年月 act 22

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
露草色の中、駆ける。ふわりふわりと、体は浮きながら、いくつもの屋根を舞う。
アチラ、コチラ、ヒラヒラ舞うように飛んでは足を付き、上から探す。
すると、一目で分かる、黒に包まれた隊服が見えた。
一瞬立ち止まる。下に降りる勇気をあたしに下さい。神様……。
すぅ…息を吸い込み、音も無く、その男の前にふわりと舞い降りた。

どんな顔をすればいいのか分からなくて、少し笑って、何か違う……目を伏せた。
そしたら、両手で、一気に引き寄せられた。
思わず顔面隊服にぶつけて、変形するかと思った。
格好悪い声が出なくて、ちょっとホッとした。

ホラ、ちゃんと言わなきゃダメヨ。
「総悟、ゴメンネ。」
あっ……言えたヨ、簡単に……。私やっぱり成長してるアル。

「いや、俺の方こそ悪かった。本当は、あんな事思ってなかった。無駄にお前を傷つけちまった」
あぁ。こいつも成長してるアル。ちゃんと謝ってくれた。
それだけで、十分。十分アル。

「もう、いいアル。私が悪かったネ。私が総悟と別れたから……。大丈夫アル」

「……お前、本当にもういいのか? 本当は許せねえんじゃないのか?」
「う、ううん。何でそんな事聞くアルカ? 私――――」
「お前、無理してんだろィ? 俺に罪悪感、感じて……そんなんじゃ、いつか疲れちまわァ」

苦い貌して総悟は笑った。
何で? あたし無理してないヨ? ねェ。ただお前と一緒に居たいだけ。今までの分、コレから―――。

何でそんな貌するの? 何で、何で……。
そんな顔……、いや、いや、いやアル!!

「別れない!別れたくないアル!」

気付いたら、泣いてた。あれだけ誓ったのに、私、顔くちゃくちゃにして泣いてた。
私の言葉に、総悟の胸板押して、まるで訴えるように叫ぶ私に……。

「へ…? てか別れねえけど。 ……何でそこに話が飛ぶんだ」
「ッ……だ、だって……疲れるって! 無理ってぇ! ふぇェ……エッッ……ヒック……」

沖田はふっと笑うと、ぐちゃぐちゃの神楽の顔を袖で拭いた。
そんな沖田の優しさに神楽は又もや泣き出し、沖田はたまらなそうに笑い、その体をゆっくりと抱き締めた。
「別れるわけねえだろが。無理しねえで、思ってる事を、わがままを、お前と言うモンを吐き出せっつーこった」
その体に 絡まる腕を、一層強くした。
「っふっ……い、いいアルカ? 嫌いにならないアルカ?」

可愛い奴……。そう沖田は言うと神楽の髪をぐしゃぐしゃとする。すると空気に舞う髪から神楽の香が舞った。

なれっつっても、なるかよ……。
沖田はそう顔をほころばせる。
嬉しい、でも何かやっぱり沖田には適わない歯がゆさで、神楽は下唇を噛み、泣いてる貌もそこそこ、口を尖らせた。


・・・・To Be Continued・・・・・

Category: ★年月
Published on: Tue,  20 2010 16:50
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

雪良  

そ総悟…なんて優しい男なんだ。
いやはやツンデレさんのお話を見ていると、すっっごくキュン♡ときて、乙女の時を思い出します☆(旦那いるんですけどトキメキなんてしやせん。まだ結婚して1年くらいなのに(爆))
ホント、ツンデレさんの話ええわあ♡なんて言うか、お話読んだら枯れてた女性ホルモンめっさ出てくるんちゃうかと思ってしまいます(笑)
また素敵なお話見せて下さいね。まだ私若いけど(笑)ツンデレさんのお話で女性ホルモン補充します。(アホな事ばっか書いてすみません)

2010/07/20 (Tue) 23:43 | REPLY |   
ツンデレ→雪良ちゃんへ">

ツンデレ→雪良ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→雪良ちゃんへ">

コメントありがとうございます ∑o(*'o'*)o

おぉ!雪良ちゃん、乙女の時を…!うれスィ~~i-237
そうです!バンバン思い出しちゃいましょうi-237
てか旦那様i-189いるんですねi-178しかもまだ一年のほやほや新婚さんi-179
いや、いや、ちゃんとトキメキはあるはずですヨ☆★ずっきゅ~んとなるトキメキがi-175

私の小説読むと、女性ホルモンが!!
その影響力に脱帽と、嬉しさがこみ上げます!!

いや、雪良ちゃんの違った一面が見れてちょっぴり嬉しかったツンデレですi-179

2010/07/21 (Wed) 04:24 | ツンデレ→雪良ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment