隣のあいつ act 25

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓ 分かってたもん、別に隠してるわけでもないし。
ましてや、浮気でもない。
一番初めに会った時から、知ってた。知ってて惹かれた。
知ってたから、危険って自分で近づかないようにした。

知ってて、スキになったんだ。

キッチンの前で、立ち尽くす、後ろの方では、パラパラと本をめくる音が聞こえてて。
そんなの、とっくに読み終わってるなんて気付いてる。

一人で居たくなかった。
誰かにいて欲しかった。泣いちゃいそうで……泣きたくなくて……。
ご飯一緒に食べようって、銀ちゃん呼んだ。

ぐつぐつと、おなべは沸いてる。

「ぐら―――かぐら―――!!」

八ッとなった。考え事をしてて、ついぼーと突っ立ってる自分にきづいた。
ごめんと、苦笑いしながら、切り終えた材料を、とくに考えもしずに、鍋に入れた。
大小の野菜。鍋にはぐらぐらの熱湯、自分はトコトン熱湯に縁があると神楽は思った。

当然の如く、それが神楽にバシャリと飛び散った。


「熱っ!! あっつっいアル!!」

「ばっ!! 早く冷やせ」
ソファから飛び起きる銀八、冷水を勢いよく出し、神楽の手を浴びせ続ける。

不意にフラッシュバックした頭の中の映像に、神楽の思いはこぼれた。

「っ……ふぇ、ぎ、銀ちゃんじゃドキドキしないァルぅぅぅぅ!!! ふぇぇぇぇ」
冷水に固定された右手。
左手で、一生懸命に声を隠す。
それでも、途切れ途切れに、こぼれる声。
「あのなぁ、お前にドキドキされたら、銀さん倒れちまわァ」

呆れたように、神楽の頭を、よしよしと撫でる。

こんなにドキドキするのは、アイツだけ。
あんな事聞いたのに、嫌で仕方ないのに、辛くて、悲しくてたまらないのに、
こんなにも会いたいと思う自分がいる。
会いたくて、会いたくてたまらない自分がいる。

こんなにも、いつ好きになったんだろう?
だから嫌だったのに。だから離れようとしたのに。惹かれるって、離れられなくなるのが分かってたから、逃げようとした。

でも、もう遅い。
気付いたこの気持ち、苦しくて、切なくて、
それでもこんなに……恋しい。

堰をきった涙は、とめどなく溢れる。

すっかり自分の中に入ってた自分、だからこそ、気付かなかった。






「―――何してんでィ?」

自分が鍵を閉め忘れたこと、
もぅすぐ帰ってくると言う事、自分が火傷してたという事。

銀ちゃんが、丁度私に覆いかぶさってる体制になってること

あいつの姿と声、一気に涙が止まった

・・・・To Be Continued・・・・・





Category: ★隣のあいつ
Published on: Mon,  17 2010 06:19
  • Comment: 5
  • Trackback: 0

5 Comments

桜アップルパイ  

この2人くっつくまで時間かかるな~♡

きゃぁ~!!!!!いい♡いい♡すっごい良い~☆
気になる!!続きむっちゃ気になる!!!!
総悟くんの反応がぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!!!
銀ちゃんは沖神の話では、かかせない人物ですナ~
むっちゃくちゃ続きを楽しみにしてる桜アップルデシタ☆

2010/05/17 (Mon) 08:11 | REPLY |   

ツンデレと申します☆  

Re: この2人くっつくまで時間かかるな~♡

ついにキターー☆
総ちゃん乱入ぅぅぅ☆

こっからどういう展開にしようかぁぁ
メッサ考えるぅぅ☆

2010/05/17 (Mon) 13:42 | REPLY |   

Ayako  

うおっ!!

総悟ーー!!一体どんな修羅場をみせてくれるのー??
おいしいです☆こういう展開・・(^ω^)
結構好きです笑←腹黒!?

にしても沖神銀はお約束ですよね☆(間にどんな矢印が入るにせよ)
続き楽しみにしてます^^

2010/05/17 (Mon) 19:29 | REPLY |   

ツンデレと申します☆  

Re: タイトルなし

そぅそぅ修羅場ぁぁぁ☆☆

あたしも好きィィ!!

もぅいっそ、第一話から修羅場持って←いや、それは無理・・i-229
とりあえず、続き楽しみにしてくださいぃぃi-178

2010/05/18 (Tue) 13:37 | REPLY |   

カズエ  

わわわわわわ(°□°;)

違うよ誤解なのっっ
どうなるーっっ(>_<)

2010/05/21 (Fri) 22:24 | REPLY |   

Post a comment