえばいい、そう思った神楽は、沖田の前に掌を差し出した。
すると沖田は、分かりやすく顔を不機嫌にさせた。

「自分の携帯は? つーか何で?」
不機嫌なオーラをMAXまで上らせたような表情に、一瞬だけ神楽は
「銀ちゃんに、迎えに「嫌でさぁ」

神楽の言葉を途中に、拒否をされる。
「なん! 後で電話代なら、ちゃんと払うアル!」
「ンナもん要らねぇ」
じゃあ何でと、神楽はムキになって突っかかり出した。
貸せ貸せ貸せと、ただひたすら言い続ける。

「んん~~!」
沖田は、掌で神楽の口を塞いだ。
「それ以上言いやがったら、今度は口でふさぎやすぜ」
ニヤリと口元をあげる。ピタと神楽は静かになった。沖田の静かにするかとの問いに、コクンコクンと頷いた

それを確認した沖田は、床に散らばっていた物を、机の上に拾い上げ、課題を再開させる。
神楽は、先程、担がれた所為でボサボサになった髪を、ソファの上で座り、手でとかす。
沖田が、気を利かせてくれて、テレビをつけてくれたけれど、そんな声なんて入ってこない。自分のすぐ近くでートをめくる音、シャープペンの音、書く音。
耳に付く。同じ空間にいると言うだけ。なのに、体から火が出そうだ。

一気に喉がかわいた、何度も何度もココアでのどを潤わした。
それでも、またすぐ乾いてしまう。どうにかして欲しい。そう叫びたい気分だった。
こんなんなら、いっそ自分の部屋に帰ったほうが、ずっと気が楽なんじゃないのか?
本気でそう思った。

時間はもうすぐ11時。早く寝たい、お風呂に入りたい。
この部屋から出たい……。なぜだか分からないけれど、心臓がどんどんと加速していく。そう切実に思った。







・・・・To Be Continued・・・・・


Category: ★隣のあいつ
Published on: Tue,  04 2010 06:00
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

1 Comments

桜アップルパイ  

大丈夫・大丈夫☆私がついてる、大丈夫(俳句??

総悟クンがお前ココア好きなんだろィ

って言った後の神楽たんの心の声おもしろかった☆

総悟クンこれマジ惚れしてますね☆

神楽たんも、もう火傷したときすでに

総悟クンに惚れてるんじゃないですか?

銀八に嫉妬…あ~顔にやける///

マジ惚れだ、マジ惚れ!!

マジ惚れ決定☆

ホント青春ダナ、青春!!

2人とも!!ファイト☆

桜アップルが全力で応援するから!!

大丈夫☆(何を根拠に…

とにかく素直に!!ファイト☆


ツンデレさん!!2人よりも応援してます☆←

2010/05/04 (Tue) 18:14 | REPLY |   

Post a comment