非・日常的なせいかつ act 22

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆


続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓


あいつ…、どんな格好してやがった…?

車の前で俯くあいつ見ながら、ドクリと音がなりやがった
必死に濡れたTシャツで隠そうとしてやがった。思わず目を背けそうになったが
コレ以上こいつをさらしたくねェ…。そう思う感情の方が強かった

だからと言って声をかける事もできやしねェ。
第一、何を言葉にしたらいいのか分からねェし。

だから隊服上から被せた。
部屋に帰ってもあの姿が脳裏に焼きついて離れねェ、一体どうしちまったんだ俺は…。
あいつを犯そうとした自分、あいつを今見たく助けた自分。
何をしてェのか、これっぽっちもわからねェよ

そんな事を考えてると、足音が聞こえた。そしてその足音は俺の部屋の付近でピタリと止まる
そして、しばらく動かなかったが、シルエットが浮き上がり、あいつだと分かった
そのまま意味もなく、そのシルエットを見てると、丁度真ん中でピタリと止まりやがった
小さく言われた「ありがとう」の言葉…

俺は反射的に呼び止めた。勝手に口から出てきた言葉に俺が唖然とした。しかし呼び止めた以上
会話を進めなければならない。俺は、障子に手を掛けた

あ、開かねェ…。
何してやがる…。反対側で必死に開けまいとしてるらしかった
むきになる自分。そして直ぐに気付く。
外側の障子から出れると…。あいつが、必死に開けまいとしてるのを確認して
スパンと開けてやった。

慌てるあいつの声に思わず吹きそうになる。
俺は「バーカ」と軽く悪態を付きながら、アイツを見て、そして固まった



・・・・To Be Continued・・・・・

ぽちっとお願い致します
↓↓↓ 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank



アンケートをしてます
小説を書く励みになります。ぜひご協力お願い致します☆







ありがとうございます。日々精進していきますので、これからも宜しくお願いいたします








・・・・To Be Continued・・・・・

ぽちっとお願い致します
↓↓↓ 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank



アンケートをしてます
小説を書く励みになります。ぜひご協力お願い致します☆







ありがとうございます。日々精進していきますので、これからも宜しくお願いいたします
Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Tue,  29 2010 04:06
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

Ayako  

総悟くん・・・!!
もぅ、かわいすぎます///
かっこいいのに、このたまに見せる可愛さがたまらない///

部屋に引っ張り込むシーンは、見てる方がハートどきどきです!!
でもこういうの好きです*^^*

ふたりには早くくっついて欲しいです☆

続き楽しみにしてます!!

2010/06/29 (Tue) 20:03 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

i-260総悟はきっと無意識ですねi-265
なんせまだ自分の気持ちさえ気付いてない…?んだから。

結局の所、早くも独占欲を露にしてるそごたんです(笑)

神楽の格好を見た総悟の顔、思わず浮かべて笑えますi-175
唖然ですよ。あと、あっ…可愛い…的なww

2010/06/30 (Wed) 16:42 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment