隣のアイツ 番外編 act 1 前

うひゃあ、120000ありがとうございます!
ね、間があいてるんだから、もっと早くから創作しときゃあ良かったのに…

コレ、毎回思って、今回も思う(笑)
ではでは、コレからも宜しくお願いします

↓↓↓



あいつ…何で本当に何もしてこないノヨ。
分かってるヨ、あたしがシタくないって言った事。でも律儀に守んなくたって…。


そんな理不尽な台詞が頭の中に浮かび上がるようになってきたのは
二週間程前からだった
イベントが多い夏。自分が言った事とわ言え、自分の中で沖田の気持ちが膨れ上がって
ドンドン大きくなって、もっと触れたい、もっと近くに感じたい…
そう思ったがあの男は神楽との約束を律儀に守って全く手を出そうとしてくる気配が感じられない

花火大会だって楽しかった。プールにだって行った。
でも行ったダケ、キスしただけ、自分が言い出しか事なのだが、そこの所を切り取って、丸めて投げ捨ててしまった神楽は、段々と矛盾した思考にその思いを巡らせて行く

沖田はと言えば、ぐるぐる目の回りそうな衝動に毎回耐えていただけ
神楽と別れたくなかったから、どれだけ自分が好きなのかを分かってもらえる手段が、あの馬鹿女の言うふざけた提案であり、それをキチンと守っていただけだった

大好きなのに…
いつしか、その言葉はそれぞれ違う思いを運んだ。

大好きだから、何もしない…
大好きだから、触れて欲しい…

......
本文

『今日遅くなる、先に帰っていいから。』

パチンと携帯を神楽は閉じた。
空へと息を吐くように、ため息を濁らせた。
どんどん、思いが大きくなる。大学の中で見てる時だって、歩いてる時だって、総悟は目を引く
色んな女の人が、振り返る。
ねェ、きっと、絶対あたしの方が好きの気持ちが大きい
すっごく大きいノ。総悟より、あたしの方が…

大きくなってく思いが膨らみ過ぎて、あたしの体には治まりきらない…。
ほら、馬鹿みたい、涙まで出てきた。

一言言えばいいダケ?
そんな事あたしの口から言えれる訳がないヨ。
もともとあたしから言い出したことなのに、それに、総悟がちゃんとあたしを好きでいてくれてるのか
今も、その、触れたいって思ってくれてるとか、分からなくなっちゃった。

別れる…?ううん、絶対嫌、そんなの絶対嫌…!
だったら、だったら…だったら…。

そう!総悟を我慢できなくさせればイイ!
あたしにまだ触れたいって思ってるとか、とりあえず置いといて、まずは総悟を『ゆうわく』して、
我慢できなくさせちゃえばいいネ!

そうと決まれば、と神楽は行動に出た。
家に帰り、まず浴槽に湯を張る。その間に帰ってきて、口実になるように食事を作る
溜めた湯の中に、入浴剤を入れ、その中に浸かる。絶対、絶対このチャンスをモノにする…!!
心身ともにリラックスをしたら、次は洋服。

チュニック?パンツ?うぅん、違う、そうじゃなくて、何かこう…。

あっ。そういえばこの間買ったばかりの…あった!真っ白のニットワンピース!
コレ絶対可愛い。しかも超ミニ!素足見せて…絶対コレで総悟を落とす!

食卓OK、後は総悟の帰りを待つだけ…。
いつも一緒に帰れない日は、必ずあたしの家に寄ってくれる。
ただいまって、そんでしばらくあたしの家で寛いで、自分の部屋に帰ってく。
だから後は、待つだけ…、、、、

そんな事を考えていると、外の方から声が聞こえてきた
神楽は顔をぱっとほころばせる。しかしその声は一つではない。二人?いやもっと…

思わず神楽はガチャリと扉を開けた
すると丁度今沖田は家の鍵を開け様としていたところであった。
そしてその後ろには、土方、山崎、近藤、と知らない女が4人程…

「アレ?何処か出かけるんですか?」
しばしの沈黙の中、山崎が口を開く
「エッ?何でアルカ?」
少々どもった神楽
「だって、今朝と服違うし…何か風呂あがり…みたいな」

まさかコレから男を誘惑するつもりに準備してましたなど言えるはずもなく…
「あ、姉御と買い物」
適当に答える神楽に今度は沖田が口を開く
「服着替えて、風呂まで入ってかよ。」

「や、だからこれは…。てか皆どうしたアルカ?」
そう神楽はちらりと女の方を見た。もはや神楽が沖田の彼女だと言う事は、大学中の誰でも知っている。
女は神楽と目が合うと、すぐに伏せた。
しかしその赤く染めた頬が神楽に伝えるモノがあり、何となく気に食わない

「あぁ、大学際が来月あるからその打ち合わせ。俺ら実行委員だから。」
「そ、そうなのカ。じゃ、あたしはそうゆう事で、失礼するアル…」

バタンと玄関の扉を閉める。
しばし立ちつくし、息を吐く… … …。

あ~!!もぅ、何でよりに寄って今日?てかあの女の子誰?あたし見たことないヨ!
絶対あの子達、トッシーか総悟のどっちかが好きアル!だって顔に書いてたモン!

玄関先で神楽は悶える。
計画は全部パァ。打ち合わせなんて何時に終わるか分からない
なんてタイミングが悪い…。

神楽はため息を付く。
そして携帯を取り出した…。

「もしもし、姉御?計画がパァ。だってネ、だってネ、それでネ…」
実はこの計画はお妙にも話していた。お妙は頑張ってと応援してくれていたのだが…
ひと通り愚痴を吐き出した所で、気晴らしに遊びに行く?との声。神楽はウンっと答えた

どうせココに居ても、楽しそうな声が聞こえるダケ…だったら気晴らしに遊びに行く!
と神楽はもぅ一度鏡を見る。外だったら、やっぱレギンスをあわした方がいいか?とも思うが、このニットワンピースを買いに行った時、店員に、足が凄くきれいだから、そのままの方がぐっと可愛く見える、そう言われた事を思い出し、やはりそのままで行こうと決めた。

小さめのバックを持って、最近買ったお気に入りの香水つけて、準備万端だと、ブーツを履いて玄関に出る。

ドアノブを押した瞬間に、反対側から扉が引かれた。
ぅお!っとそのまま神楽の体は前のめりになり、其処に立っている人物の胸へと飛び込んだ…


・・・・To Be Continued・・・・・

Category: ★隣のあいつ
Published on: Sat,  24 2010 05:20
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

雪良  

いやぁぁこの時を待ってました(*^o^*)
うゎ、番外編でてる!って思って早速読ませてもらいました☆
神楽ちゃん可愛いすぎる!総悟くんが好きでたまらないって言うのが、めいいっぱい出まくってますね(o^∀^o)
またこれが良いトコロで終わってるから、続きが気になってしゃーない(笑)
次回も楽しみ☆
ツンデレさん最高(>Σ<)

2010/07/24 (Sat) 06:20 | REPLY |   
ツンデレ→雪良ちゃんへ">

ツンデレ→雪良ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→雪良ちゃんへ">

いかがでしょうかぁぁ!!
とうとうあの二人が帰ってきましたですi-179

てかそんなにんで頂けるとわi-237

ツンデレさん最高(>Σ<)
>テンション上がったんだけどぅぅ!!もうれしすぎです!!

夕方もUPするから見てください

2010/07/24 (Sat) 13:12 | ツンデレ→雪良ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment