年月 act 5

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆


続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
「オイ天パー。テメー母ちゃんに手出してみろ……殺すゾ」


星海坊主を見送り、ようやく万事屋に、神楽を含め4人が上がって来て、銀時を見た蒼が、まず第一声を上げた。
神楽の前に立ち、神楽の服をきゅっと握る。そんなトコは可愛いが、そのルビーの様な綺麗な瞳が殺気を放つ。

皆思わず唖然となる。そして、遅れた様に神楽が頭をスパーンとしばいた。

「えぇぇ!! 神楽この子物騒な事言ってるよ! てか、コイツお前のガキ?? てかありえなくネ!? 5歳って言ってなかったっけ?? このガキどう考えても」
「銀さん、さっき僕がもう突っ込みました」
新八に突っ込まれたが、それでも銀時は続けた。

「だってこのガキ5歳の殺気じゃねーもん。殺されるよ銀さん!」

「すいません。蒼はいつもこうなんです。迷惑かけます」
正反対の隼人が、深々と銀時にお辞儀をして謝る。

「銀さん、こっちはこっちで5歳とは思えない雰囲気醸(かも)し出してるんですが……」

蒼、隼人を何度も見返す銀時が、首を垂らしながら神楽に視線を向けた。

「神楽ぁ。テメェ。どんな育て方したんだ? コレなら俺が育てたほうが、よっぽど普通の5歳児になるよ、きっとぉ!」

「テメーに育てられるなんざ、御免被むらァ」
銀時が言葉を発すると、直後に今度は蒼が口を開いた。

「ちょ神楽ぁ。どうにかしろよ……コレじゃまるで……」
そこまで言うと、しまったと銀時は口を閉ざした。
最初から皆思ってて、ただ口にしなかっただけ。この口調。誰がなんと言おうが奴に似ている。
銀時の、微妙な表情を神楽は見ると、困った様に微笑んだ。
その表情をちらりと見た新八も、困った様に俯き、三人の間に微妙な空気が一瞬流れた。

「に、似てるのは当然アル……だって、親子なんだから……」
そうデショ? そう語る空色の綺麗な瞳を見た銀時と新八は、神楽の髪をわしゃわしゃとした。
『もぅ子供じゃないアル!』そうふくれ面になった神楽の顔は、あの頃と変わった様で変わってなくて、思わず笑みが漏れた。

「この子達と散歩してくるアルヨ。近頃遊ばしてあげれる様な事が出来なかったから」
神楽の言葉に、双子は、バンザイをして喜んだ。こうゆう風に見ると年相応だと皆思う。
両手を繋いで、下に降り、テコテコと散歩に行く後姿を見る二人。

「いい方向に進むといいですね……」
目を細め、その光景をみる新八。

「そうだな。やっぱり父ちゃんは必要だよな……」
玄関口、手すりに身を寄せながら、新八同様、表情を穏やかにつぶやいた。



・・・・To Be Continued・・・・・

Category: ★年月
Published on: Wed,  23 2010 18:00
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

3 Comments

Ayako  

お久しぶりです!!

ごめんなさい(汗)最近色々ありまして・・・(泣)
4日ぶりです・・・

ホントにごめんなさい!

でも話が進んでいてビックリです☆
おおっ!!とうとうお父さん登場なるか!!
もう、早くもhit小説に次いで好きです!!もちろん、「非日常的なせいかつ」も大好きです!

続き楽しみにしてますね♪

2010/06/24 (Thu) 19:20 | REPLY |   

カズエ  

うっ(>_<)

こんなに似てたら、、
思わずっっ
神楽チャン~~(≧ヘ≦)

2010/06/24 (Thu) 23:18 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

いいんだよぅぅ!

気にしなくてもいいからね。
もぅ色々あっただなんて、その汗と涙ツンデレが拭いてあげゆ(*´∇`*)

80000hitありがとう…!!
書き上げてほっと一息☆
上手く表現できなくて、ジレンマと戦っています!

明日から、年月と、非・日常的なあいつも
連載再会☆
頑張ります!!

2010/06/26 (Sat) 06:02 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment