年月 act 25

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(性表現アリです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 沖田は首筋に甘く噛み付いた。
すると声にならない神楽の、甘い悲鳴が、部屋の中で溶けた。
神楽は、緊張で固まる体が、チョコレートみたく溶かされていく感覚に侵された。
首筋に跡を残すあいだ、あまりにも長く空いた時間の波に、こんな時、何処を掴むのかさえ分からず
その細い手をシーツへと流し、そこをきゅっとつまんだ。
くしゃりと皺を浮き立たせるシーツを更に掴む。

そこまで来た所で沖田は一度顔を神楽にへと向ける。
先ほどの余裕はゼロ。目をきゅっと瞑り、ただただ下唇をかみ締めていた。

「神楽……」
名前を呼ばれることで、その体は固まりかけたが、その声があまりに優しかった事で少し安心し、ゆっくりと目を開けた
「緊張してますかィ」
沖田の言葉に、コクリと神楽は頷く。
「俺も」
その言葉に驚く神楽。
「お前も……緊張してるアルカ?」

「緊張してるっつーか、夢か本当か不安なだけ。実は今の今までが全て夢で、俺はそれに気付いてないだけかもしれねえ。それに今気付いた俺が、やっとの事で目を覚ますと、オメーが居ない日常を過ごさなければいけない……。それが恐いのかもな」

ふわりと、緊張の糸が、すべて溶けた様な気がした。
この男が? 自身ありげで、強く、弱みを見せない、いや、弱みなど無い男の、弱みになっている自分が嬉しかった。
目の前の朱の色も、不思議と恐くなく、その思いの分愛しかった。
神楽は、シーツの皺をそのままに、ゆっくりとその白い柔らかな腕を、今度こそ、その首にと絡ませた。
「本物アル……。私はお前の目の前に居るアル」

そういうと、神楽は沖田の首を腕で引き、ゆっくりとそのおうとつの隙間を埋め、内側から舌をねじ込んだ。
若干、驚いていた沖田だが、すぐにその舌を絡め取る。
左から、右から……隙間を埋める、その合間、沖田がゆっくり口を開く。
「どれだけ、キスしたんでさァ」
火照った顔もそこそこ、神楽は口を開く。
「どれだけ、ヤッたアル?」

少々のにらみ合いの中、その声は同時に響いた。
「私の方がイイって思い知らせてやるネ」
「俺の方がイイって思い知らせてやんよ」

堰を切るように、その愛撫が変わった。
透き通るその肌に無骨な手を這わす。
チャイナ服の隙間からその奥へと手を這わし、ウエストの部分のボタンを一つ一つと片手で外していく。
その上の方では、ついばむ様に、離れて、交して、離れて……とその温度がやむ事は無い。

沖田はふと、ボタンを外し終わって、そのチャイナ服をゆっくりと捲りながら、神楽はこうなる事を前提に、こんな脱ぎやすい服を選んだのか……? そう思った。
背中のチャックタイプは、頭から脱がなければいけなく、いつも面倒くさかった覚えがある。
だからと言って……、そう考えていると、神楽の手が沖田の鍛え抜かれた胸板にと伸ばされた。
「あの頃とは違うアル」
沖田はその両手を掴み、頭の上にやんわりと縫いつけた。
まもなく神楽の貌は淡く火照り、睨むように沖田を見上げた。沖田はにやりと笑いながら口を開く。
「そりゃお互い様だろィ」
そういうと、露になったその滑らかな曲線の上にある突起を、カリッと甘噛みした。
途端、神楽の貌は歪み、その甘い快感に一気に酔う。

神楽の手から沖田は手を滑らし、その曲線へと這わす。そして柔らかく揉みしだく。
甘い声が漏れ、部屋の中を侵食する。
成長したその柔らかい胸を、俺のモノだと丁寧に愛撫を重ねる
合間、神楽はいやいやと首を振って見せるが、そのしぐさが、余計沖田を煽った。


愛撫を堪能し、その手を再び滑らせる
ウエストを通り抜け、その場所にと、手を触れさせる――――。
「待っ……待っ……ねェ、総悟……」
顔をくしゃくしゃに神楽は瞳を潤ませる。今にも泣きそうに懇願する様に、沖田はの口元はあがった。

「オメー、どうせ濡れまくってっから恥ずかしいんだろィ?」
神楽は図星をつかれた様に、そして声にならない程に、その顔を耳まで赤面させる。
その表情を、沖田はさも満足であるかの様に見下ろし、ゆっくりとその手を一気に中へと滑らせた
突如、くちゅぅと言う音と共に、神楽の悩ましげな声が沖田の耳へと届き消えた。

その忍ばせた指を、ぬるぬるとしたその中で優しく暴れさせた。
すると神楽の体は瞬く間に火照り、撓らせた。時折、おおげさと言う程に体を跳ねさせた。
一際硬くなった其処を人差し指で引っ掻く。そして擦り付ける
すると体が即座に反応し、それは形を得て、神楽の内側から溢れてくる。ドンドン、ドンドンと…。

「総悟ぉッ……もう……駄目アルッ……おかしくなるアルぅ……や……ァ―――」

あの頃、沖田は、いつも神楽をこうしてなぶった。

何年もたった今だけれど、神楽は沖田の感触を、沖田は神楽の感触を、少しずつだけれど、甘く思いだしていく。
忘れようとしても、忘れられなくて、恋しくて、堪らなかった甘いこの感触。

沖田は生理的に流れた神楽の涙を舌先で舐める。
それに感動した神楽は体を震わせた。
沖田は神楽の桜色の髪に唇を落とす、シなる彼女の体に、何個もの唇を落とす。
トロンとなった神楽の瞳を見下ろしながら、ゆっくりとその手を引きぬき、其処に宛がうもの。
それは、ゆっくりと其処に埋められていく。時折赤面するような、淫らな音を出しながら、飲み込んでいく。

「はッ……ぁ……っ。くるし……ィ……よぅ」
より体を密着させながら隙間を埋める。キツク、しかしそこをこじ開けるように沖田は触れた。
神楽の貌が苦しそうな表情をさせる。
しかしその貌もすぐに甘く、蕩けそうに変わっていく。

ベットの音、ギシギシと絶え間なく鳴り、沖田の耳の奥には、長い年月をかけ、やっと待ちわびた女の甘い鳴き声が絶えず浸透されていく。溶けては消え、溶けては消え、しかしその分、浸透され、沖田と一つの細胞へと変化していく。それがとても心地よく、また嬉しかった。

「総悟ッ……総悟ぉ、総悟ぉッ……もっと総悟が欲しいアル。もっと体の中一杯に……ぁっ」
神楽の貌に、沖田はくらりと理性を離し、その行為に没頭する。
冷めぬ熱を、絶え間なく神楽へと打ち込む。

そのふとした合間、沖田は額をさらりと触り、ちゅっと音を立てた。そしてその神楽の顔を前に、5年ぶりに聞く、甘い囁きが耳元へと落ちてきた

「神楽……愛してやす」

その言葉に、神楽は打ち寄せる快楽の合間、空色に水を筆でまぜた様に潤ませた。
沖田からの、深い振動でその涙は瞬く間にぶれたが、消えることなく、間違いなく今が現実だと沖田に思わせた。
体と体の隙間なんかなくて、口と口のおうとつなんか全部塞いで、
沖田の酸素を私に、私の酸素を沖田に……。
悩ましげな声と一緒に二酸化炭素を吐き出して。
触れて、舐めて、溶け合って……。酸素と二酸化炭素に甘く苦くもある、その低く高い声を筆でぐるぐると混ぜ込んだ。











・・・・To Be Continued・・・・・

Category: ★年月
Published on: Fri,  23 2010 05:27
  • Comment: 7
  • Trackback: 0

7 Comments

あお  

朝からドキドキしちゃいました///
2人がやっと仲直りできて
本当に良かったです(^ω^)

最後の電話の下り…最高ですっっ!!!!
沖田ヤリながら電話しちゃいましたね~
土方の「何か声が聞こえんだけど…聞いてる?」って神楽の声ですよね~
ここのところあおの中ですごい印象残りました\(^O^)/
お気に入り決定です★★

2010/07/23 (Fri) 07:24 | REPLY |   

Ayako  

裏全開ですね///

土方さん相変わらずかわいそうな境遇です(笑)
そんな局面で電話しちゃうなんて!!
哀れ!!!

2010/07/23 (Fri) 19:04 | REPLY |   

Ayako  

P.S.120000hitおめでとうございます!!
隣のあいつ楽しみにしてます!!

2010/07/23 (Fri) 19:05 | REPLY |   

桜組  

今、何回目だよ!w
ってつっこみいれちゃったのは
私だけ??

2010/07/23 (Fri) 20:21 | REPLY |   
ツンデレ→あおちゃんへ">

ツンデレ→あおちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→あおちゃんへ">

朝っぱらからスイマセンでした!!

あの例の電話の会話i-179

あれ、書いてさぁ、UPしようってトコでふっと
頭に浮かんできて、思わずかいちゃったんですi-266

それを喜んでもらえてよかったぁぁi-179
神楽ァ!シー!!みたいナ(笑)

2010/07/24 (Sat) 12:40 | ツンデレ→あおちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

いかがでしたでしょうか…エヘ☆

描き方を変えるだけで、ほら、こんなにもエロくない(笑)
え?やっぱエロ

そこはちょっと大目に…。
頑張りました。見ていてエロさを残しつつ、あえて物語の状況を頭に浮かべる事ができたかどうか…
心配…。

でも結構楽しかった…かもi-179

2010/07/24 (Sat) 12:47 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→桜組ちゃんへ">

ツンデレ→桜組ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→桜組ちゃんへ">

突っ込まれて私も考えてみた…!!

少なくとも

3回は (笑)i-155
神楽はいやいやといいつつも、愛撫されて蕩けちゃうぅぅ的な!!

すくなくともだからね、ww

2010/07/24 (Sat) 12:59 | ツンデレ→桜組ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment