隣のあいつ act 32

「ぷはぁぁぁ。もぅ食べられないアルぅ」
お鍋にあったビーフシチュー。たっぷりあったビーフシチュー。殆どカラになっていた
ソファの上で幸せそうに寝そべる神楽を、沖田はげんなり見ている

「そのちっせぇ体の何処に、あれだけの量が入るんでィ」

「ここアル。あ~おいしかった。やっぱり私は天才ネ」

そう言うと、自身のお腹をすりすりとさせた
沖田が旨いと言った後、上機嫌で神楽は自分の分を取り皿に取る。そして沖田の目の前でオイシィィと堪能した
そして、食べる食べる。ついでは食べ、ついでは食べ。沖田は二杯お代わりをしたトコでストップ。
最初の時の様に、吸い込まれるように食べていく神楽を、初め微笑ましく見ていた
が、量が量。その目はだんだん変化する。

神楽自身が満腹を感じる頃になると、もはや、その目は微笑みからは、地の果てほど、遠ざかっていた

無言で沖田は、食器を片付ける。途中神楽が後でやるから・・との声に、せめてものお礼だと沖田は言った
神楽は幸せそうに笑いながら、ソファへと再度項垂れる
悩みも解消され、大好きな人とは両思い。お腹さえ満腹になり、幸せの絶頂。
それと同時に、神経の使いすぎで、糸が切れた今、その疲れがどっと押し寄せてきた
うつら・・うつら・・・と目は閉じていき、まどろみの中にと、意識は消えた

...........

洗い物を片付け、タオルで手を拭きながら、いやに静かな自分の後方を見ると
ソファの上でスヤスヤと寝ている神楽が視界に入った

「何でィ・・寝てやがらぁ・・寝てりゃ可愛いんだけどねィ」

咄嗟、自分の中で、寝て無くても・・と感情が沸き起ったが、そこはあえてスルーをした



「知らねェ間に、不安にさせちまったかねィ」
丁度神楽の寝ているソファを背もたれに、腰を下ろす
静かに上下する胸。それは、規則正しく、刻まれる
ソファに流れる髪を、そっとすくって、サラサラと落とす
人差し指の甲で、そっと頬に触れてみた。すべすべでさらさらで・・

「・・んぅ~~沖田・・・」
眉間にしわを寄せ、かとおもえば、その表情は笑みへと変わる

「夢で見なくても、目の前に居るだろうが」
ふっと、笑う沖田。身を乗り出して、ソファには神楽。その顔に、重なるように唇は落ちて・・・・


ピンポーン
後、数センチ。数センチの所での訪問者
沖田は、舌打ちを鳴らしながら、すやすやと寝ている神楽を起すハメになった


・・・・To Be Continued・・・・・


↓↓↓ 
読みましたボタン

萌えましたボタン 

ありがとうございます。日々精進していきますので、これからも宜しくお願いいたします

Category: ★隣のあいつ
Published on: Wed,  26 2010 06:00
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

桜アップルパイ  

訪問者…続きがきになるっ!!!!

ふっわぁ~~~~~~!!!!!!
見てるこっちが恥ずかしくなるほどラブラブになってきますね~
いやぁ~ホントに幸せですねぇ☆あぁ~微笑ましナ~!!!!!!!

てか、ホントに総悟も神楽も相手の事が好きなんですね☆
2人とも可愛らしい♡

訪問者…誰だろ、誰だろ!?
私の予感は当たるのか!?興奮してきた!!
続き、楽しみにまってます☆

2010/05/26 (Wed) 06:45 | REPLY |   

ツンデレ  

>桜アップルパイ様

訪問者・・・予感・・難しいかと・・むふふ☆
もし予想が当たってたら、是非おしえてねん☆

2010/05/26 (Wed) 14:03 | REPLY |   

Post a comment