非・日常的なせいかつ act 35

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓


自分達の曖昧ななこの関係…。溺れて行く自分…。
好きなのに、言う事も出来なくて、好きでいてくれてるのか分からないままキスに流される。
そんな事、自分とあの沖田に起こるとわ思わなくて、信じられなくて
でも実際今そうで。でも何となくずるずる流されちゃいけない。そう思ったんだ。

自分に告白する勇気が出来るまで、こんなダラダラした、フシダラナ関係は止める。
絶対止める。

神楽はそう決意した。
ただ人とは、そんな簡単に決意したからと言って自分を思うように何ぞ操れるはずも無いのは
神楽自身よく分かっていた。
自分を上手く抑えられないからズルズルになるのだから。

そう考えると、もっとも簡単なのは、近づかない事。話さない事。だった。
不自然だろうがなんだろうが、こんな関係を続けるよりはマシだと思えたし。自分の気持ちを
沖田に言える決心が付くまではと。ただ、遊ばれてると思ってる神楽には、その告白すると言う行為
がひどく勇気が居るものであり、又恐かった。

だから神楽はあの日の朝から沖田を避けるようになった。
自身から近づく事はなくなり、何かの節に近づく事や会話をする様な事があったとしても、自分の理性を総動員
させ、とにかく冷静に勤めた。

その神楽の様子にすぐに沖田は気付く。そしてそれは土方も同じだった。
神楽は土方には今まで通りであり、むしろ沖田と話す勇気が無いので、悉く土方にへと用件の際は振る
当然それを沖田は面白くないと言う目で見る。
時折、ワザと神楽に分かるように視線を向けるが、明らかに気付いていながら視線を合わそうとしない神楽。

イライラは募る。さすがにこの間のキスは強引過ぎたか…?
そう考えてみるが、そんなに嫌がっているようにも見えなかった。
では何故?考えるが全く分からない。しかも神楽が本当に土方と会話をするのをよく見かけるようになる。
土方も気付いてるが、彼はその問題に首を突っ込むのが面倒らしく、何も言わなかった。
沖田が、ワザと神楽に話題を振るが、しかもいつもなら殴りかかるような話題でさえ神楽は乗らず、適当に
返し、すぐに何処かに行く。
面白くない。そんな様子を近藤はとことん気付くはずもなく、つねに笑っていた。

一日目は、気付かなかった。二日目はアレ?と感じた。三日目は核心に変わり、四日目、そのイライラはよもやピークに達していた。
とっくに自分のモノだと思っていた。この女は落ちた。密かにそう思っていたし、それが嬉しかった。
が、それがたった一日。いや、一晩でガラリと変わり、その態度は前よりも他所他所しくなって居た

正直恋しかった。あの唇や温度。ただそれが欲しかった訳ではない
あの女のモノだから欲しかったのだ。
あの女に惚れてるからこそたまらなかったのだ。
やっと手に居れたと思った、その『形』はイミテーションだったと沖田は気付く
いや、少なくとも、あの夜あの晩までは、本物だったのだが、神楽の行動によって、時を遡り沖田にだけイミテーションにと『形』を変えたのだ。

あの部屋でのキス。思いが重なったかと嬉しかった
自分を受け入れてくれるその舌をより自分のモノだと絡めた
神楽の部屋で、神楽の香に包まれ目を覚ますまで、確かに核心を得ていた。

独占欲が自身の体を支配する。恋愛において、仕事や私生活に影響される…そんな事が自分の身に起こるとわ思っても見なく、余計そのイライラに拍車をかける。
仕事の合間、人を小ばかにした必須アイテム。アイマスクで視界を覆い昼寝を決め込むために瞳を閉じる
すると聞こえるのは落語や、土方の死体の数を数える声ではなく、人を馬鹿にした様に無視を決め込む一人の女の
声や、仕草、頬を染めた貌だった。

(クソッ…!)

乱暴にアイマスクを外すとバチンとゴムの部分が親指に当たり鈍い痛みを与えた
寝ることを諦めた様に、イライラの気持ちを増幅させたまま沖田は歩き出した


・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank
Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Tue,  20 2010 06:00
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

Ayako  

ままままままさか・・・!!!
いやー本当、いい意味で裏切られました!!
このままハッピーエンドに終わらせないのが、ツンデレ様の小説の魅力だと思います^^

神楽の焦らし、というかスルーと総悟のあせりが可愛い///
というかイミテーションの単語が出たときは思わず嬉しかったです。ボカロのあの曲を思い出して・・・ごほん。

ますます続き楽しみです^^

2010/07/21 (Wed) 18:58 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

コメントありがとうございます (●´ω`●)

のわぁぁ!!ボカロのあの曲とわめっさ気になるぅぅi-266
丁度今ボカロ垂れ流しながらコメ返ししてますi-185

てか総ちゃん、イライラしっぱなしっすi-261
でも神楽の事をスキってちゃんと胸で認めてるのは
大きな一歩といえるのでは…ないでしょうかi-185

ボカロの教えてねぇぇi-179

2010/07/22 (Thu) 04:26 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Ayako  

そうですよね!既に総悟の心は神楽のものですよね♪
お互い、自分の中では認めてるのは、たしかに大きな一歩ですね!!

「イミテーション」といって思い出したボカロの曲とは、
IMITATION BLACKというがくぽ・KAITO・レンの男三人で歌ってる曲です!!
もう一つ、imitatorというレン君の歌です!!
You tubeにもあります^^
どちらもめっちゃいい曲で、よく聞いてます♪
お勧めです*^^*

2010/07/22 (Thu) 20:17 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

コメントありがとうございます (*´∇`*)

イミテーション 、聞きましたよ!!イントロ聞いただけで、ぶわわわわ!って鳥肌が!
ありがとうi-237

あたしレン君大好きなのi-237
マジで好き、リンも、その次にミク
ループしてるヨi-175

2010/07/24 (Sat) 12:26 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment