年月 act 23

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 「次、浮気したら許さないアル」
泣きべそもソコソコ、口を尖らしながら、目を腫らした顔でいじけた様に神楽は言った。
「絶対しねーよ。テメーこそ、本当に浮気なんざしてねえだろうな」
その沖田の質問に、神楽は少々考える様に宙を見ながら、
「してないアル」
そう答えた。が、その少々の間を沖田が見逃すはずもなく……。

「オイ。何でィ、今の間は」
「ぅあ? べ、別に……」
「別にっつー面じゃねえだろうが」
「お、お前みたくエッチなんてしてないアル」
「なんて……だと。オイ、じゃあ何はあったんでィ」
先ほどの優しく包み込んでくれた態度とは一変……兔の様にちぢこまる神楽をじりじりと追い詰める。
その声は低く、恐い。
「蒼の話しじゃ、テメーはどんな男にも靡かない、いい女っつー設定だったはずだが? あばずれだって事か?」

「あば?! 子供が寝静まってからちょっと遊んでただけアル! お前みたいに体の付き合いはなかったアル! ちょ、ちょっとご飯食べたり……」
「食べたり……その続きをさっさといわねえとぶち殺すぞクソ女」
「んな!? よくそんな台詞が言えたもんアルナ! 私のキスとお前のエッチとじゃ天と地程の差が! はわっ!!」

よもや口を滑らした。そんな顔で神楽は両手で口を覆った。
友達として遊んだりしてきた。ただそれは異性だったと言う事だ。
神楽にとってそこには全くの恋愛感情は成り立たず、いつもココロの中を占めてるのは、憎きこの目の前の男だけ。しかし他の男からすれば、なんとかモノにしたいと思う程の神楽は女であり、なかば強引に口を奪われた事もあった。

もちろんその後は徹底的にぶちのめすのは必須なのだが、沖田以外の男に免疫がさほど無かった事が仇となり
戦闘中はその勘はするどく研ぎ澄まされたが、
男からすれば、……『激しく恋愛』の対象と見ている女はあまりにも無防備だったのだ。
神楽は友と接する。が、男と言うモノをまだ理解してない所もあり、頭に馬鹿が付くほど簡単にその唇は奪われた。
そんな自分が恥ずかしく、子供にはいえず、ただ絶世の美女と言われていたのは確かだったので、その話と、子供の話しのみが、上手く、くっ付いたのだ。

簡単に奪われる自身の唇にいよいよ危機感を覚え、かといって戦闘でもないのに神経を研ぎ澄ますのは非常に疲れた。そこを男は巧みに狙ってくる。
時にはほっぺにちゅっと、時には、帰り際に、ちゅっと、時には男の愛を込めた懇親の一撃が舌と共にねじ込まれた。

ホッペと、軽く口にする挨拶代わりのキスは、長い年月の中、どうでも良くなり、神楽の『浮気』の定義からいつしか離れてしまっていた。
ただ時に、男が抑えきれなくなった、身を焦がすほどの口付け……。これについては、やはりまずかったかと、今更ながらそう思えたのだ。
なぜならば、沖田から突拍子もなく浮気をしてないのかと言う質問を聞かれるまで、この微妙なキスについて深く考える事がもはや、日常化しており、無かったからと言えたからだ。

「キス……だと……?」
沖田の目は完全に据わった。そして声は、先程よりさらに低く、太い。
しかし、よもや女を抱きまくったこの男に果たして、自分を責める事が許されるのか?
そう思うと、逆にイライラとしてきたのは言うまでも無い。
思い、反撃の言葉を口にするが――――――。

「お前より全然マシアル!てかお前に責める権利なんて―――痛ァァ!!ちょ、離すネ!総悟ッ!」

沖田は神楽の言葉を全く無視するとその腕を跡が付くほどギリっと掴んだ。
そしてずるずると神楽を、ひきずる様に足を出したのだった。


・・・・To Be Continued・・・・・

Category: ★年月
Published on: Wed,  21 2010 05:32
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

8 Comments

桜組  

非・日常的も大好きですが、妄想しまくりな私は
年月や彼氏も大好物です。
年月は妄想しがいがありますよね。
隼人くんは性格はみつばさん似?なのかな~とか
3人の神楽のとりあいは、すごそうだなとか。
双子ちゃんにおもちゃにされまくる山崎が
涙目で、ちらちら浮かんできます。
意外とトッシーが、かわいがりまくりそうとか。
ほんと、毎日更新楽しみで、チェックしにきては
過去作品読み返してます。
かっこよく育った双子ちゃんみてみたいな~

2010/07/21 (Wed) 14:53 | REPLY |   

Ayako  

ありゃ・・神楽ちゃん、総悟以外に唇を奪われていたとは・・・!!!

っていうか総悟ぉぉぉぉ!!それは理不尽だってば(汗)
でも怒るのも分かります。愛あるがゆえですよね^^

それより最後・・・
ちょ、ちょっと総悟くん、何する気==!?

久々にハラハラな展開で続きを待ちきれないですv

2010/07/21 (Wed) 19:07 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

コメントありがとうございます c(>ω<)ゞ

そうなんです!神楽たん、男に免疫が少なくちゅ~をされまくりですi-237
まぁ、総悟の事を言えないと言う。

しかも無自覚なので、さほど自分が悪いとわ
思ってなかったと…どこまで無自覚(

なので…総悟切れた!!キタコレ!!
ひっさびさの総ちゃんきれた~~どうなる!

2010/07/22 (Thu) 04:33 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→桜組ちゃんへ">

ツンデレ→桜組ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→桜組ちゃんへ">

コメントありがとうございます (〃´・ω・`)

桜組さん!!過去作品読み返しi-199
何てうれしいのぅぅ!!
特にあたし個人的に彼氏がめっさきなので
すっごくしかったぁぁi-175
てか、もっともっと一緒に妄想しましょう(笑)

双子の成長した姿…いいなァぜったいに格好良くて、有名になりそう!
あたし蒼君派!私は絶対隼人君派
的な感じで”!!あぁぁぁぁ!!
ヤバイ!アドレナリンがぁぁ ww

2010/07/22 (Thu) 04:42 | ツンデレ→桜組ちゃんへさん">REPLY |   

桜組  

更に妄想投下・・
双子ちゃんが高校生くらいに育った頃、
神楽と総悟は30代前半位ですよね・・
逆ハーレム!!
大人の色気のでてきているであろう総悟と
優等生タイプの隼人くんと
やんちゃな感じの蒼くん。
多分二人で有名っていうよりパピーの総悟含めて
有名になりそう。
(お父さんもかっこいいよね~みたいな)
かわいいくてスタイルがよくて
天然(自覚なし)のマミーなんて最強だろうから
3人とも神楽ばなれしなそうだし、
3つ子みたいに大騒ぎしてそう~
益々の妄想ネタ(材料?)楽しみにまってます

2010/07/22 (Thu) 14:06 | REPLY |   
ツンデレ→桜組ちゃんへ">

ツンデレ→桜組ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→桜組ちゃんへ">

ちょ!マジ興奮したし!

あたしも確かにそう思ってた。総悟とかますます色気とか出てそう!
文化祭・体育際…。それより何より、高校生だけど、一度くらい参観日みたいなのあればいいのに
とか思っちゃう。総悟が教室に入って来た途端、お母さん連中がもぅ目がハート…みたく。
先生が女なら、思わず話すの止めて見入っちゃう的な!

あっ。でもでもさ、体育際とかだったら、神楽がラフな格好とかで親の競技みたいのあるじゃない?
あんなので、他の生徒のお父さんと組んで、ありきたりな風船を抱きついて割るゲーム!
あれやって、でも中々割れなくて、神楽超一生けんめいでさ、必死にその男の人にぎゅうって抱きついて
総悟が超イライラすんの!

そんで、それ見た蒼と隼人がさ、「やべーよ、アレ、親父かなりキテんぞ…大丈夫か?」
とかって!
ヤッバー!もう書いてたら止まんない!

そんでそんで、蒼は好きな子とか出来たら、昔の総悟みたくさりげない優しさ。ぶっきらぼうに。
「仕方ねぇから持ってやんよ。」的な

隼人は、「重いでしょ?貸して。持ってあげるよ。」的な

もうもうヤバイ。二世小説作れちゃうって!!
あぁゴメン。あまりにも面白くて、今日は遊び加工文じゃなくてごめんね。
あ~楽しい!

2010/07/22 (Thu) 14:18 | ツンデレ→桜組ちゃんへさん">REPLY |   

桜組  

おお!なんか具体的な妄想になってる!!
ツンデレさん流石です。
そうですよね、総悟がやきもち焼いて
二人が心配してるってほんとありそう~
担任が男性でも色々ありそう。
二人が幼稚園の頃から、毎年かわる
クラス担任の先生を神楽が毎回秒殺とか。
若い先生とか保父さんには、たまらない~
みたいな。
先生下心ありありなのに何も気がつかない
神楽と、「あ~またか・・」と思ってる
蒼と隼人。
と、気がついてぶちぎれる総悟w
妄想楽しくなっちゃって色々
書いちゃいましたけどツンデレさんの
創作活動邪魔しちゃいそうだから、
自重しないと・・

2010/07/22 (Thu) 15:01 | REPLY |   
ツンデレ→桜組ちゃんへ">

ツンデレ→桜組ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→桜組ちゃんへ">

コメントありがとう (*´∇`*)

あぁ!みていただけたでしょうか?
ハイ、二世発行いたします!!

てか、桜組ちゃん、まず一言…
創作の邪魔になってナイナイ!!
めっさタノスィ~~!!
だって、今回のもきっかけは、桜組ちゃんとのやりとりだからねi-237
めっさ楽しんでるからi-266

家庭訪問とか、総悟めさピクピクしてそうじゃない?
蒼と隼人も心配で、いっつも帰ってくるの遅いくせに
その日は、早く帰ってきて、二階に居ながら
「オイ、聞こえますかィ」
「全然、何はなしてんだろ…」
なんて…。

んで「もうすぐ親父帰ってきちまわァ…早く終われやコノヤロー!」
なんて言ってそう!!
マジ感謝です★
楽しくて…!

2010/07/24 (Sat) 12:06 | ツンデレ→桜組ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment