非・日常的なせいかつ act 11

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓

......


「何でよりによって、ココアルか?もっとマシな場所があるダロ?」

不服そうに、頬を膨らませる。あの電話での直後。神楽は何も無かったように、サヨナラ~と出て行こうとした所を、沖田に肩をぐわしと掴まれ、今の状況に至る

もう夜も遅い。荷物は明日取りに帰るとして・・と部屋に案内された場所・・・

真ん中を神楽に、手前が沖田の部屋、奥が土方の部屋となって、言うまでも無く、挟まれた状態になっていた
この部屋の他には、隊長クラスではなく、隊士クラスの部屋にはさまれる事になると近藤はいい、言うまでも無く、それを聞いた沖田が、自分の隣でと決定させた

冗談じゃないアル・・!!
あの沖田の隣・・・少なくとも今日襲われた相手の隣に寝られるかと嫌がった
しかし、沖田の有無を言わせない表情に、思わずグッと言葉を飲み込んだ
誰の所為で・・そう思ったが・・行く所が無いもの事実・・・仕方なく了承する



「はぁぁぁ・・・今日は・・色々疲れたアル・・」

布団を敷いて、枕に顔を突っ伏している。手足をだらりとさせ、力なく体を布団に預ける
思わず犯罪に手を染めようとした事・・それを沖田に知られてしまった事・・
そして、沖田に襲われかけた事・・全部銀時にばれてしまった事・・
泣いた事・・でもすっきりした事・・

そして・・銀時が帰ってくるまで・・ココで、この部屋で沖田達と生活を共にする事・・・

にわかには信じられない様な、今日の出来事

あの時、おそらく沖田でなければ自分は軽く逃げ切ることが出来たと思う
でも、逃げ切れてれば、自分はココには居られなかった。
捕まることがなければ、銀時に知られる事も無かった
でも捕まらなければ、わだかまりも解けぬまま、自分はあの男に身を売っていたかと思う
それ位の精神状態だった・・

ぐるぐるとそんな事を考え、最初は最悪だと思っていた、でも結果的にはコレで良かった・・心からそう思えた・・。
あの沖田との出来事は別件として・・。

そんな事を考えてると、ふと思いついたように、勢いよく飛び起きる
そして、そ~と廊下にでると、近藤の部屋へと駆けていった



「ゴリ~~!!」
小気味よい声が近藤の部屋へと響く。一瞬近藤は目を丸くしたが、足を組み、堂々としてる様は、やはり新撰組の長であると改めて認識させられた

あのね、あのねとコソコソと近藤の側に行き、ごにょごにょと耳打ちする
すると近藤は、途端、声を上げて笑いだす。そして、そうかそうかと、足を組んでいる右膝をパンと叩く。
神楽は笑顔になり、近藤と共に部屋を出て行った


・・・・To Be Continued・・・・・

ぽちっとお願い致します
↓↓↓ 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank

Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Mon,  14 2010 05:54
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

桜アップルパイ  

あぁぁぁぁぁぁ、この後の展開が気になるぅ!!

うっわ、なんですかコレ…むっちゃ続きがきになるじゃないですかぁぁ!!!
ふぁ~気になるよ~気になるよぉ~!!!


神楽チャンと総悟クンの部屋が隣とわっ!!!
神楽にしてみれば襲った奴が隣にいるなんてイヤだろうけど
私からしてみれば、「ぞくぞく」、「にやにや」の
最高な展開です☆

ホントに続き、ものすごい気になるっ!!!

2010/06/15 (Tue) 06:36 | REPLY |   

Ayako  

桜アップルパイ様と同じく、気になりますーーー!!!

神楽ちゃん、何を思いついたのか・・・!!

しかも総悟と土方の間の部屋って・・・
ちょっと羨ましいです☆

2010/06/15 (Tue) 19:22 | REPLY |   

ツンデレ→桜アップルパイ様  

Re: あぁぁぁぁぁぁ、この後の展開が気になるぅ!!

神楽と総悟、そして土方が並んで・・

何か起きる・・何も起きないわけが
ない!!
キャー!!楽しみィィ☆

どういう風に書こうかなぁぁん

こぅ本当に、ぞくぞく、にやにやです!!

2010/06/15 (Tue) 19:39 | REPLY |   

ツンデレ→ayako様  

Re: タイトルなし

うふふ☆
女の子なりの
って、あれ?ゴメン!
もぅコメくれてた(笑)

2010/06/15 (Tue) 19:46 | REPLY |   

Post a comment