非・日常的なせいかつ act48

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓


麦わら帽子の中に、湿った汗を感じたが、それでも遠出をしなければ大丈夫だと神楽は海に足首をつけた。
ちりちりと焼ける様な肌が、一瞬で溶ける様な感覚。
神楽は顔を緩める。足踏みをすると、太股まで水が散る。短めのワンピースが風に揺れる。
そんな事に目もくれない様に神楽は、足をちゃぶちゃぶと浸す。
いっそ目の前で泳いでる人に混じって泳げたらどんなに幸せだろうと思う。

神楽は『海』を手ですくった。日の光でキラキラと光る海に釘付けになる。
少し舐める。表面上は普通の水と変わらないのに、海全てがこのようにしょっぱいのは何でだろうと神楽は不思議に思いながら何度もすくう。
辺りの光景を見れば見るほど、一人で居る自分が何となく惨めでたまらない感情に襲われる。
ただ自分の性格上、押し寄せる女を退け、沖田のところに行けるほど甘え上手ではない。
いや、それどころか、沖田が告白してきたまま自分は何一つ言っていない事に気付く。
まだ自分達は恋人でさえない。自分で気が付きショックを受けた。

濡れた手をそのままに、ぶらぶらと歩く。ちょっと歩き過ぎたか…。
そう思った時には、足がもつれた。海辺伝いに歩いた結果、少し離れ過ぎたと後悔する。
海の家は連なっているが、駄目だ。金がなければ入れない。
ぼーとなる頭を一生懸命に振る。なんとか影だけでもと、家と家の間の影にへと腰を下ろす。
狭いその間に、涼しい風が抜けた。あまりの心地よさに、ゴロンと砂地に寝転がる。砂さえもほんのり温かいだけでそれがまた心地よい。神楽は麦わら帽子をお腹の上で持ち、仰向けの状態でその風に身を任せた。

なんと言う気持ちよさかと、神楽はうとうとしはじめる。
意識はもうろうとしはじめ、こっちにおいでと眠気が手を招く。それに任せるまま、神楽は微笑みながら目を閉じた――――。


......


…イナ。…チャイナ!
外界から自分を呼ぶ声。
誰だろう。あぁ、でもこの声、知ってる――。

ゆっくりと瞼を神楽はあけた。
「オイ!しっかりしろ!」
「お…きた?」
神楽の意識が覚めた事を確認すると、沖田はペットボトルのスポーツ飲料の口をあける。
そして神楽の口に、飲めとくちをつけた。それを神楽はゆっくりと飲む。沖田に抱き起こされた状態だったので、すんなりと口の中を潤わせてくれ、ゆっくりとその意識は覚醒して行く。
「お前…あれ?何で?あたし来てる事…。」
「近藤さんから聞いたんでィ。お前が1時間たっても帰ってこねェって。お前が来てるって。何で俺に言わなかったんでェ。聞いてたらおめーから目を離さなかったっつーのに。」
「だって…。」
女に囲まれて腹が立ちましたとは流石に言えず、神楽は言葉を飲み込んだ。

よくよく沖田を見てみると、額には汗がふき、その汗は首に伝い、シャツをビッショリと濡らしていた。
今まで散々走り回っていたのだろうか、走り終えた事で一気に汗がふいているようにも見える。
そして実際、その通りだった。
近藤は神楽が一時間立っても帰ってこないのを、やはり行かすべきじゃなかったと自分を憤怒し、やっと女どもから若干解放された沖田と土方を呼びつけ話す。
土方は、面倒な事に…とため息を付いた。しかしその頃には沖田は居なかった。
自分の視界に入った一瞬の影。アレが神楽だったのかと…。
沖田は走った。とりあえずやみくもに。けれどこの広いビーチ、麦わらに白のワンピースなんぞいくらでも居る。
近藤は、麦わらの中に神楽は桃色の髪を隠していたと聞き、だからあの時分からなかったんだと焦る。

後から後から汗が噴く。それをシャツで拭う。イライラが募る。舌を鳴らす。
それでも走り続ける。倒れていると言う話しも何もコチラ側に入ってこない所をみると、人目につかない所かと沖田は考えた。家と家の間に白いワンピースがはためいているのが視界に入る。通り過ぎたその細い道を体にブレーキをかけ戻る。
すると間も無く白い足も見えた。砂の上を走りこむ様に神楽の元へ走りこむ。
意味もなく動機がする。走っていたためか、それとも別の何かか…。若干震える手で触ると比較的温度は安定しており寝息を立てているのが分かる。沖田は脱力して尻をつく。
そしてその頬に、手をかけ、声を出したのだった…


・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓
Category: ★非・日常的なせいかつ
Published on: Sat,  07 2010 14:45
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

玲桜  

よかったー!!
良かったです!!

助けた時の総悟くんかっこいい!!

でも確かに二人はまだ、恋人ではないのですね・・・

どうやって二人は恋人になるのか!!??

2010/08/11 (Wed) 17:10 | REPLY |   
ツンデレ→玲桜ちゃんへ">

ツンデレ→玲桜ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→玲桜ちゃんへ">

そ・う・なのです!
2人はまだ彼カノではないの☆

さて、さて、これからどういう風に持っていこうかな♪

2010/08/13 (Fri) 20:15 | ツンデレ→玲桜ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment