非・日常的なせいかつ act 7

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
.....

神楽の話にはまだ続きがあった


今度は、そのお金を、しっかりと腰に持っていたにもかかわらず、スリにあってしまい、有り金全部を取られてしまったというのである。
自分の所為かどうか分からない。ただ、今度こそ、銀時に嫌われてしまう。
本当に追い出されてしまう。前に一度聞いた、銀時からの『帰れ』
あの時は、海坊主である父と一緒にいた方が、自分のためにもいいと考えてくれたうえでの結論だった

だが今回は違う。本気で帰れと言われたら・・・

それが心の底から恐かったという。払い込みのお金も取られていたので、家はあっても、電気も水道も止められてしまい、生活が出来なかった。
スナックの二階にあるが、あまり請求を貯める為、わざわざ水道を別々にしたため、二階だけ止まってしまった。

話を聞き終わった頃には、4人とも、ため息を付いていた。どんだけ不幸なんだ・・・と。
タバコに火をつけた土方が口を開いた

「なんで、ココに来なかったんだ」 

その質問に神楽は、必然的に銀時に連絡を取られるのが恐かったと言った
下のお登勢のトコへは?お妙が居るだろうがとの連続的な質問。
お妙は、キャバクラ主催での旅行に行ってると言う。重なるように、お登勢もキャサリン、たまと一緒に旅行にいっていると話す。家賃を溜めている分際なので、自分たちは連れて行ってもらえなかったと・・


「どうやって、ココ二日生活してたんだ・飯は?」 
近藤が聞く。

「座ってたら、色々声かけてきて、ご飯食べらせてくれるって・・・」 

つまりは、神楽の容姿でよってくる男に、ナンパさせ、ご飯をおごらせてたと言う事であった。ただ、いつもの調子で食べまくると男が逃げてしまってわ困るので、普通の女の子の量しか食べられなかった
服は前に、一度、銀時が、お登勢から貰った服を着て街の女の子にとけ込んだと言う。そうした方がナンパに引っかかる男の命中率があがるとふんで・・・。
ただ、目立つのが嫌で、いつもフードを被っていたと・・・

コレを聞いた沖田が不機嫌になるのを、土方は見逃さなく、話題を変えるため、とりあえずこれからどうするかを決めようとした。

「とりあえず、万事屋には言うぜ・・・」

ため息を吐きながら土方は携帯に手をかけた。


・・・・To Be Continued・・・・・

ぽちっとお願い致します
↓↓↓ 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank



ありがとうございます。日々精進していきますので、これからも宜しくお願いいたします 
Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Thu,  10 2010 06:01
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

桜アップルパイ  

不幸な少女☆

ツンデレ様、コメのお返事ありがとうございます☆
一つ一つに返事を書いてくださりありがとうございます!!!

それにしてもっ!!!

神楽チャン不幸だなぁ~…なんか不幸すぎだよコレぇ~
銀ちゃん…ね、銀ちゃんに「帰れ」って言われるのが怖いのかぁ…
うん、嫌われたくないもんね、わかるよ、わかる
やっぱ神楽チャンの容姿だとみんな寄ってくるんだろーね☆
あ~、何も食べてないわけじゃないってこの事かぁ~!!

てか!!!土方サンッ!!!すぐ総悟の顔色をよんで不機嫌そうだったら
話を変えるってどんだけ神経逆立ってんのー!!!!!!
土方のこーいうところ好きーってか、おもしろいー☆

P.S60000記念小説、お疲れさまでしたぁ!!!!

2010/06/10 (Thu) 06:32 | REPLY |   

ツンデレ→桜アップルパイ様  

Re: 不幸な少女☆

60000hit・・ありがとうございますi-189
が、頑張りましたi-197おかげでその日は、もう脱力していましたi-203
本当は、後で見直していて、あぁ!これもいれれば良かった!!
と色々思うところがあったのですが、一度UPした内容を
変えるのはあまりすきじゃないので・・i-179



トッシー!!
さすがフォロ方ですよぅi-178
こうゆう大人なとこ、私もすき・・・i-175

2010/06/11 (Fri) 04:42 | REPLY |   

Post a comment