隣のあいつ act 12

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓
ドアを開ける音がする。
いつもなら、ここら辺で何か声がするはずだと、沖田は不振に思った。
昼間の事を、気にしているのか? でも、それならいちいち、破壊音を立てる必要が無いのではないか。
そろりと、部屋の中に入る。視界に桃色の髪の毛が入った。
座っているようだ。自分が部屋の中に入ってきているというのに、この反応の無さ。

首をかしげながら、神楽を覗き込んだ。

神楽の視界の中に沖田の顔が入る。
何も言葉を発しない。その代わりにゆっくりと手が伸び、沖田のTシャツを弱弱しく握った。
その手は、小刻みに震えている。

「どう……かしたのか?」
沖田も神楽の隣に腰を下ろす。
手に握られている紙。それをゆっくりと取ろうとした。

「な、何でもないアル!!」
正気をを取り戻した神楽。自分の目の前で、くしゃくしゃにする。
どう見ても様子がおかしい。

「何でも無いって、面じゃねぇだろうが」
くしゃくしゃの紙を神楽から取り上げようとする。
「何でも無いって……」
手を頭上にやって、沖田から遠ざけようとするが、失敗に終わる。
簡単に取り上げられる紙。

「な!!」
沖田の、顔色が変わった。
神楽は、沖田から視線を反らした。

「おま、何だコレ?! いつから?!」
顔色が変わった状態で、神楽に詰め寄る。いつもの表情とは違う。にやにやとする表情。意地悪な表情。イタズラな表情。とどのつまり、似たような表現ではあるが、つまりは神楽を不快にする様な表情ばかりなはずなのに……。

だが、目の前の沖田は、余裕なんて無い。少しイラついた様な、怒ったような、そんな顔だった。

「い、痛っ。私だって、分からないヨ」
相変わらず視線は伏せたまま。

「だから呼んだのか?!」
先程の破壊音。恐くなって呼んだのかと、神楽の顔に視線を巡らせる。
「ち、ちが……ベランダに」

言い終わるが早く、沖田はベランダに足を向ける。
勢いよくベランダの戸を開け、辺りの周辺を何度も見たけれど、
だが、もう誰も居ない。部屋の中に居る神楽に目を向けると、俯いたままだった。
急ぎ足で、神楽の元に行き、ぐいっと手を引く


「とりあえず俺んちに来い」

へっ? と見上げる神楽を他所に、無理やり手を引っ張った。
カフェテリアで、火傷した時に、引っ張られたように。
自分の周りに、又、ふわりと沖田の香が纏うのが分かり、何とも言い知れぬ気分に、襲われた。

・・・・To Be Continued・・・・・


Category: ★隣のあいつ
Published on: Sun,  02 2010 06:35
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

桜アップルパイ  

ふぁ~?ふぉ~?きっとふぉ~だな、うん。

ふぉ~☆総悟くんカッケー!!///

てゆーか、もうこれ、完璧惚れてんじゃないんですか~

余裕のない顔か~

あ~、ホントに神楽たん、うらやまし~

展開が~

続きむっちゃ気になるぅ~☆


 これからもがんばってくださいね♪

2010/05/02 (Sun) 22:53 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: ふぁ~?ふぉ~?きっとふぉ~だな、うん。

総悟は、神楽にだけ、神楽だけを大切にしてるって所が伝わってよかったぁぁ!

2010/05/03 (Mon) 06:42 | REPLY |   

Post a comment