隣のあいつ act 26

どうしよう……。
どうしよう……。

こんな時なのに、こいつに会えて、嬉しいと思ってる自分が居る。

会いたくないって、逃げたのに、ショックでたまらなかったのに
目の前にあいつの姿見たら、こんなにも嬉しいなんて。

止まった涙が、視界を、また潤ませた。
ぐにゃりと歪んでいく。たまらず、床にへたり込んだ。

「・・・っ・・ふぇ・・ヒック・・」

銀ちゃんといるトコ見られたとか、鍵を掛け忘れたとか、こんな誤解されそうなシチュエーションとか、
そんなの、ぜんぶ、どうでも良くて、なんでもいいから会いたい、触れたい、
好き……気持ちが込み上げて、言葉にならなかった。





「か、かぐ……」

声を出したのは、銀八の方。自分の腕からするりと、崩れ落ちた神楽に、思わず手をかけようと伸ばした。

しかし、その手を沖田は無言で掴んだ。
下の神楽に向けられていた視線。それを沖田の方にあげる。
自分を見る目、嫉妬、独占欲。睨み付ける様にその視線を銀八へと送る。
持たれた手は、段々と力がこめられる。
無表情、二人は、何も表情に出ていない。

下で、嗚咽を出している神楽を他所に、頭上で、起っている模様。
銀八は、ぐぐぐと、神楽の頭に、自分の手を近づけようとする
そして、それを、沖田はミシミシと音をたて、阻む。


「こいつに触ンな」
低い、沖田の声


「誰の所為で泣いてると思ってんだよ」
その目は、学校で見せる、いつもの目をした銀八では無かった。
表情には、表す事は無かったが、一瞬沖田の動きが止まった。
ソコまでで、再び静止した二人。

ぎゅ――――っ

不意に、引っ張られた感覚に、沖田は下に視線をおいた。
そこには、沖田のズボンの裾を、ちょっとだけ掴む神楽がいて……。

涙いっぱい溜めて、頬濡らして、それでもこいつの事好きだから、もっと顔見せて、もっと触れさせて……。
そんな思いが形になった。上を見上げて、こいつの顔を見る。
すき……すき……。

神楽が手を、抱き締めてと、沖田の方に出す。
それと同時に、沖田は、神楽を抱かかえた。


・・・・To Be Continued・・・・・




Category: ★隣のあいつ
Published on: Tue,  18 2010 18:36
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

3 Comments

桜アップルパイ  

ふんふん、って感じで読んでましたぁ~^^

ほ~…納得?って感じィ~!!!!
いいよ~、むっちゃいいよ~☆

可愛い♡かわい~よ神楽たん♪
その、ひとつひとつのしぐさがかぁいい☆
かぁいいよ~♪

総悟クンがどれだけ神楽たんの事を好きなのかは、
だいたい銀ちゃんを通してわかるよね♪

続き楽しみにしてます♡

2010/05/18 (Tue) 19:19 | REPLY |   

ツンデレ  

神楽の気持ちの最高潮ってトコかなぁ☆

そごたんは、もっとド修羅場も、考えたんだけど
コレからも、沢山小説かくから
今回は、無言の戦いにして見ました☆

2010/05/18 (Tue) 19:32 | REPLY |   

カズエ  

おお(≧∇≦)

銀八かっけーっ
二人が心配だからこその表情ですね(>_<)

神楽可愛すぎてキュン死にしそです\(^^)/笑

2010/05/21 (Fri) 22:32 | REPLY |   

Post a comment