年月 act 31

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 「すっげえ! 跳ねるぜこのベット!」
「本当だ! 跳ねるよこのベット!」
ダブルベットの上でぴょんぴょんと跳ねる蒼と隼人を見ながら神楽は微笑む。
そしてその脇にある、テーブルを挟むようにある二つの椅子の一つに腰をかけた。

そこに部屋の鍵と、明日の着替えをいれた大きめのバックを肩にかけ沖田が神楽と向かい合わせに座った。
神楽は、今もまだそのベットに夢中な蒼と隼人に視線を向け、そして沖田にへとその視線を移した
「本当にいいアルカ? なんだか勿体無いアル」
神楽が言ったのは、自分達に、用意してもらった、この部屋の事。
沖田は、神楽を見つめ、ふっと笑った。


「いや、別に大した事じゃねぇよ」



....

沖田が銀時、土方と共に浴室を出てくると、そこには既に神楽とミツバの姿もあり、女である自分達より長風呂とは、一体どう言う事だと神楽に悪態をつかれた。
神楽の手には瓶のコーヒー牛乳が握られており、そして蒼と隼人の手には同じように瓶の牛乳が握られていて、新八、山崎、ミツバもそれぞれ片手には自販機のジュースを持っており、扇風機に皆して当たっていた。

その光景を見た銀時は、すぐに定番の500mlの苺牛乳をもとめ、売店へと急ぎ、
程なくほくほくした顔で戻ってきた。そして、風呂上りにはやっぱり、コーヒー牛乳アルと言う神楽の言葉に銀時は、苺牛乳の間違いだろうがと、つっかかり、程なく、言い合いを始めた二人を他所に、土方と沖田も瓶のコーヒー牛乳と牛乳を買う。どうやらここでもひと悶着起きそうだと新八と山崎は肩を落とした。

そんな様子を見てミツバと近藤は微笑む。
蒼と隼人は自分の父親である沖田とそっくりなミツバを、やはり不思議な目で見ていた。
頭をミツバが撫でてやると嬉しそうに抱き付く。しかしミツバが二人を抱くことが出来るはずもなく、近藤が軽く二人を抱かかえてやった。
すると目線がぐっと高くなった光景に2人ははしゃいだ。

一時、旋風機に当たり、それぞれが談笑をする。久し振りの銭湯と言う事で、それぞれの顔も何やらテンションが高そうだった。蒼と隼人はぐるぐると広間を走り回り、度が過ぎ神楽が一喝する。
すると大人しくなった…のはほんの五分程で、まず蒼がそわそわとしだす。それにつられ隼人がちらちらと神楽を見る。その視線を神楽は合わそうとはしない。
目を合わすと負けてしまいそうになるからだ。その可愛らしく無垢な瞳に…。

それを見ていた沖田は隼人を抱き、そのまま肩に乗せた。
一気に高くなった視界に隼人は思わず声も出せずに感動しているようだった。満足そうに下からその様子を沖田は見上げる。すると当然もう一匹、言い出す子がいる訳で。

とても不機嫌に無言で沖田の服の裾を引っ張る。
その顔は酷くぶっちょうずらで。それを見かねた銀時は、ひょいと蒼の体を持ち上げ、肩に乗せる。
目を大きく開き、隼人と同じように言葉が出せない程、そのいつもと違う目線から見る光景に釘づけになっていた。

その様子を神楽はミツバと見ながら微笑んだ。
側にいた、新八も柔らかい笑みを見せ、近藤、山崎、土方も仕事の時とは別人な表情を垣間見せた。



そして、談笑もそこそこ……いざ帰る時になって、再び蒼がごねだした。
「母ちゃんと父ちゃんと一緒がいい!!」
どうやら、帰る場所が違うと言う事に、不満があるようで。

「だからそれは無理アル」
それを、母親である神楽が、どうにか宥めようとしてはみるが、
「いやだ!」
まったく、受け入れてもらえず。

「蒼! いい加減に―――」
神楽は聞き分けの無い蒼にいつもの様に見幕をみせたが、それを沖田が口を挟むことで止めた。

「まぁ待て、皆で寝られるトコがあるが……行くか? ふっかふかのベットもありやすぜ?」
 


そう言った沖田の言葉で連れてこられて来たのは、ホテルの一室だった。
滞在先で、ホテルには何度も泊まった事があった蒼と隼人だったが、この様なふかふかのベットに横たわるのは初めてだったため、そのテンションは上がった。
ぴょンと高く飛ぶと、容易にそのベットは撓り、蒼と隼人の足を飲み込み、次の瞬間大きく二人の体を跳ね上げる。
スイートとは言わないが、そのホテルの一室は広かった。
夜景を見渡せるその大きな窓ガラスからは、夜の街のネオンがキラキラと輝いた。
神楽はしばらくそこをのぞいていた。すると椅子に腰をかけて居る沖田が、神楽を呼んだ。
しかし神楽はその窓から動こうとはしない。沖田は着替えなどをテーブルの上に無造作に置き、神楽へと近づいた。

「どうした?」
神楽は今沖田に気が付いた様だった。そしてふっと笑い窓ガラスの奥にあるこの街の光景に目をやった

「帰って来たアル。この江戸に……。この街に……もぅどこにも行きたくなくて……。懐かしくて、嬉し過ぎて、泣けてきたアル」
そう言った神楽の頬には筋が一本伝った。その筋を沖田は拭う。そしてやんわりと肩を引き寄せた
「何処にもいかせねえ。ぜってえな。もう離さねえよ」

見上げるように神楽は沖田を見る。沖田は神楽のおでこにちゅっと落とす。
神楽は腕を回し沖田にぎゅうっとしがみ付く。

すると、不意に下から引っ張られた感触に包まれた。見てみると、蒼と隼人が沖田と神楽の服を引っ張っていた。
目を合わせ二人は笑い、二人を抱き上げた。
窓の外を指さし、あそこはね…そういいながら神楽は笑う。隼人は沖田に抱かれながら、その綺麗な夜景に幼いながらも目を奪われていた。
その隼人を、そして神楽と蒼を、柔らかい眼差しで沖田は見た。

その光景は、今日初めてあった父と子の姿ではなく、もう何年も一緒に過ごしてきた、幸せな家族の絵そのモノだった……。



・・・・To Be Continued・・・・・

Category: ★年月
Published on: Sat,  31 2010 06:21
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

雪良  

とっても素敵なお話でした☆もう親子愛がグーっと伝わってきて心が温まりました。
さっきちょっとささいな事で旦那にキレてしまいまして(笑)この話を読んだら「やっぱ親子仲良しが良いなあ~」とか思って、仲直り?といっちゃ何ですが、ちょっと旦那に優しくし接してみようと思いました。
何かしょーもない事書いてすみません。
ツンデレさんのお話ってキュンとしたり、時には勇気づけられたりします。返信のコメントもグっとくるような事ばかり書いてもらえるので本当嬉しいです♡
これからもずっとファンでい続けますよ~☆

2010/07/31 (Sat) 21:36 | REPLY |   

Ayako  

お久しぶりです!!!お返しのコメ読みました☆ありがとうございます*^^*
そしてツンデレ様のエールのおかげあってか・・・
なんと!!部活史上7年ぶりに県大会出場です!!!
まさかでものすごいびっくりしました!!
のでまた1週間ほどしたら2,3日コメできなるかもしれないのです(泣)また直前に連絡します!

ではやっと本題へ(笑)
4話連続で読みました!29,30のギャグにはもう本当、爆笑でした。久々に実家で読んだので、まったくはばからずに一人で笑いました(笑)
父ちゃんを取り合う双子・・・かわいすぎる・・・
そして母ちゃん強し!!二人の喧嘩もすぐやめさせちゃうなんて・・・!銀ちゃんも言ってましたが、すごい苦労したんだろうなと思います。神楽ちゃん、お疲れ様。
そして今話・・・
ラストォォォ!!感動です!!
やっと、やっとですね。家族として四人が揃って、みんなで同じ景色を眺める。
じーんときました。笑っていたはずなのに、いつの間にか涙がたまっていて・・・

これからも私の癒し源の笑いと感動をお願いします!!

2010/07/31 (Sat) 22:53 | REPLY |   
ツンデレ→雪良ちゃんへ">

ツンデレ→雪良ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→雪良ちゃんへ">

些細な事でキレたですと!!

な、ま、まぁそんな事もありますよ(>▽<;;
うちも前はマジでしょっちゅうでした
えぇ、そりゃあもぅ、市役所に例のアレを
取りに行こうと何回思った事かと(笑)

そうですそうです、旦那さんには優しくヽ(=´▽`=)ノ

私は優しくしてないですけどね (エッ?!)
私のコメントできゅんとなってくれるとわ…☆
嬉しい限りです!そのきゅんをちょっとダケ旦那さんに
分けてあげましょう☆もっと幸せになれるはずです

(何の相談所!!∑q|゚Д゚|p)
ナンか太字とかに出来なくなってたので…ゴメンネ☆

あっ!ちょっと協力してほしいのですが、なにやら
沖神RANKの調子がすこぶる悪いようで、ランキングをぽちっとブログの
ほうから押して数が増えてるかみてくれないでしょうか?
お手数かけます。

2010/08/01 (Sun) 10:56 | ツンデレ→雪良ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

のわぁぁぁ!!
県大会優勝??
すっげぇぇぇw(*゚o゚*)w

おめでとうございますぅぅ☆
おぉ!実家でごらんくださったんですね、
しかも一人で笑って…そりゃさぞかし変ね目でみられたかと(笑)

いやいや、マジありがとうございます

年月は感動系ですかね☆
あっ!でも裏も珍しくあった★
おきづきかと思いますが、あまり裏をブログでは公開してないんですよ★
その理由の一つは、コピー本の特権にするため。
もう一つは、毎回裏ばかりは私がかけないと言う事で・・・。。
だから珍しかったんですよ★年月は(*´∇`*)

2010/08/01 (Sun) 11:46 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment