隣のあいつ act 22

「どうして付き合いたいって言わないの?」



昼食、神楽の前には、スパゲティ、サラダ、パン(4種類)などが並べられていた。
カフェテリアの中で、お妙と談笑する。その会話の中で、夕べから今朝にかけての、事のあらすじを話した。始めお妙は飲んでいたお茶を、思わず噴出した。

げほげほと咳き込み、背中を神楽がさすった。

「なん……本当なの?」

少し恥ずかしそうに、神楽はコクンと頷いた。
だったら話は早い。なぜ二人とも付き合わないのかと聞かれたのだった。
確かに。ただ、向こうから言わないので、なんとなく自分もいいずらかった面、それとは別で一番気になっている事があって。

自分もそうだが、彼から、好きだと言う言葉が出てきていない。
可愛い……そういわれただけだった。キスされただけ。腕に抱かれて眠っただけ。
沖田なら、それくらいの事、自分じゃなくても、有り余るほどして来たに違いない。

自分と他の女の子とは、違っていたい。そう思いたいが、肝心な言葉が出てこなかった。
正直恐かった。何期待してるの? って言われるのが。

とっくに気づいてる自分の気持ち。いっそ言ってしまおうか。
嫌われては居ないはずだ。嫌われてたら、あんなキス。あんな表情。そんな事を考えている神楽にお妙は口を開く。

「告白してみたら? きっと上手くいくわよ!」
頑張ってと、お妙はガッツポーズをした。
うん、頑張ってみようかな……。

テーブルの上の食べ物を、簡単に胃の中に平らげ、平然と立つ。
「頑張ってみるアル!」
神楽はお妙に、にっこりと笑顔で話す。

「そうよ!頑張って!!」

勝算は100%あるとふんでいる、お妙。
嫉妬丸出し。独占欲むき出し。あれを好きじゃないと言い張るなら何だというのだろう。
柔らかく微笑んで、神楽を見送った。



・・・・To Be Continued・・・・・







Category: ★隣のあいつ
Published on: Fri,  14 2010 06:00
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

カズエ  

お妙ちゃんと

同じくっ
うちも二人の隣に座りたい(^w^)笑

2010/05/16 (Sun) 00:10 | REPLY |   

ツンデレ  

Re: お妙ちゃんと

確かにぃぃ☆
二人の隣にすわって一緒に恋花を
さかせたいi-175

2010/05/16 (Sun) 15:34 | REPLY |   

Post a comment