隣のあいつ act 15

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 「やっぱり、私、帰るアル」
ソファから立ち上がる神楽に、沖田の引き止める声が挟んだ。

「は? 居ろっていってんでィ」


だって、何か。変だよこんなの。普通じゃない気がする。
こんな台詞のやり取り。ただのお隣同士の自分たちには似合わない。
恋人でもないのに。
そこまで考えて、ふと神楽は考えた。何でそんな単語が出てきたのだ? と

そんな思いをかき消すように、口にする。

「お風呂! お風呂に入りたいアル。バイトで疲れたし、もう眠たいんダヨ!!」

そう言った神楽に、頭を疑うような台詞が聞こえてきた。

「泊まりゃいいじゃねえか」
沖田の台詞に唖然となる。
「あ、頭おかしいアル。なんで私がお前のトコに泊まるネ? 自分ちに帰るアル」
「だったら、帰らせねえ」
言うと、再度、神楽の腕を掴んだ。

「何でお前の所に泊まるアル!」
「心配だからでィ」

神楽の言葉が終わるか終わらないかで出てきた、沖田の言葉。思わず視線を伏せた。前を向けれない。
だってきっと顔は真っ赤。

「服……取りにいきやすぜ」
「えっ!!」 
沖田は、玄関で靴を履き、神楽を連れ出し、隣の部屋へと足を踏み入れる。
早く着替えを、取りにいけとの声に、
なんで? 何処でどうなったらこんな展開になるの? 絶対おかしい。ドラマじゃあるまいし。こんな展開変ヨ。
ちらりと沖田の方に視線をやってみると、玄関のトコに、背をつけ、腕を組み、自分を待つ姿。

(いまいましい……、何で無駄に格好いいアルカ?)
思わずため息を付いた。そして、自分が思った感情への驚きをそのまま口にと出していた。

「ええ~~~~~!!!!」
叫び声、思わず、駆けつけた神楽の元。
顔を真っ赤にして、両手で口を塞ぎ、ブンブンと首を振る女。とりあえず危険とは、皆無らしい。一人で何悶えてんだと、再び玄関に戻った。

(うわぁぁぁぁぁ!! 何? 何を思った? い、今カッコイイって、すらっと出てきたアル)
無意識に出てきた言葉、意識している自分に気付き、そこで悶えた。

数分後、早くしろとの沖田の罵声に正気を取り戻し、急いで準備をし、隣の危険地帯へと再び足を踏み入れた神楽が居た。

・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★隣のあいつ
Published on: Wed,  05 2010 18:00
  • Comment: 5
  • Trackback: 0

5 Comments

桜アップルパイ  

はあ~、すっごく良い作品です☆

むっちゃ、ため息がでるほどに!!

このぅっ!!神楽め!総悟クンに惚れられてるということに

いい加減気付きなせィ!!!(自分が惚れてるってことにも!)

総悟クンの口から、心配…という言葉が!

土方がいたらつっこんでるナ!(いや、でも、つっこんでくるんじゃなくて

驚いて、顔が「にやっ」てなってる感じかもwww)

いやん!!←(キモっ

も~、顔をおおい隠したいわ!!

どんだけ素晴らしいものをかいてらっしゃるの!おねぇ様!!

も~、ホントに素晴らしすぎて!尊敬以上ヨ!!


変な人ですね…でも、でも本音でっす☆



これからも楽しみにしてまっすル←(古っ

2010/05/05 (Wed) 18:49 | REPLY |   

ツンデレ  

うちもこの話かいてて楽しかった☆

中々萌え~~やったやろ??

書いててうちも一緒に萌えた ← エー!!

2010/05/05 (Wed) 19:41 | REPLY |   

桜アップルパイ  

すんばらしいいい~

うん、うん☆

萌えた、萌えたぁ♪

2010/05/05 (Wed) 20:06 | REPLY |   

カズエ  

神楽チャン、、

たしかにいまカッコイイって言ったよ。
私聞いちゃったもんネー(^w^)笑

2010/05/07 (Fri) 01:36 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: 神楽チャン、、

ね!!言った言った!!

ポロリと本音がでちゃったぁぁ!!

ここら辺から、ちょっと変化があるのかなぁぁっと☆

2010/05/07 (Fri) 10:55 | REPLY |   

Post a comment