非・日常的なせいかつ act 18

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆


続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓


車…ぴかぴかになったヨ…
私もびっしょりになったけど…。



たった一台だけど、その車だけぴかぴかになったノ。そんで達成感にひったてたら、車のエンジン音が聞こえてきた。
やばっ!戻ってきたと思って。さすがにこの格好はやっぱり恥ずかしくて、わたわた服着ようとしたけど
Tシャツもびしょ濡れだからくっついて、全っ然着れないノヨ!

あせって、あわわわってなって、思わず車に隠れたトコでパトカーが帰って来た。
そしたらネ、乗ってるのが…何でよりに寄ってあいつ等…
いや、いつも大体3人で乗ってる事多いから…でも他の隊員だったらまだ良かったのに
何で…何で本当にアイツが乗ってるネ…


「おぉ!何だ?車が新車みたいじゃないか!」
ゴリが車から降りてまず言ったノ。ふふんそうデショ?だって頑張ったモノ。

「確かに凄げェな。誰だ?うちの屯所にこんな気が聞く奴居たか…?」
トッシー!そこ突っ込まなくていいから、早く行くヨロシ!
てか早く行ってよぅぅ!

車の死角に隠れてて、覗くように三人を見る神楽…

「さぁ、でも今さっきまで誰かがやってたようですぜィ。水も出しっぱなしでさぁ」
うぉぉ!水止めるの忘れたアル!てか、何でもいいから早く…

「ちゃ、チャイナさん!?何してるんですか?ってかその格好…」

しゃがんでた体制を、思わずピンって伸ばした。そしたら車からひょっこり、さくら色の頭が現れた
だって、前にはあいつ等…。後ろから車の様子を見に来たザキ…。絶対絶命…。

「うぉぉ!コレはその…」
ザキに説明しようとして、でもパニくって出来なくて、ザキは顔真っ赤にして目をキョロキョロさせて
そうこうしてると、気付いた三人が…ゴリなんか
「いや~チャイナさんだったのかァ。すまないなァ」
なんて超ご機嫌で側に寄ってきた

「き、来ちゃダメェェ!」
思わず叫んだけど…叫んだけど…。


・・・・To Be Continued・・・・・

ぽちっとお願い致します
↓↓↓ 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank



ありがとうございます。日々精進していきますので、これからも宜しくお願いいたします 
Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Wed,  23 2010 04:25
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment