非・日常的な生活 act 41

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓

少々面倒くさそうに沖田は頭を掻きながら神楽を見て、口を開く
「おめェは俺には勝てねェ…。」
「自意識過剰はどっちアルカ。そっくりそのままお前に返すアル。」
「―――試してみるか?」

言うが早く沖田は神楽の間合いにあっと言う間に入る。神楽は息を呑み、目を見開く、瞬間防衛本能で体が勝手に後方へ飛ぶ。
が、それを軽く追いつくように沖田は更に神楽の間合いに入り、神楽の足目掛け木刀を払った。
それをすれすれで神楽は避ける。
しかし自分が思っていたよりずっと沖田が速い事に正直焦りを見せていた。
沖田は無表情に攻撃を仕掛ける。

「近藤さん、ありゃァ、総悟の奴ァ…。」
「あぁ、マジだな、チャイナさんに勝ち目はないだろう…あの貌になった総悟には…勝てまい。」
土方は、タバコの煙をふぅと吐く。
近藤は、何故そんなにムキになってるんだと言う貌をしている。

土方は思わず息を付く。
恐らく、恐らくだが、神楽の服のせいだろうと、土方の考えは的を得ていた
先ほどから沖田の視線が、他の隊士と同じ神楽の足にと行っていたのを、気付いていた
しかしその視線の意図が、たった一人だけ違った事を土方のみが理解出来たのだ。

沖田が自分がやると言った時にはその意図が理解出来ていた
だからこそ、自分は簡単に引き下がったのだ。
沖田のあの表情…あれは本気の目だと。恐らく早々に片をつけたい。出来なければ、それこそ痛い目に合わせようが…。全て的をえた土方の解釈。



一瞬、神楽の視界から消えた…。
上に気配を感じ見上げた時には、すぐ真上、木刀を振り上げている様が見える。
それを間一髪避ける。が、そのために体制が崩れる。
沖田は其処を狙い確実に神楽の喉元を狙った。

そして寸での所でピタリと止めた。
思わず神楽は動けなかった。自分は弱くない。けっして弱くない…沖田が桁違いに強いのだ…と。
ひやり、背中に汗が伝う。
尻餅をついた自分。

「だから言ったろ?おめェは俺には勝てねェ。」
無表情で言い放つ沖田に、神楽は唇を噛んだ。
「ま、まだアル…」
苦みばしる顔で神楽は言う。
すると沖田の視線が冷たいモノとなった
思わず神楽はゾクリとした。
細い拳をぎりぎりと握り締める。

「次は本気で行くぞ?どうなっても保障はもてねェ、骨が折れようが血反吐、吐こうが知らねェ。いいんだな?」
いやに静かで、冷静な声が、更に神楽の恐怖を煽った。
「…っ。―――参ったアル。」
神楽は俯き小さく言う。沖田が木刀を喉元から離す。
直後、神楽は立ちあがり、沖田の横を振りぬけて走り去ってしまう。

まだ沖田は冷たい視線を逃がさないまま、その場に立ちすくしていた。
隊士たちは、ゴクリと喉を鳴らす。
こんな一方的な…自分達が全くかなわなかった神楽を、まるで赤子の様にひれ伏せる沖田のその力、その瞳。
動けなかったのは隊士もだった。

そんな殺伐とした空気を裂いたのは、やはり近藤だった。
「総悟、どうした?あんなやり方お前らしくないぞ。」
「すいやせん…。あそこまでやるつもりじゃなかったんですが…。」
今頃になって、現実に引き戻されたような貌を沖田は見せた。
「まぁ、俺はいいが、ちゃんと一言チャイナさんに言っとけ。やりすぎたってな、そんで今日はすき焼きだとな!」
近藤が笑ったので、沖田も少し笑い、頭を下げ、その足で神楽の部屋へと向った




...

「チャイナ。」
障子の前、沖田は気まずそうに立ち声をかける。が、返答はない
まぁ、大体予想通りだと、項を掻く。

「チャイナ、悪りィが開けるぜ…。」
そう言うと、沖田はゆっくりと障子に手を掛けた。

が、其処には神楽の姿も、そして持ってきた少々の荷物さえ、何処にも見あたらなかった…





・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank
Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Wed,  28 2010 18:53
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

雪良  

ええええ!!!まさかまさかの神楽ちゃん失踪!?
まじでか!!ここでこう、総悟とイチャイチャ(笑)の展開にならないの!?
いやあ、ツンデレさんやりますね☆あなた様は神ですよ♡
いやあ、しかしまさかの展開でした。
神楽ちゃん何処行っちゃったのさ。総悟!早く見つけておくれえ(泣)

2010/07/28 (Wed) 23:32 | REPLY |   
ツンデレ→雪良ちゃんへ">

ツンデレ→雪良ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→雪良ちゃんへ">

もう書きたい事が架橋に近づいてきましたぁぁ!!

まぁ、ぶっちゃけ最初の設定と違ったモノにはなったけどi-179
最終的には同じになるように
持って行きます ww
まさかの展開と言われ、嬉しいッスi-237

確かにちょっとやりすぎでしたよね…

総悟は神楽を見つけられるか…!

2010/07/29 (Thu) 04:18 | ツンデレ→雪良ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment