や き も ち act 6

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓

「――――総悟、お前いいから帰ってろ。今回の事は俺一人で対処しとくから、」
すなっく、【お登勢】。通りには、既にあちら、こちらの店へと消えて行く人の影、その店から出てくる影とが、混ざり合っていた。
土方は、今日何本めかのタバコから、息を吐いた。そして口を開いたのだった。
沖田は店を出てから一度も言葉を口にしてない。そして、今の土方の言葉にも全く反応を見せなかった。
土方は、大きなため息を付く。頭を掻いた。肩に手をかけ、引く。
「ほら、いいからお前は―――。」
そう言いかけた言葉を、喉を鳴らして飲み込んだ。
暗く、翳った、その瞳。自分に向けられる殺意そのもの。とばっちりも、いいとこだった。

言葉を話さないんじゃない。話せないんだと土方は気付く。
恐らく、ギリギリ、ギリギリの所で精神を繋いでいるんだと。近藤の手前。暴れてはいけない。
その理性一本で、自分を抑えているのだと。だからと言って、帰れるわけが無い。沖田の、神楽への執着が半端なものではない事を、この男も知っているからだった。
今のこの沖田の状況に、土方は、正直感心さえしていた。これがもし、もし近藤が絡んでいなければ、簡単に暴れて、神楽は引きずり出されていたに違いない。

土方の説得も虚しく、沖田は土方の手を払い、中へと戻る。土方は舌を鳴らす。そして二階を見上げた…。

近藤は、沖田の姿を確認すると、ムンクの叫びに近い、いや、それよりも酷い表情を見せ付けた。
しかも、肝心の土方の姿が見えない。
トシィィ?!何処行ったのぉぉ!?
そんな遠吠えが聞こえてきそうだった。沖田は近藤の隣に座った。

沖田は帰る気などさらさら無かった。今自分が帰っても、近藤が気をきかせて全員で帰っても、神楽自体はまだこの店を終えるわけではないのだから…。

そこに、神楽が現れる。沖田の姿を確認すると、顔を分かりやすく引きつらせた。
が、しかし、あくまで仕事中。しかも自分が引き受けた仕事ゆえ、途中で投げ出すわけにはいかなかった。
神楽は、目をつぶる。ふぅ。息をゆっくり吐いた。そして沖田の待つ席にと向う。

神楽の姿を確認すると、義正はすぐに声をかけてきた。
今日はまだ、手をつけられてない肉まんを進める。が、神楽は、今日は忙しくなる日になりそうって、今言われたからと上手くそれを交わした。

先ほど注文されていた、水割りをそれぞれの前にゆっくり置いていく。義正は、神楽にありがとう。そういいながら受け取った。神楽は軽く微笑む。近藤の前に置き、沖田の前に置こうとすると、手がカタカタと無意識に震える。その所為もあり、コースターの上に置いたと思ったグラスの安定感が悪く、カタンと音を鳴らし、沖田側へと水割りは流れていく。神楽は焦る。奥からタオルを取ってくる。

その間、まったくの沖田は無反応だった。神楽がドジをするのは、日常でもよくある行動だった。
沖田と一緒にご飯を食べにいって、グラスを引っ掛け、沖田の方へと溢す。そんな事しょっちゅうだった。
そんな時、声に出し、笑いながら、二人して片付ける。
『本当、おめー、ドジばっかでさァ。』
たまらない様に口を開く沖田。今は何処にも無かった。

テーブルの上を片付けつつ、沖田に思い切りかかった水割りを一生懸命拭いて行く。その震える手を沖田は掴んだ。顔をあげ、沖田を見る神楽の瞳は恐怖で震えていた。
「もう十分でさァ…。」
酷く、冷めた瞳…。無表情で言い放たれた言葉に神楽は愕然とし、俯き、唇をかみ締めた。ほんの一瞬止まった体を、やんわりと沖田から離す。すると、入り口の方に、影が見えた。神楽は視線をやる。

土方の姿が見えた。神楽はほっとしてしまう。
その後ろから、もう一人の影を確認すると、神楽は思わず口を開いた。

「――――銀ちゃん。」


・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓

沖神Rank
Category: ★や き も ち
Published on: Wed,  25 2010 04:58
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

真奈美  

沖田の無言が怖い...
銀さん出てきたよ;
一体この後どうなるんだろう(@_@。

2010/08/25 (Wed) 09:24 | EDIT | REPLY |   

るみしー  

ツンデレさん、こんちはー

新しくおもしろいお話が始まりましたね。
双子なんだ・・。
わたしも実は双子で~す。
楽しみにしてます。

で、私も沖田君の沈黙がこわーいのですが・・。
ひとつ修羅場にならない解決方法を考えたんです。
義正君にはこの際事情を説明してあきらめてもらいお帰りいただく。
スナックのご主人には、神楽ちゃんがここで働いている事情をちゃんとご説明いただいて、
それで、よかったよかった、事情がわかったとみんなで乾杯して、解散!ってことではどうですか?
わかってます。わかってますって、ツンデレさん。
うまくいくわけないよねー、でもあまりに怖すぎて・・・。
だって、お題が『やきもち』だもーーーーーーん。
そして銀ちゃんまで・・・・。
神楽ちゃんがちゃんと沖田君とお話ができることを願います。

おなかがすいた~
仕事に戻ります。




2010/08/25 (Wed) 11:25 | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

銀ちゃん出てきた~!!
私もこっからどうするか考え中なんだァ!
銀ちゃんと、義正君とどちらと絡ませようかな♪
+.(≧∀≦)゚+.゚

2010/08/27 (Fri) 11:05 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→るみしーちゃんへ">

ツンデレ→るみしーちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→るみしーちゃんへ">

るみし~ちゃんこんにちわ~★
双子のは、蒼×隼人のやつですね☆
年月から成長した二人はいかがでしょうか?
ツンデレは毎日萌えてますですぅぅ!

おぉ!るみし~さんも双子なんですね!
ちょっぴりあこがれますです!

やきもち☆
みんな想像以上に恐がってますね(笑)
最初に、切れまくると告知してたけど、
反響がすごい!!
だからこそ萌えが爆発するんですよぅ☆
楽しみに、先にある萌えをお待ちください…。
まぁ、もうちょっと総ちゃんには切れて頂きます(笑)
*。・*゜ ヽ(*゚∀゚)ノ.・。*゜。

2010/08/27 (Fri) 11:10 | ツンデレ→るみしーちゃんへさん">REPLY |   

カズエ  

うぅぅぅ~

沖田が怖い、、、
これからどうなっていくのか、、(°□°;)

表現のしかたが本当にスゴイ、、!!!

2010/08/29 (Sun) 01:14 | REPLY |   
ツンデレ→カズエちゃんへ">

ツンデレ→カズエちゃんへ  

Re: うぅぅぅ~

ツンデレ→カズエちゃんへ">

総ちゃんは、独占欲の塊っすね。
あぁ、でもこんな人に思われてる神楽は
うらやましぃ限りです!

神楽と銀ちゃんが付き合ってるって聞いて
頭に血が上ったんだと思います★

2010/08/30 (Mon) 04:31 | ツンデレ→カズエちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment