読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

きっかけがあって、ほんの何十分で完成させた
でも、やっぱり神月は、私アリだと思う。
一応接点もあるし。
苦手な方は開けちゃダメよ!


続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ ふらりとやってきたあの男、月明かりと共に現れ、雲とともに消えていく。
淡い桜の髪は、血で染まった様…。
その何もかも否定する様な偽の笑顔さえ恋しくて
今夜も月を見る――


気まぐれに落とす唇さへ感情を揺さぶって、その根からあたしを全て奪う。
嫌い…嫌い…何度思う事を始めてみるが、丁度3回目になると口が止む
正反対のその言葉を本当は言いたい…そう奥で叫ぶ。

「逢いたい…何故…来てくれん…」

「そう言う頃だと思って来てみたんだけど。」
くしゃっと歪めていた顔の隣で不意に聞こえた声
振り向かなくても、分かる。欲しかった声…
いつも、こいつはそう…ギリギリまで逢いには来ない。
辛くて、逢いたくて、我慢の限界を超えそうなその時、見計らった様に、気まぐれに来る…。

憎くて、愛しくて、好きで、でも腹が立って…
ゴクンと涙を飲み込んだつもりが、全く飲み込めてなく、飲み込んだ事に安心した脳が、溜めた涙の膜を切れと言う。
自分の意思であって、自分の意思ではないその溢れた涙のとめ方など知るわけもなく、ひたすら溢れた

片手で貌を覆い、片手で今夜はもう帰れと手を振る
が、その男はその手を掴んだ

「月詠ちゃん、泣くほど俺が恋しかった?」
「―――ッ。わっちは、わっちはァ…強くなくてはならん、泣いてなど…ッ」

「ハイハイ。ヨッっと…」
この男はいつもそう。自分の線の中に私を入れない。
そのくせ、私が線を引いても容易くその線を越え、入ってくる。それも簡単に…。それを嬉しいと思う自分が浅ましい。
何もかも破壊する力を持っているこの男が、腫れ物を扱うように優しく自分を包む。
それが、何よりも、嬉しくて溜まらず、この男の背に腕を絡ませる

すると上から笑った声が聞こえた。
「俺も逢いたかったって言っても、君信じないでしょ?」

驚いた様に月詠は神威を見る。
濡れたその頬に、再びその優しい手が這う。
「ぬしも、逢いたい…そう思ってくれるのか?少しでも、ほんの少しであっても…」
「別に少しじゃないけどね、何で少しって言葉が出てくるか分からないけど…とりあえず。」

キスさせて――――。
耳元で囁く言葉に、くらりと足がもつれそうになる
その体を容易く支え、抱くこの男になら、いっそ殺されても構わない…

そう思う… 

※ちなみにラブラブなので殺したりしませんよ?


パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank
Category: 初めにお読みください
Published on: Thu,  22 2010 04:18
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

Ayako  

神月とは・・・!!
沖神や銀月とは違いややマイナーですが、いいですね!!
お互い強いってところは沖神とも似てます!!
ていうか月詠かわいいです///

パロディや長編も読んでみたいです^^

2010/07/23 (Fri) 18:58 | REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

i-179確かに

マイナーなんですよね。しかしあえて貫きたい!(笑)
月詠かわいい!私も大好き
きっとすっごく甘えベタで、ツンデレなんだけど
嬉しいのとか駄々もれで…i-175

ま、マジ長編
望んでくれたことが嬉しいですぅぅ!!

2010/07/24 (Sat) 12:44 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

真奈美  

本当にマイナーだww
でもいいかも//

神威好きだぁーっ!!

2010/09/11 (Sat) 11:25 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

本当は兄神も好きなんです。大好きなんです!
でも、どうしても沖田が浮かんでかけないんですよね・・・

そんで月夜とあわせてみたら、
アレ?結構いけるんじゃね?てきなww

2010/09/12 (Sun) 07:19 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment