90000hit act 3

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆


続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓



「銀さん…僕あんな神楽ちゃん見てられませんよ」
「あぁ…確かに俺らは出産ってモノを甘く見てたのかもしんねェなァ」

神楽の部屋の前、ベンチに反る様に座り銀時は天井を見る。新八も同じようにそこで天井を見上げていた
部屋の中からは、殆ど泣き声に等しい神楽の悲鳴が絶える事無く聞こえてくる。
子宮全快になったと分娩室にと入ったのは先程。
服はビッショリと汗の模様を形とり、髪は汗でべったり肌にくっついていた。
部屋から出てくる神楽の様子を伺えど、こちらに視線を寄せる余裕も無いほど憔悴しきっていた。
それでも間隔が殆ど無くなった陣痛の波は、とことん神楽を苦しめた。

いくら夜兔とは言え、出産において、同じ女には変わりなくて、その痛みも苦しみと、何一つ変わらなくて…。
素直に心が痛んだ。
神楽は、少なくとも、やっと出来た自分の繋がりある家族だ。
それは新八も同じであり、もっと言えば、お互いに手を繋いで居るミツバとお妙だってそれは強く言える事だし
反対側のベンチに座っている、何処からか灰皿を勝手に持ってきてニコチンに侵されて居るこの男だってそうだといえる。
そして、仕事を早くキリを付けて駆けつけた近藤と山崎にも同じことが言えれるのではないかと思う。


自分にもう大切な人は作らない。失ったとき自分が傷つかないようにと張っていた糸をぶちぶちと切り入って来た仲間とも家族とも言える者たち。
ぬるま湯の様に、それは心地よくどっぷりはまって今更抜け出すことが出来ない。
しかし、どうだろう、いつしか抜け出そうと言う気さえ無くなってしまった自分が居る。
この場所が自分の場所だ。それを強く主張でき始めたのはいつからだろう…。

家族とも仲間とも言えるこいつらが、自分にとって譲れなく、それで居て大切に思えてきたのはいつの事だったか。
そして、この者たちを軸に、その輪は無限大に広がっていく。何処までも広く、深く…。
それがちっとも嫌じゃなくなった自分が、結構気に入っていて…。
些細な事で幸せを感じられるのも、些細な事で笑えられる事が出来るようになったのも奇跡だと思う。

そして、俺の大事な姫さんの心を、魂ごと奪っていったこの男…
扉の前で、ただひたすら拳をきつく握り締め立つ男…。
この男の事でさえ、憎さ半分、可愛さ半分になっちまった。

そしてまた新たに家族が増える。ひとつの命が加わる。後数ヶ月もすりゃまた家族が増える
どんどん大切なモノが増えちまって、重くて抱えきれなくなっていく…
だが、それを抱えるために、生きていくのもいいと思える様になったのは…

きっとこの馬鹿野郎共が、結局のところ…すきだからだろうなァ…。


....


もしかしたら、壊れるんじゃないか…本当は思った
あんなに顔引きつらせて、背中擦ってる俺の顔…見えてなかった
改めて、命を産み落とすと言う事に思わず身を震わせた

時折ふと思い出すように、俺の手を恋しいと握るあいつの手
細くて、ちっちゃくて、この小さな体で本当に大丈夫か・壊れはしないだろうか…?
恐くなった。どうしようもなく…。こいつを失うんじゃないか…
俺は一人になるんじゃないのか… … … … 

耐えられなくて、それでもその先には踏み込むことが出来なくて、自分の出来ることなんざ一つもなくて…。
あいつがよく願い事に使う神様とやらに願いたくなる。
仏でもいい、仏壇でも、地蔵でも、先祖だろうが何だろうが、俺を産み落とした母ちゃんや父ちゃん…
全てに何を賭けてもいい

ただ…ただ…無事で…。二人が無事で居てくれれば…俺ァそれだけでいい…

きつく握り締めた拳を、心臓の前で握り締めた…










突如…神楽の悲鳴じみた声が止む。顔をあげたのは、立ったのは、皆同時…
その直後に、初めて聞く、産まれたばかりの赤ん坊の声を聞いた――――


顔をそれぞれ見合わせた。その顔には笑みがたちまち広がる。
お妙とミツバは、早くも掌で、目じりを拭っている…
近藤は山崎と抱き合い、土方はつけたばかりの、タバコを惜しげもなく消した…

新八はソファから勢いよく立ち上がって、銀時に満面の笑みを向ける
銀時は死んだ様な目に、生気を宿した…。

皆それぞれが、分娩室の前に立っている総悟の元に駆けつけるのと、その扉が開き、先生が出てきたのは同時だった。

「抱いてやってくれますか…?」
柔らかい笑みで先生が言った。


ふわりと香るのは、神楽の匂い…。柔らかく、そっと総悟の腕に舞い降りた天使………

吸い込まれそうな空色の潤んだ瞳、まだ小さくて、ちっちゃなビー玉みたいで。
それでも二重瞼の中にはちっさいながらも、おおきい光を宿していて…。
まだ少し拭った血の跡があるが、その細い髪は、マシュマロの様に柔らかく、桜色で…とても可愛らしかった。
小さな手は、総悟の人指し指ほどしかなく、思わず食べてしまいそうな程愛しかった

時折、くわっと小さくあくびをすると、まだ何もない口内が小さく見え隠れした。
ちっちゃな手の先を意味もなく動かすそのしぐさがどうしようもなく可愛らしく、顔が和んだ

「ちっちゃいねー」
「可愛らしいわー」
「銀さん、神楽ちゃんにそっくりで、とっても可愛らしいですよ」
「そうだなァ…べっぴんさんじゃねェか」
「チャイナさんに似てきっと美人になるぞ」
「本当にかわいいですねー」
「あのちっせぇ体にこんなのが入ってたのかよ」

包むように口々に言われる台詞…

「総悟ぉ、おめで…」
近藤が赤ん坊から視線を上げながら口を開く、それは途中で途切れた。
近藤の様子に、同時に顔を上げていくとそれぞれの瞳が大きく開く…

頬にいくつモノ筋を作る。茜色の瞳は、筆で水をまえた様に、潤み綺麗に流れた
いくつも…いくつも…

「…っ…クソ…俺ァ…止まらねェ…」
落ちてくる涙を何とか止まらそうと頑張ってみるが、その深い思いは溢れ、
その気持ちの分止まる事は知らないとでも言うように…。

隠したくても、その手は愛しい者を抱いていて塞がった。
キラキラ光るその空色を飾るように、産まれたばかりの肌にぽたりと色づける。
その雫は、その白い肌を滑り落ちていく

白い頬から、ぽたりと落ちる瞬間に、再び上からの頬からつたった感情の粒が、頬にへと伝う

もらい泣き…それは本当に起こるもので…。
元々感動していた胸の奥底にある感情の粒をすくわれた。
お妙とミツバの頬は真っ赤にへと変化し、その瞳からは留まることの知らない。『嬉しい』の感情が涙として一緒に外に溢れた。

目頭を押さえ、何とか留め様と頑張ってみるが、それは男達の瞳からも流れ落ちていく…

先生はそんな姿を見て、優しく微笑んだ…




・・・・To Be Continued・・・・・

ぽちっとお願い致します
↓↓↓ 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank



アンケートをしてます
小説を書く励みになります。ぜひご協力お願い致します☆







ありがとうございます。日々精進していきますので、これからも宜しくお願いいたします
Category: ★十月十日(hit小説)
Published on: Sat,  03 2010 16:31
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

8 Comments

蒼空  


ついに!
産まれましたね!!!

hit小説、読み返したんですが、涙が止まりません(ToT)

神楽ちゃん!頑張った!
(↑何様だ?って感じですが...)

ヤバいですね...
総悟もついに人の親ですかぁ~

子供がいても、ドSっぷりは変わらないで欲しいですッ♪

2010/07/03 (Sat) 18:11 | EDIT | REPLY |   

Ayako  

総悟が・・・あの総悟が泣くなんて・・・!!
呼んでいるこっちももらい涙です!!

さっき神楽も言ってましたが、色々なことを、ふたりで乗り越えてきて、今その二人の子供が生まれるとは、、、
本当、感慨深いです。
前半は珍しく銀さん目線ですね☆
でもいいこといいますねー銀さん!
結局、仲間って、家族って、やっぱりかけがえのないものなんですね♪
彼氏最終回以来の感動をありがとうございました!

そういえば赤ちゃん、神楽似なんですね!
どっちかな、どっちかな=ってずっと楽しみにしてました☆
神楽似なら超美人ですね♪

では赤ちゃんの誕生と、90000hitを祝って・・・
本当におめでとうございます!! (←今更(汗))
100000hit間近ですね!楽しみです☆

2010/07/03 (Sat) 21:32 | REPLY |   

雪良  

総悟が泣いてるよ~よっぽど嬉しかったんだろうな(ρ_;)
いつもはキュンとくるお話だったんですケド、今回は心温まるお話でした(*^o^*)いやぁ神楽ちゃんと幸せな家庭を築いてほしいものです☆

2010/07/03 (Sat) 22:33 | REPLY |   
ツンデレ→蒼空さんへ">

ツンデレ→蒼空さんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→蒼空さんへ">

おぅぅ!!
hit小説読み返してくれたのi-198

意外と長いのに…i-201i-203
しかも、貴重な蒼空さんのお涙までi-199i-184!!

はぅぅ☆勿体無い言葉!ありがとうです☆i-237
神楽ちゃん、まれましたぁ☆
そうですね!!総悟はいつだって、何処でだって
ドSじゃないとi-199i-203!!

2010/07/04 (Sun) 03:43 | ツンデレ→蒼空さんへさん">REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

そうなんです!
今回前半銀さんi-199
書いててでも、面白かったっi-179i-184

そんで総悟の回想に行って…i-260
てか神楽産まれたァァ!!i-184i-203i-237
産まれた瞬間書きながらあたしも
ブルって鳥肌立ちましたよi-237i-203!!
の中で、皆動いてるから、それを考えて★

神楽にそっくりな赤ちゃんですi-261
今日はact 4 です★
そういえば、ツイッターってしてない?
やってたら言ってね★銀ちゃん繋がりを増やしてる最中です

2010/07/04 (Sun) 03:59 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→雪良ちゃんへ">

ツンデレ→雪良ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→雪良ちゃんへ">

今回は、心あったまるお話i-260
そうっていただけて
めっさ嬉しいッスi-179i-199!!

やっと神楽がまれた
もうツンデレも涙目になりました!!

てか、総悟たんをかしてよかったかi-198?と最後まで思ったけど
やっぱりかったと思うi-261i-179。あの、総悟がくんだもんねi-199!!

きっと、凄く凄く嬉しかったんだよねi-175

2010/07/04 (Sun) 04:04 | ツンデレ→雪良ちゃんへさん">REPLY |   

Ayako  

こんばんわ☆

ツイッターは、やってないです><
というかやり方も良く知らず・・・
色々PC音痴なもので・・・
ぜひやり方教えてください♪

腱鞘炎ってーーー!!!
そんな!ツンデレ様の大事な指が!!
無理しないでください(涙)

どうかお大事に><
ではまた♪

2010/07/05 (Mon) 19:50 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

おぅぅ!!どうやってツイッターしたっけなi-198

ツイッターに登録さえすれば、後は名前を探したりしてi-265
簡単に出来る様な気がするけどi-179

後、本当にね、近頃手が…火を吹いてて!あぅぅ!!i-184
でも、でも頑張るヨi-184
だって、創作大好きだもんi-266

2010/07/05 (Mon) 20:16 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment