隣のあいつ act 31


「ちょっと待つアル!」

右手には、スプーン。後一息で口の中にと消えて行こうとしていたビーフシチューは、神楽の一言で止まった。
口を開けたまま、顔をしかめたのは、神楽の目の前、テーブルを挟んで座っている沖田だった。

「いい加減食べさせろィ」
むぅぅと神楽は、口を尖がらせた。ちょっと待て……との声は、コレで三回目となる。
一度目は、火傷しないように、気をつけて。
二度目は、こぼさないように、気をつけて。
そして、これが三回目の待ての言葉だった。
沖田は犬のしつけの様に、ピタリと寸前の所で止められる。
が、それもそろそろ限界の様で。

「お、美味しくない……かもしれないアル」
台の上で、人差し指で円を描きながら、視線を合わさず、神楽はぼそりとつぶやいた。

あれから、もぅ一度、作り始めたビーフシチューは、
何回も、何回も味見をして、隣で邪魔をしてきたり、後ろから抱き着いてくる沖田を何とか剥がしつつ、作った。
こんな経験初めてで、ドキドキして、食べて欲しいけど、食べて欲しくなくて。
何回も深呼吸をした。
でもいざ口にはめようとすると、不味いって言われるのが恐くて、先に色々いいわけを、あ~だから、こ~だからとつけて、待ったをかけた。

自分の中では、一応得意なビーフシチュー。
この味は銀八も認めているほどだ。だからこそ、この料理を選んだ。


神楽は、俯いているため、沖田の表情は見えない。
見えない視界の中、沖田は柔らかく貌を崩した。

「確かになぁ、おめーが料理を出来ると言う想像がつかねえ」
俯いている神楽。その角度はさらに深くなる、その角度から、大きくなったほっぺが沖田には見えた
堪らなそうに、笑いを堪え、その口に、神楽作の特製ビーフシチューを放り込んだ。

「あ―――、うめェ」
たった二言。完結に述べられた感想。しかし神楽はバッと顔を起した。
大きく目をキラキラさせて。

「本当アルカ?! 美味しいアルカ?!」
満面の笑み。さきほどの表情は何処にいったかと思うくらいの。
台の上に体を乗り出し、もう一度沖田の感想を、聞かせて欲しいと。

「あぁ。俺の口には合ってまさァ」
台の上にべたりと頬をつけて、よかったアルぅぅと項垂れた。
台の上に散らばる、神楽の柔らかい髪を手で、愛しそうにとかし、その手の温度を神楽は愛しそうに感じた。


・・・・To Be Continued・・・・・




Category: ★隣のあいつ
Published on: Tue,  25 2010 17:18
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

3 Comments

Ayako  

きゃーー!!
可愛い!神楽ちゃん可愛いです!!
食べて欲しいけど、食べて欲しくない、なんて・・・
女の子前回☆

でも総悟も、「あ、うめェ」ってかっこいい!たった二言なのがまたいいですーー!

やっぱり二人にはラブラブしてて欲しいですー☆修羅場は好きですが(笑)

続き待ってます♪

2010/05/25 (Tue) 19:28 | REPLY |   

桜アップルパイ  

ラブラブモード全開☆

かっわいい~!!神楽可愛すぎ~!!!!
ラブラブモード全開の2人☆
かわゆくて大好き♡

Ayako様と同じく総悟のセリフ(感想)が
かっこよくて萌えましたぁ☆

続き楽しみでっす☆

2010/05/26 (Wed) 03:25 | REPLY |   

ツンデレ  

>ayako様

そぉそぉ。食べて欲しい・・でも、食べて欲しくない・・
うぅぅん。そんな気持ちういういしいです!!
しかも、「あ。うめェ」を気に入ってくれたご様子・・。
うはっ!
何かうれしい!でも、確かに完結に述べたほうが
リアリティがあるような気がして・・

ほほぅ。修羅場がお好きとは・・
むふふ。私もでございますぅぅ


>桜アップルパイ様

らぶらぶモード全快のふたりッス!!
あぁぁん。もぅ少しで最後です☆
実はまだ彼氏のほうはどういった終わり方にするか、全然かんがえてないけど、こちらは大体めどが付きました
楽しみにぃぃ

2010/05/26 (Wed) 14:01 | REPLY |   

Post a comment