隣のあいつ act 16







読者の皆様、いつもありがとうございます
こちらから、そうぞご覧ください
 ↓↓↓
「絶対に入るなヨ! 絶対絶対覗くな。分かったアルカ?!」
脱衣所で、延々と先程から言い続ける神楽。痺れをきらした沖田は……キれた。


「分かったから早く入りやがれ! 何回も、何回もうるせぇ!」
沖田の言葉を聞くと、もくもくと怒りを増大させ、バタンと扉を閉めてしまった。

(さっき格好いいって思ったのは、アレは嘘アル。断じて嘘アル! あんな最低で性格の悪い男を格好いいと思ってた自分に腹が立つアル~~!!)

閉めた扉にもたれかかって、しばらく怒っていたが、とりあえずお風呂にはいろうと服を脱いだ。
(ありえないネ。なんで私、ここでお風呂入ってるのヨ)

暖かい湯船に浸かりながら、神楽は思う。同じマンション。同じお風呂なのに、ここは自分のお風呂と全然違う空間……。お風呂全体が、あいつの匂いでいっぱい。
鼻から吸い込む香が、心地イイ、なんて思って、その後すぐに、ぶんぶんと頭をふった。
自分のお風呂とは、全然違う匂い。
リラックスしてる自分がいた。

時間を忘れて、いつもの様に、バスタイムを楽しむ。
大好きなこの時間。

あいつと一緒のシャンプーに、ボディソープ。
なんだろう……包まれてる感じがする。
この部屋のお風呂も悪くない、なんて思ってた。

機嫌は元に戻り、むしろ上機嫌にへと変化しつつあった。
あとは、湯冷めしないように、冷たい足湯を、そう思った時だった。




「オメーよ、いくら何でもながすぎだろィ」
浴室を隔てた、脱衣所に、沖田がたっていた。時間にすれば一時間、ず~とお風呂に入っていた自分。

平然と顔を保っていたが、わけも分からず、ドクドクと胸をうつ感情。
何処で寝かせるか、なんて、色々考えていた沖田だったけれど、一向に神楽は出てこない。
何やってるんだと、声をかけたのであった。

「!!!……うっきゃ~~~!! 熱!熱い~」
浴室の中で、熱いともだえる神楽。沖田の声に、あまりにもビックリしてしまい、冷水へと温度を変えるつもりが、間違って熱湯へと変えてしまったのだった。

その声に驚いて、思わずドアを開けてしまった沖田。
もうもうと熱気の中で、浮かぶ神楽。

「キャーーーー!!」
パニックもいいところ。思わず神楽は、熱湯のシャワーを沖田に浴びせ続けた

「あっちィィィィ!! バカ! おま! 早く止めやがれェェ!!」


深夜のマンション。
二人の声は高らかに響いたのだった。


・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★隣のあいつ
Published on: Thu,  06 2010 06:00
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

桜アップルパイ  

ふにゃらぁ~

んもうっ!!素敵な展開ですネ☆顔がにやにやしてますぅぅぅう!!!!

はぁはぁ、もうホントに!!素晴らしすぎですぅ☆

総悟クンは、神楽が少しでも声をあげるとすっとんでくるんですネ☆

ひゃ~☆神楽たん、思われてますね~

続きが気になるぅ~!!次回も楽しみにしてまっす♪

2010/05/06 (Thu) 18:53 | REPLY |   

ツンデレ  

うん。シャワー熱かっただろうな ww

お風呂は定番っちゃあ定番☆
うまくアレンジできたか不安だったぁぁ☆

2010/05/06 (Thu) 20:49 | REPLY |   

カズエ  

うん。

騒がしい二人、、ん~~かなりお似合いです
神楽可愛すぎる~

2010/05/07 (Fri) 01:38 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: うん。

これ書いてて、ものっそい楽しかったです!!
お風呂入って、他人のお風呂なのに、リラックスできて・・
その人のシャンプーとか、ボディソープとかって
それぞれ違うじゃない?
それを、リアルに書いて見ました!

多分、コレ経験してる女の子、いっぱいいる気がする!!

2010/05/07 (Fri) 10:57 | REPLY |   

Post a comment