年月 act 33

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
それは、翌朝、神楽の爆弾発言で、唐突にふって沸いた話だった。

「ミツバ姉の赤ちゃんが見たいアル」

ぶふぅぅ…………っっ !!




.....

チェックアウトである10時にホテルのロビーに下りると其処にはミツバと土方が居た。
土方はめずらしく私服で、ミツバと一緒にホテル内にある喫茶店でコーヒーを飲んで居た。
先に気付いたのは隼人で、一目散にミツバの所へと駆けて行く。それに続き蒼が土方の元へと駆けた。
神楽と沖田は顔を見合わせ、土方とミツバの元へと足を向けた。

「どうしたアルカ?」
「おはよう、神楽ちゃん、あのね、十四朗さんが今日は夕方からでね、朝食をと思ったの。それでどうせなら神楽ちゃんもと思って来ちゃったのよ。」
そう言うとミツバはあらかじめ広めの席を取っていた事で今も空席であるその椅子を引いた。
神楽が座り、その横に蒼が座る。向って反対側の土方の隣には隼人が座り、その横に沖田が座った。
神楽は、メニューを取り、ジーと見る。
その目は至って真剣そのものだった。

沖田は神楽からメニューを取り上げる。すると神楽は頬を膨らませ沖田を睨んだ。
が、それを沖田はたやすくスルーし、店員を呼び寄せ、早口に注文を済ませた。
神楽が何か言いたそうにしてるが、それを全く気にする事なく沖田は口を開いた。

「今日は俺が非番なんでさァ。姉上、このマヨラーを置いて、一緒に出かけやせんか?」
「オイ、総悟…。テメー朝っぱらから喧嘩売るなんザいい度胸じゃねェか、上等だ。その喧嘩買ってやるよ!三倍返しでなァァ。」
青筋立てる土方に、神楽が軽快に突っ込む。
「だぁぁぁ!お前らはどうしていつもそうアルカ!蒼や隼人の方がよっぽどおりこうアル!ね?ミツバ姉!」
「ふふっ。本当ね。蒼ちゃんや隼人ちゃんの方がずっとずっとおりこうさんね。」
一触即発な土方と沖田をジロリと睨み、神楽はその視線を掌を返したように優しく蒼と隼人に向けた。
沖田と土方は隼人を挟み、しばらくも火花を散らしていたが、料理が運ばれた事で落ち着いた。

土方は朝食を済ませ、すでにコーヒーを口にしていた。そして沖田は来たばかりのコーヒーを飲もうと口につけた。
そこに神楽が何を躊躇する事も無く、先ほどの台詞を口にし、この話は冒頭へと戻るのだ。








「あっちィィ!!」
「お、オイ、オメー何言ってやがる。コーヒーがミツバにフルでかかっちまったじゃねェか!」
土方はミツバの着物に盛大にコーヒーを吹き出してしまい、それをお手拭で丁寧に取っている。
沖田は吹いた時に盛大にしぶきを口に当て、声を上げていた。
「てか総悟、私にもかかってるアルヨ。」
神楽がこめかみをピクピクとさせながら静かに言う。
「オメーがわけわからねェ事を言うからじゃねェか!」

「きったないアル!てか別におかしくないアル。ミツバ姉に体調の事ちゃんと聞いたら、平気だって言ってたから…。」
「その話しはヤメロ。頼むから止めてくれ、こんな所で。」
「ふーん。」
真っ青なチャイナ服にコーヒーをぶっ掛けられた神楽はゴシゴシとお手拭でそれを拭きながら口を尖らせた。
ただ、ミツバの困った様な顔を見て、すこしだけ反省をする。
別に嫌味で言った訳でもなく、催促したわけでもない。
ただ、蒼を、隼人を見るミツバの目が本当に優しくて、多分、欲しいんだろうなァと思ったのだった。
だから聞いてみた。コソコソ聞くのではなく、はっきりと聞きたかった。

悲しそうな顔をさせようとしたわけではなかったのに…。

そんな神楽の様子を見ていたミツバは自分の着物もそこそこ、神楽の頭に手をやった。
「ありがとう。神楽ちゃん。ただコレばかりは神様からの贈り物って言うでしょ?
その時が来ればちゃんと私の所にも来ると思うの。その時までは蒼ちゃんと隼人ちゃんを可愛がってもいいかしら?」
神楽の頭をなでなでとミツバは笑った。
大きく神楽は頷く。何となく神楽の真意が分かった沖田と土方は、全く同じように項を掻いた。
その後も朝食は進む。神楽は当然だが足りないと言い張った。
沖田は、メニューをため息を吐きながら取ると、さっとそれを神楽は取り上げた。
「私が選ぶアル!」
「あんま食うと太るぞ。」
「はっ!その手にはのらないアル!太ってないヨ!」
「そうかァ、やっぱ10代の頃より肉付きがいいと昨日も思ったがッハッ!」
神楽はフルパワーでメニューごと沖田の頭に手を振り下ろし、直撃させた。
フルフルと震える神楽に沖田は、危うく意識を手放しそうになり、ミツバは笑い、土方は呆れていた。

蒼と隼人はケタケタと笑った。
神楽はくちにケチャップをつけた蒼の口を綺麗に拭ってあげると、ミツバが反対から手を綺麗に拭ってあげた。
満足気な蒼を見た隼人はまたもや口を尖らす。何度も言うが、隼人の手や口は汚れてなど居ない。
それを沖田は、あるものとし、丁寧に口を拭う。
すると何を思ったのか土方もミツバと同じ様に隼人の手を綺麗に拭いてあげたのだ。

これには神楽、ミツバ、沖田は目を丸くした。

神楽の一言で確実に土方の中で、小さく変わったものが出来たと、照れた土方を見ながらミツバは小さく微笑んだ…。



・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★年月
Published on: Mon,  02 2010 15:58
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

雪良  

総悟もトッシーも良きパパな雰囲気を醸し出してるじゃないですか(*^o^*)
愛感じます☆
そさて、もち、私もミツバ姉達のお子様みたいです(笑)

あとですね、以前のコメントで言ってもらった沖神Rankuの件ですが、カウント受け付けてもらえず( ̄○ ̄;)何で?携帯から見てるから??
いや、パソコンも見てますケド、ちょいと今外泊中なんでパソは使えずにいますが…
とりあえず上手く行きませんでした(ρ_;)すみません

2010/08/02 (Mon) 22:48 | REPLY |   

Ayako  

おおおおおお!!トッシー!!

でもなんだかんだ世話焼きさんな彼は総悟に負けないいいパパになりそうですね☆

ていうか総悟くん人前で問題発言を(汗)
これって昨日ヤっちゃったときのことを・・・以下自粛(笑)

雪良さんも仰っていましたが、あたしもミツバさんの子供みたいです!
ミツバさんもきっといいお母様になるんでしょうねーー^^

楽しみです!!

2010/08/03 (Tue) 22:40 | REPLY |   
ツンデレ→雪良ちゃんへ">

ツンデレ→雪良ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→雪良ちゃんへ">

トッシーは多分、すっごくいいパパになるんじゃないでしょうか?☆

もともと上と下に問題児を抱えてる節があるんで
世話を焼くのは何か得意そうだと。

ただミツバちゃんの体を気遣うのが先行してるだけなんだと思うi-185

きっと総悟を怒る時みたいに
いっつも仕方ないとか面倒くさそうな顔して
でも、其処には目に見えない愛情がある!
そう感じますi-175

2010/08/05 (Thu) 11:57 | ツンデレ→雪良ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ツンデレ→ayakoちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ayakoちゃんへ">

ミツバさんは、ぜったいぜったいいいママになる!
毎日、家でね、おやつとか作って待ってるの!
そんで、「ただいま~。」って帰ってくると、キッチンから甘い匂いさせて

「今日のおやつはドーナツよ。」
なんて微笑んでそうだi-237

うわぁぁあ!トッシーうらやましすぎる!!
神楽は
「ドーナツ作ったけど…失敗したアル~~!!」なんて沖田に言ってそうだ(笑)

そして沖田は、神楽の体が魅力的になった事を
わざと意地悪でいったんでしょうね☆

2010/08/05 (Thu) 12:49 | ツンデレ→ayakoちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment