非・日常的なせいかつ act 44

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 雨脚は、以前強く二人を打ちつける。
拭っても、次の瞬間には拭う前と何ら変わらない状態にへと戻る。が、それでも拭ってしまうのが人と言うもので…。

沖田は神楽を捕まえ、自分の方へ引き寄せるように抱かかえていた。
瓦を背にその両手はがっちりと神楽の肩へと回されている。全身が雨にと叩きつけられ、その皮膚は相変わらずばばちばちと痛い。しかし沖田は隊服を着こんでいるため、さほど気にはならなかった。そのままの状態で神楽の体へと視線をめぐらせた。やはりチャイナ服と言うことで面積が少なく、弾かれるようにその白い肌に絶え間なく雨は降り注いでいた。べったりとくっ付いたチャイナ服は体にピタリとくっ付き、更に先ほど転がった所為で太股に巻きつくようになっており、その太股はほとんど隠されてなかった。

神楽が手を離せば逃げ出すか…沖田は考えた。
しかし打ち付けるその肌をほっておくことも出来ず、びしょ濡れで、神楽を雨から守る事は出来そうにはないが、打ち付けるその痛みからは守れそうだと横たわる神楽の背を見つつ、沖田は起き上がり隊服を脱ぐ。
とりあえず、この雨を凌ぎたい…そう考えたが事が簡単に運びそうにないのは分かっている。
沖田はゆっくりと腰から足へと隊服をかけた

それに気付いた神楽が、体をビクりとさせた。そしてその隊服を退け様と細い手が伸びる。その手を沖田は取る。
離してと背を沖田に向けたままブンブンと手を振る。その態度にいい加減ムカついた。
顔をみせる事無く、先ほどからのこの態度。確かに悪いと思っている。だから誤りに行った。なのに姿を消し、あまつさえ軽いナンパに引っかかっていた。
腹が立っていたのは、本当はずいぶん前から。しかし悪いと思っているから下手にでてやった。
だが、沖田の性格ゆえに、それも限界だった。その手を掴み、引く。その引かれた反動で神楽の体は仰向けになる。見開いた神楽の瞳を無視するように、神楽の細い体の上にまたがった。
両手を屋根にと貼り付ける。神楽のすぐ上には沖田の貌がある。

目を真っ赤にさせた神楽の貌が沖田にはハッキリと見え少し良心が痛む。
沖田の後頭部に強い雨が打ちつける。だがそのお蔭で重なっている神楽の貌には、雫のみが垂れていた。
神楽はわなわなと口を振るわせた。
「もぅ、嫌アル、こんなの…いやアルっ…。」

「―――悪かった。」
雨音が激しく、はっきりと聞こえなかったが、それは確かに神楽の耳の奥へと届いた。
一瞬逸らしていたその視線を沖田に戻すが、潤んだ瞳から絶え間なく出ている涙を隠したく、しかしその両手は自由にならない事で又逸らせた。
下唇をかみ締め震え、泣く神楽。その頬に沖田は唇を落とした。両手をやんわりと退ける。その手をそのまま頬に添えた。
「好きだ…。」
逸らした視線の耳の上から聞こえた言葉に、思わず神楽はひゅっと息を吸い込んだ
そして恐る恐る沖田の貌を見る。
瞳はユラユラと水を浮かべ、零れ落ちる。自由になった手をぎゅうっと握る。雨で貌に張り付いた髪をそのままに神楽は首を振った。
「嘘ネ…お前絶対からかってるアル…いつもみたいに…きっと。」
「からかってねェ。」
「だったら、だったら何でっ!。」
其処まで行ったトコで神楽はぐっと口を噤んだ。そしてそのまま沖田を睨む
「好きだ。」
「嘘アル。」
「嘘じゃねェ!。」
「嘘ネ!。」
雨音が強く、バチバチと音を鳴らすが、それでもはっきりと聞こえた。
息を荒げ、上と下とで、胸を上下にしている。それが離れて、そしてくっ付くように上下してるのか、はたまた同じように方向にと上下しているかわわからなかったが、その速さだけは同じだった。

細い拳をベストの上へと叩いた。そこには何の力もなく、何か他の意味があるようにも思えた。
空いてる方の手は、くしゃりとベストを掴む。
睨むように自分を見るその蒼色をそのままに、ゆっくりと沖田は唇を重ねた。神楽の握る手の力が増す。
ゆっくり離れると鼻と鼻の僅かな隙間で、唇は触れながら、もう一度言う。

「お前が好きだ。」
神楽の貌がくしゃりと崩れる前に沖田はもう一度その唇を落とす。
首の後ろと背中に巻かれた温度が、この冷めた雨の温度の中とても温かく感じられた。
両手を隊服からゆっくりと沿わす。じわじわとその手は上り、やがて沖田の首へと巻きつけられた。

寒いから、それだけヨ。
あったかいから、たったそれだけネ。

自分の中で言い訳がましく理由をつけて、まきつけられた温度に、落とされた感触に、神楽は思い切り浸った…。



・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
沖神Rank
Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Sat,  31 2010 05:17
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

1 Comments

Ayako  

まさかまさかの連続で、また事故があって、そしてこの展開・・・!!
おいしい☆おいしいです!!
というか、
総悟くん!!やっと告白・・・///
それに甘える神楽ちゃんも、すっごくかわいいです♪

更に展開が気になります☆楽しみにしてますね!!

2010/07/31 (Sat) 23:04 | REPLY |   

Post a comment