年月 act 21

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いや~。あいつ等も大人になったモンだ。なぁトシ。公園を破壊せずにすんだぞ」
「近藤さん、どう見てもありゃ、修羅場突入だろうが。下手すりゃもっと性質が悪いぜ」

空笑いの近藤と、土方は、パトカーの中から一部始終を見ていた。
神楽が出て行った直後、沖田は一瞬駆け出そうとし、数歩歩いたところで立ち止まり、何かを考えたように再び神楽を追って走り出した。

子供たちは相変わらずパトカーに夢中だ。そんな子供達を山崎は目が回る思いでひたすらみていた。
時折高く鳴るクラクションの音を土方はスルーし、思わず額を覆った。

......
自分でも理不尽な事を言ってるなんて分かってる。
総悟の、「お前が先に捨てたんだろ?」の台詞が胸に刺さった。
図星だからこそ、ムキになった。
身勝手に帰ってきて、何を言ってるのかなんて、私が一番知りたい。
泣くなんて、おかど違いヨ。
ちょっと、ちょっとダケ頭冷やす時間を私に頂戴。そしたら素直に、頑張ってゴメンナサイって言うから。

細い路地越えて、塀伝って、屋根の上に登って、尻をつけ座って、そんで寝そべった。
空を見上げてみれば、綺麗な露草色が視界を占めた。

ドッドッドッドって心臓が早く音を刻む。走る事を止めた体から一気に汗が噴く。
……後で、ちゃんと謝る。自分で言ってることがおかしいって分かってるから。

ただちょっと、ちょっと、ねえちょっとだけなら、泣いていい?
出来れば自分をずっと忘れて欲しくなかったって、出来ればあたしの体の感触だけを覚えて欲しかったって
我侭思ったっていいデショ? 総悟には、もぅ言わないから。総悟の前では泣かないから……。

だからちょっとダケ、怒っていい? 後でちゃんと……謝るから。





「……っ……ふぇぇ……ぇ……ッ。総悟のばかぁぁぁッ―――――」

何で他の女を抱けるの?
どうして……。感触や、温度や、声、爪、皮膚、まつげ、口、鼻、呼吸……あたしは全部覚えてるのに……。
他の男でそれを重ねるなんて事、思った事なかったヨ?

分かってるヨ。分かってるから、、総悟の言ってる事が正しいからムカつくの。
反論できないの分かって言うから腹が立つの。

さっき、確かに伝わったと思った好き、や、愛してるが、今零れてる。
体が受け止め切れなくて、絶対落ちてる。総悟の体から零れてる。

総悟の髪も、口も鼻もまつげも、声も、体も、吸った息の名残も、吐いた息の温かみも、あたしだけが知ってたかった。
あたしだけのモノで居てほしかった。
何度も捕われた感情の渦の中でも、きっと総悟はあたしの事待ってくれてるなんて思ってた。

でも、何もかも私が悪い……。
総悟の言った通り、総悟が正しい。
泣いたから、怒ったから、ちゃんと成長したトコ見せなきゃいけない。
ちゃんと笑って、ゴメンナサイを……。

言えるよネ…あたし……。


・・・・To Be Continued・・・・・



Category: ★年月
Published on: Sun,  18 2010 19:52
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

Ayako  

神楽ちゃん・・
いたたまれないです;_;
確かに成長しましたね=(←何様?)
もうホントかわいそうだけど、えらいなあって思います!

総悟がどう動いてくるのか楽しみです♪

2010/07/20 (Tue) 09:07 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

コメありがとう ★☆★

人の心ってね、本当にしくて
言う事聞いてくれなくて、そんな気持ちがきっと神楽にも
あるんだと思うi-179

張れ、張れ、今だけなら泣いちゃってイイヨi-199!!
書いた私が思わず応援したww

2010/07/20 (Tue) 17:40 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment