隣のあいつ act 34

「なぁ、何でそんなに黙ったまま怒ってンでィ」

テレビの音もない、炊事場のシンクに、ピタン……ピタン……と水滴が落ちる音のみが響く。
ソファの上で、寝そべり、突っ伏したまま、無言の神楽。
長谷川は、神楽の顔を確認するなり、何かトラブルに巻き込まれてはと逃げるように帰っていった。

何がそんなに怒る事だったのか? 自分たちの思いは重なり合い、別に何も不自然ではない事だと沖田は思う。
しかし、神楽はアレから、特に会話もなく沖田だけが神楽に呼びかけていた。
そして、何度めかの呼びかけで、やっと神楽は口を開いた。

「何でそんな事、勝手に決めるアルカ? 私何ひとつ聞いてないアル」

やっと沖田は、神楽が口を開いた事への安堵。そして、確かに何も相談してない事に腹を立ててるのかと思う感情。
そして、やっぱりそれだけの事で怒るのかと言う不満。全て飲み込み、神楽が寝ているソファに、浅く腰掛けた。

「確かに、悪かったが、俺は正直そうしたいと思ってまさァ」

「私は、一緒にはまだ、住みたくないアル」
沖田は耳を疑った。相談してない事に腹を立てたのは、100歩譲って分かるとする。だが一緒に住みたくないと言うのは、裏を返せば、スキではないと言う事に結びつくかもしれないと言う事。

むっとさせ、神楽に噛み付いた。

「そりゃどーゆう事でさぁ、スキだから一緒に住みたい、側にいつも居たいと思うことは普通だろィ。それじゃ何かィ。てめーはやっぱり俺の事……」
「違うアル。お前の事は好きアル……でも一緒に住むとか、その……そうゆう事するとか、まだしたくないアル。でもお前、一緒に住んで、一緒に寝たら、きっと我慢出来ないアル。だから……」

最後まで言い切らない神楽の言葉を防ぐように沖田は声を上げた。

「冗談じゃねえ。スキだからヤリたくなんのは当然だろィ」

負けじと神楽も声を張り上げた。

「だって! だってお前……色んな人とそうゆう事してきたンデショ? 何か区別が欲しいアル」

勘弁してくれ、何を言い出すこの女……と思わず冷や汗までかき、額に手をやった。

「区別って、十分してるじゃねえか、テメーとその他の女とは天と地の差ぐらいあらいてらァ」

これは、沖田の正直な気持ちだった。
神楽と、他の女、意識的に見ても、外側から見ても、それは十分わかるほどだった。
だから、お妙も気が付いたし、土方だって気付いた。
比べる方がおかしいと思う。それを、目の前の女は何か区別が欲しいと言い張る。
なんで、その基準がソコなんだと、頭がクラクラしてきた。

「嫌アル。何が何でもしないアル。他の女と一緒にされるのは絶対嫌アル。スキなら我慢してヨ!」

その言葉にイラっと来たのは言うまでもない、気が付いたら声を張り上げていた。
「スキだからだろィ! スキだから我慢できねえ、スキだから触れたくなんだろィ。それを断ち切るほうが不自然なんでィ」

一瞬、張り上げた声に神楽は、体をビクつかせた。寝ていた体を、そそくさと座り直し、それでも何か納得がいかないらしく、黙ったまま、声を発しない。
沖田は、これ以上を話をすれば、もはや既に遅いが喧嘩になると思い体を玄関の方にむけ、
頭を冷やしてくらぁと、自分の部屋に帰ろうとした。
その後姿に、神楽の声がかかった

「……Hの事だけじゃないアル。喧嘩した時に、頭を今みたいに冷やす場所は必要アル。もっと、もっと知り合ってから一緒に住むのじゃいけないアルカ? そう言う時間って、とっても大事ヨ」

ソファから立ち上がり、真っ直ぐにその瞳は、紅い瞳を見る。
沖田は何も言わず、考えるような表情を見せ、唸るように言葉をだしたと思いきや、神楽の元にスタスタと行き、腕を引き、ぎゅっと強く抱き締めた。

「ったく、おれはテメーに一生かなわねえ気がすらぁ」
神楽は顔をほころばせ、ふふっと柔らかく笑った。
神楽を抱き締めたまま、沖田は口を開く。

「どれくらい待てばいいんでィ」
「何がアルカ?」
「両方でィ」
「うぅぅん、分からないアル」

沖田は、眉間に線を作る。

「オイ、そりゃ俺に死ねって言ってんのかよ」

そんな沖田を他所に、神楽は楽しそうに言葉を出した。

「スキなら我慢するヨロシ。お前がどれだけ私を思っているのか、見せてみるアル」


「はっ。見せてやろうじゃねェかよ。覚悟しときなせェ」
ニヤリと笑う沖田は、いつもの沖田のサディスティックな一面を見せた。

そんな沖田に対抗するように、神楽も不敵な笑みを浮かべる。
「楽しみにしてるアル」

お互いに、にらみ合い、そして、同時に笑みを漏らせた。
くすくすと腕の中で笑い、ふと笑い声が止む、コツンとくっついたおでことおでこ。
それは、あったかくて、心地よい。

沿うように、鼻をくっつけ合わし、流れるように、唇がちゅっと重なった。

・・・・To Be Continued・・・・・




Category: ★隣のあいつ
Published on: Fri,  28 2010 16:56
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

1 Comments

カズエ  

禿げ萌え\(^^)/

おでこ→鼻→唇
最高ッス\(^^)/
大好きですこうゆう雰囲気
沖神にピッタリだああ

2010/05/30 (Sun) 02:42 | REPLY |   

Post a comment