100000hit 番外編 完 

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ ......

春の暖かい日差し、相変わらず風船はゆらゆらと揺れている
庭に並べられた小さな花は今日と言う日を祝福していてくれている
テーブルの上に並べらていた料理はもうあまりは無いけれど、周りの人間の顔が幸せそうなのでよしとする。
その庭の真ん中で、白いシャツにグレーのネクタイを合わし、ラフに黒のタキシードを着こなす土方と、同じ白のシャツに灰色のネクタイと、同じように黒のタキシードを着こなす総悟。そしてその横にはそれぞれミツバと神楽が立っている。

近藤は、咳払いをし、今度こそその言葉をかける
「神楽さん、土方ミツバどの。その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

すると神楽は、身を乗り出してちらりとミツバを見る。するとミツバは笑い、いっせーのと声を出す

「「新郎が誓うなら誓います!!」」

会場は一気に沸く。
ふふんと神楽は総悟を見る
ミツバは土方を見る。すると土方は額に手をやり壮大にため息をついた

近藤は、息を吸い込み、もう一度くちを開く

「土方十四朗、沖田総悟。その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

ドキドキと沈黙が流れる中、新八、お妙、銀時、近藤、隊士、そして神楽、ミツバが見守る中、口を開く

「「ちかいます…」」

もう何だ…勝手にしてくれ…そう言う声だったが、誓ったことには変わりなく…
さらに皆は沸く。

そしてもう一度近藤が神楽とミツバに聞くと、ひまわりの様な笑顔で『誓います!!』と答えた
庭の中には、笑顔が溢れ、数々の祝福の声が飛んだ。
そして、指輪の交換は吹っ飛ばして、近藤は、「では、誓いのキスを…」と口を開いた

互いに向かい合う。再びノ難関に土方は額から汗を流す。
総悟もだろ?なんて後ろを振り返ると、総悟は神楽にじりじりと詰め寄っている時だった
神楽は言う
「ち、誓いのキスアル、ちゅってすればいいアルヨ…そ、総悟…目が据わってるアル…ね、ねェ…」
すると総悟は不気味ににっこりと笑う

「いや、どうせなら濃厚でいこうや。何なら誓いの言葉もういっぺん言ってやろうか?
オメーに近づいた奴はぶっ殺す。オメーに触れた奴を火あぶりにすらァ。
オメーと言葉を交した奴を串刺しの刑に処する。オメーにキスした奴ァ、打ち首獄門の刑に処する…。」

「総悟!おま、それ誓ってないアル。脅迫アル、宣戦布告ネ。ロマンチックじゃないアル~~」
じりじりと寄るその厚い胸板を押すがびくともしない

「簡単にキスなんざされやがって…覚悟しやがれ…」
だからそれ誓いの言葉とは天と地程の差が…なんて思って時には既に唇は塞がれていた
それを見た土方は唖然としていた。

そこにミツバの手が伸びてき、むりやりミツバの方へと向かされる。
「誓いのキスは?」
恥じらいながら上を見上げるその顔に、もう何もかもよくなり土方はその柔らかい唇に吸い付いた

恥じらいは何処に行った?
そう思えるほどに、二組のキスは濃厚で、そして終わらない。
ミツバと土方は、お互いを愛しく、まるでその甘いキスに酔ってるように思いを繋ぐ
神楽と総悟は、まるで総悟が侵食するような荒い口付けだったが、やがてその首に細く白い手が回されると、その荒さはたちまち甘く甘くと変わって言った…。

「きしゅ、きしゅ、マミーとパピーきしゅしてるヨ」
「ちゅ~してるよ、母さまと、父さまがちゅ~してるよ」
新八と山崎の服をきゃっきゃと引っ張る。

間も無く、神楽とミツバは互いに愛しい宝物を抱きに来る
新八にせっかくのドレスが…そういわれるが、この際いいアル!と神楽は微笑む。


「パピー?マミーの事しゅき?」
きらきらの目をぱちくりとさす。
「あぁ…とってもな。」
「みおちゃとどっちがしゅき?みおちゃ?」
総悟は笑う
「あぁ、みおが一番でさァ。みおが一番スキ。…マミーの事は一番、愛してるんでさァ」
そう、総悟が言うと神楽は微笑んだ



不意に神楽がまじめな顔をしながら口を開く

「総梧…もしホントに私の運命の相手がお前じゃなかったとしても、奪いに来るアルカ?」
「あぁ、必ず奪いに行ってやらァ。でも案外繋がってると思いやすぜ?運命の鎖で…」
「え~!鎖なんて嫌アル、どうせなら、赤い糸がいいアル。」
「アホか、てめーわ!糸何かじゃすぐにぶちぶちに引きちぎってまうだろうが。」
「むぅぅ…そんな事…ないアル。」

「きっと俺はこの先も、もしかしたら前世でもお前と居たのかもなァ。そして…来世でも、お前と一緒に居たいと思ってる。」

「来世?来世はきっと素敵な男を捕まえてやるネ。お前なんかお断りアル」
「オメー本当に馬鹿でさァ。言ってンだろィ?俺とお前は繋がってんでェ。運命の鎖でな」

「ったく、もっとロマンチックに言えないもんアルカ?ふふ…でもお前と一緒なら…繋がっていられるなら、紐だろうが糸だろうが鎖だろうが…本当は嬉しいアル。」
はにかんだ様に神楽は笑う。それにつられた様に総梧もはにかんだ様に笑った…

総梧は、ゆっくりと神楽の細い手を取った。それに気づいた神楽は微笑みながらその手をそっと絡めた…







........

「あっ…」
「どうしたんでさァ、チャイナ。学校に遅刻しやすぜ。」
「何かずっと昔…遠い遠い日に、こんな風に手を繋いでいた記憶が浮かんできたネ。」
「マジでか?一体ェどんな記憶なんでェ」
「何か私がウエディングドレス着てて、沖田はタキシード着てたアル。そんで私そっくりの赤ちゃんが居た記憶…」
「すっげ~な、デジャブっつーやつかィ?ってか何?俺とお前と結婚とかしちゃってんのかよ…」
「うぉぉぉぉ!!今気づいたアル。めっさ恥ずかしいアル。てか何でお前と結婚?ありえないネ。」
「彼氏に向かってその言い草はなんでィ。それもしかしたら前世の記憶ってやつじゃないですかィ?」
「マジでか?てかそんな訳ねェだろうが。馬鹿も休み休み言うアル。」 







「馬鹿はお前だろが。言っただろィ?繋がってんでさァ。俺たちは…運命の鎖で――――。」


完。



ぽちっとお願い致します
↓↓↓ 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank



アンケートをしてます
小説を書く励みになります。ぜひご協力お願い致します☆







ありがとうございます。日々精進していきますので、これからも宜しくお願いいたします
Category: ★十月十日(hit小説)
Published on: Tue,  13 2010 18:58
  • Comment: 16
  • Trackback: 0

16 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/07/13 (Tue) 19:37 | REPLY |   

蒼空  


わぁ-----ッ!!!!!
めっちゃ面白かったですo(>▽<o)(o>▽<)o

最後、来世で終わるっていう設定最高ですね☆
こんな設定をおもいつけるなんて、さすがですッ!!

これでhit小説、本当に最後なんですね・・・
少し寂しい気もしますが・・・

お疲れ様でしたッ♪

2010/07/13 (Tue) 20:15 | EDIT | REPLY |   

なお  

( ̄∇ ̄ )

未来沖田覚えてるっぽいですね(笑)( ̄▽ ̄)

2010/07/13 (Tue) 20:25 | REPLY |   

雪良  

ふぁぁ-----!キュンときました!!心臓が打ち抜かれてしまいました!!!
神楽ちゃんが寺田君にキスされた時は、「うわあ修羅場じゃ----!」と思ってハラハラしましたが、そこは素敵な総悟君がうまくフォロー(?)して、素敵な言葉を言ってくれました♡
いやあ、ホント素敵な小説を有難うございます☆
また素敵な小説を読ませて下さいね~ お疲れさまでした☆

2010/07/13 (Tue) 23:56 | REPLY |   

つんく  

初めまして☆☆

初めまして、つんくと申します☆☆かなり前から小説を読ませていただいてるのですが、今回は頭パーンってなっちゃってつい夜遅いのに失礼を承知でコメントを書かせていただきました+゜とてもハラハラドキドキする場面が多くてガラスハートな私には←← 正直何度読むのを止めようかと思いましたが止められませんでした(T^T)こんな誤解を招きやすいような言い回しをしてすみませんが、これ傷つけようとかそんな意味じゃないです;;マジどちらかというと崇め、崇拝しています!!!神楽ちゃん、沖田さんだけでなく、土方さん、ミツバさんまで最後には幸せに結ばれてこっちまで幸せになりました☆☆しかも最後は未来に繋げるところがとても(良い意味で)意外でぐっときました☆☆☆その技法真似させて貰ってもよろしいですか!!???私も多分来年になりますが、サイトを作ろうと考えてまして、主に絵、小説を中心に取り組んで行こうかなと思っております☆☆☆もしよかったら遊びに来て下さるととても嬉しいです☆☆☆☆では長文&夜遅くにすみません、乱文失礼しました。これからも頑張って下さいね☆☆☆☆

2010/07/14 (Wed) 01:09 | REPLY |   
ツンデレ→なお様へ">

ツンデレ→なお様へ  

Re: ( ̄∇ ̄ )

ツンデレ→なお様へ">

コメントありがとうございます (*´∇`*)

最後の言葉はですね、いろ~んな意味を含めて
いろ~んな捕らえ方が出来るようにしましたi-179

総悟は覚えてたようにも取れるし
神楽と同じ様に、あの直前、ふっと何か思い出したとも言えて、
もしかしたら、あの時の総悟があの時だけ

さるように声が出てきたようにも…。

色んな方が色んな捕らえ方を…そう思って書きましたi-189i-179

2010/07/14 (Wed) 18:54 | ツンデレ→なお様へさん">REPLY |   
ツンデレ→雪良ちゃんへ">

ツンデレ→雪良ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→雪良ちゃんへ">

コメントありがとうございました (*´∇`*)

実は寺田君の名前は、寺小屋からとったと言う…(笑)

それは置いといて!!
もぅハラハラとか、きゅぅぅんとか、最高の褒め言葉をありがとうです。

熱に犯されながら書き上げたかいがあるってもんですi-203i-237

マジ熱で朦朧としてましたから(笑)
誤字脱字とかあっても許してください ww

また素敵な小説を読ませて下さいね~ お疲れさまでした☆
↑↑
いやん…めっさ嬉しいお言葉をありがとうぅぅi-266!!癒されましたァァi-261

次のhit小説は、隣のあいつの、あの二人が帰ってきます!!

2010/07/14 (Wed) 19:00 | ツンデレ→雪良ちゃんへさん">REPLY |   

Ayako  

あうぅぅぅ・・・これでhit小説も終わりかと思うと本当にさびしいです(泣)

でも、最後はほんっとうの本当ーーに素敵過ぎました///
まさか来世ネタとは・・・こんなことを思いつけるツンデレ様、尊敬します!!!!

思えば長かったですね。・・・あれ、これ前も書いたぞ(汗)
いや本当に、これだけ長いだけあって、二人の間にも色々ありましたが、でも、最後は、運命の鎖で結ばれた総悟と神楽は来世でも恋人・・・
本当に、壮大なスケールです!!!

長い間お疲れ様でした!!!
110000hitにはまた新しいシリーズが始まるんですか??
もしそうなら、楽しみに待ってますね☆

2010/07/14 (Wed) 19:01 | REPLY |   
ツンデレ→若葉ちゃんへ">

ツンデレ→若葉ちゃんへ  

Re: Re: タイトルなし

ツンデレ→若葉ちゃんへ">

コメントありがとうございます (*´∇`*)

そうです、最後は3Zに繋げました!!いや~マジでラストに一日中なやんでなやんで…i-201
どないすんねん!!

って結構落ちてましたが、結果的に、納得できる終わり方が出来て
私も嬉しかったですi-179
運命の鎖 ←コレが神楽と沖田らしいかとおもいましたi-265



んもぅぅぅぅ!!!!
何てお言葉!!
ぜんぜんいいんですよぅぅ!!

なっ!!無視だなんて…
そんな事いっちゃ駄目です!絶対絶対しないですよi-237☆いつもコメント楽しみにしてるんですから

あぅぅ。i-178手のご心配まで…優しい…
冷やさないように!ほうほう!
私めっさ冷え性なのです…そこら辺も原因なのかなぁぁi-201

2010/07/14 (Wed) 19:04 | ツンデレ→若葉ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→つんく様へ">

ツンデレ→つんく様へ  

Re: 初めまして☆☆

ツンデレ→つんく様へ">

おぉぉ!!お初にお目にかかります!ツンデレでございます☆

前々から読んでいただけてたなんて…しいじゃないですかァァ★
もっと早くにお声を聞きたかったぁぁんi-175

なるほど、がパーンと…大丈夫!ツンデレはいつもパーンです、いやむしろ頭がパーかも(笑)

誤解を招きやすいような言い回しをしてすみませんが
↑↑
いやいや、こんな愛が溢れているラブレター(←エっi-230)をなんで間違えますでしょうかi-190
とってもとっても嬉しかったですぅぅi-178

崇め、崇拝しています
↑↑ 
なんてこったい!嬉しいじゃねェかコノヤローi-237
でも私はそんな大層な人間じゃありやせん(笑)

その技法…技法?!。
そんな大層なモンじゃないアルヨ ヽ(=´▽`=)ノ

おおう!!
来年、サイトを!?うわぁぁ!!楽しみi-175
ぜひぜひ、遊びに行くアルヨ ☆★

いつでも声をかけてくださいi-179

2010/07/14 (Wed) 20:12 | ツンデレ→つんく様へさん">REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

コメントありがとうございます ヽ(=´▽`=)ノ

でも、最後はほんっとうの本当ーーに素敵過ぎました///
まさか来世ネタとは・・・こんなことを思いつけるツンデレ様、尊敬します!!!!


↑↑
もぅね、コメントしてくださる方、皆さんがそういってくれてるけど
わたしのほうこそ、本当に嬉しい…
じつは、自分では納得してたけど、この終わり方を受け入れてくれないかも…
的な事を考えてたんですi-203i-229

コレ、マジで…
普通にラブラブモードで終わろうか…なんて思ったんですが、やっぱり直感に従いたいと思ってi-199

そしてら想像以上に反響が凄過ぎた i-189i-203

運命の鎖…糸は神楽ちゃんが多分引きちぎると思ったのでi-201

でも、皆によかったって言ってもらえて嬉しかったですi-237
お次は、ちゃんと告知分出しますが…隣のあいつが帰ってきます!!

お楽しみに…i-175

2010/07/14 (Wed) 20:27 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→蒼空ちゃんへ">

ツンデレ→蒼空ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→蒼空ちゃんへ">

コメントありがとうございます ヽ(=´▽`=)ノ


最後、来世で終わるっていう設定最高ですね☆
こんな設定をおもいつけるなんて、さすがですッ!!


さすがなんて、、、、天狗になっちゃいますよ ←そくってください(笑)
来世…良かった喜んでもらってェェ!!
一風変わったやり方にして本当に良かったァァi-237


これでhit小説、本当に最後なんですね・・・
少し寂しい気もしますが・・・


皆さんそういわれます…。
私もちょっぴり寂しい…。
なんだろう。大好きな子達が手を振って旅立っていくような…そんな感じ…i-201

でも、お次は、寂しくない様に、あの二人を呼んでいますi-185
だから、だから楽しみにしてくれると…いいなi-179

もぅめっさ面白かったって言うのが、その可愛らしい絵文字から垣間見えたよi-178i-179

2010/07/14 (Wed) 20:54 | ツンデレ→蒼空ちゃんへさん">REPLY |   

愛花  

最後、来世で終わるのもいいですね!!!
ツンデレ様最高ですっっ

2012/04/03 (Tue) 10:46 | REPLY |   

白夜  

初めまして!


すごく素敵な小説でした!

なんだかんだで結局は土方さんに似たんですね、れおくん(笑)
いいと思います!!

コメント初ですが、何作品か過去に読ませて頂いてました。

沖田と神楽のラブラブはもちろんですが、私は土方とミツバの掛け合いもすごく素敵で大好きです(*^^*)

ツンデレ土方さんをちょっとリードしてあげる優しいミツバさんと、ミツバさんにだけはやっぱり甘い土方さん。

この2人の暖かい感じが大好きです!

私は年月→キャラメルパレットが中でも大好きです(^-^)神楽と沖田の甘い日常がすごく鮮明に素敵に描かれていて!

そして今回、
この物語にはすごく感動さしてもらいました!

銀さんが実は神楽の初恋だったという事実が明らかになったところ、柄にもなく涙がこみ上げました。

様々な作品に触れて、もっと銀魂が大好きになりました!

これからも応援してます。
頑張って執筆続けてください(^o^)!

2012/07/06 (Fri) 01:19 | REPLY |   
ツンデレ→愛花さんへ">

ツンデレ→愛花さんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→愛花さんへ">

こんにちは、愛花さん。
ご感想、ありがとうございました^^

私も神楽達や、土方達の披露宴を創作する事ができて、
とても楽しかったです。

まだまだ、至らない所ばかりかもしれませんが
愛花さんのお言葉、本当に嬉しかったです。

これからも、頑張りたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

ツンデレよりでした。

2013/05/23 (Thu) 14:22 | ツンデレ→愛花さんへさん">REPLY |   
ツンデレ→白夜さんへ">

ツンデレ→白夜さんへ  

Re: 初めまして!

ツンデレ→白夜さんへ">

コメントありがとうございます^^
ツンデレです。

小説、読んでくださりありがとうございました。
沖田、神楽と、土方とミツバの掛け合い。
そして、キャラメルパレット……。
沢山のストーリーを読んでくださり、ほんとうに嬉しい限りです。

長らく体調を崩してしまい更新が遅れてしまいました。
これからもコツコツとですが頑張りたいと思います。

またふらりと寄る事があれば、お声をかけて下さい ^^
ツンデレよりでした。

2013/05/23 (Thu) 15:50 | ツンデレ→白夜さんへさん">REPLY |   

Post a comment