キャラメル ★ パレット act 3

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
「オイ、雅、今日ちょっと買い物に付き合ってくんねェ。」
「いや。」

僅か、一秒。隼人からかけられた会話は終了した。
只今放課後。今日二本目の午前の紅茶を飲み、一旦ちゅっと口から離し、一言言って、また飲み始めた。
黙々と鞄を持ち、後ろの席の寧々を振り返る。すると、寧々も今まさに、同じ台詞を蒼に言われたトコであり、
断るにもその言葉が中々言えず、困っているトコだった。
俯き固まっている寧々の手を雅は取る。そして顔を覗き込み、微笑んだ。
すると、寧々は安心したように俯く顔の中、微笑んだ。
雅は顔をあげる。

「あたしが寧々と帰るの!だから駄目!」
「何が駄目!でェ。オメーには聞いてねェよ。」
「蒼も、隼人も別の子連れてけばいいじゃない。ただでさえ二人とも目立って一緒にいるだけで睨まれるのに、一緒に帰るなんて絶対いや。」
あっけらかんと雅は言った。そして、寧々の手を引いた。その雅の手を隼人が、寧々の手を蒼が、それぞれ掴んだのだった…。

.......

「寧々、これ可愛いよ!ね!そう思わない?」
「はい、とっても可愛らしいです。でもこっちのリボンの方も…。」
「本当!でも、あっちにも靴があるんだ。ねェ、行って見ようよ。」
寧々は嬉しそうに頷く…。
デパート、店内。
そんな二人を、ベンチに座って項垂れるように見る男、二人…。
寧々と雅は、可愛らしい靴、そして服、鞄、コスメ。帽子…。次々と店を替えては選んでいる。

ちょっと、待て…。そう言った隼人、蒼の話。
『妹の進級祝いのプレゼント、一緒に選んでくんねェ?』
二人して、顔を見合わせる。雅は主導権を寧々に預けた。ぐいぐいと引っ張っていくタイプの雅だったが、毎回、どんな時でも寧々の意見を尊重した。そのおかげか、少しずつ寧々は雅にだけ、自分のいいたい事を話すようになっていた。寧々は、ちょっと考えた。が、顔をあげた。
「いいと、思います。」
雅は笑った。自分にだけ向ける微笑が堪らなく嬉しいと。
「寧々がイイって!仕方ないから行ってあげるね。でも、妹ちゃんの為だからね!あっ、後、女の子たちから絡まれたら、金輪際二人と話さないからね。」
きっぱりと雅は言い捨てた。

本当は、ちょっとだけ期待した、自分と、それぞれ、雅、寧々。二人で選べないもんかと。
しかしどうだろう。完全に二人の世界に入ってやがる。これじゃ意味ねェじゃねェか…。
二人は思う。蒼、隼人。それぞれ、自販機で買ったカフェオレとブラックコーヒーを口につけた。
寧々が、恥ずかしいと、自分達と話さないのはまだ分かる。それでも時々顔をあげ、話す時などは、思い切り蒼のココロを揺さぶった。雅は、必要ない時隼人と蒼と絡むのを嫌がった。
例えば、そう。今見たく放課後。いくら授業中や休み時間一緒によく話しているにも関わらずだ。
二言目には、女の子の視線がいや。いや、いや。あっちいって。ずばずばと隼人に悪びれもなく投げつけた。

言い訳ではないが、蒼と、隼人は、あの日、雅と寧々にあってからは、たったの一度も、女と一緒に居たりする事もなければ、女の子と、そう言う事をする行為もしていない。三年にあがってからは一度も。だ。
しかし雅や、寧々の二人にたいするイメージは、相当なものらしい。特に雅。自分はともかく、寧々にその視線を叩きつけられる事を激しく嫌がった。
正直、何かに理由をつけ、誘ったのは、蒼も、隼人も今回が初めてではない。それを悉く断られた。
初めてだった。どちらともが。本当に初めての経験だった。自分が断るならともかく、自分が断られる何て信じれなかった。
自惚れてる?確かに。ただ自惚れるだけの事はあった。
そんな二人の誘いを断り続けた二人が、やっとOKをくれた。いや、断じて妹をダシに使ったわけではない。ない?
とにもかくにも、ようやく連れ出せた訳だが、どうだろうこの仕打ち、完全に無視ときている。
ありえねェ。いや、マジで。断じてありえねェ。
さっきから絶え間なく女が群がってくる。もうすでに断る言葉さえ面倒くさくなってきた。

初めての置いてきぼりに、半ば拗ねている二人に、やっとこさ二人が戻ってきた…。


・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 
↓↓↓

沖神Rank
Category: ★キャラメル ★ パレット(hit小説)
Published on: Tue,  31 2010 07:45
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

真奈美  

雅ちゃん容赦ないね^^;

そして下の子は妹だったんだ~//

2010/08/31 (Tue) 11:37 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

しゅりちゃんと言います☆

名前を考えるのが昔から大好きで!
名前を考えてる時が
とっても至福でした (*'-'*)

雅はですね、とってもきっぱり言う子なんです!
それが魅力になるといいなァ☆

2010/09/04 (Sat) 15:54 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

美菜  

初めまして!!
ツンデレさんの小説で初めて見たのが隣のあいつ
でした!
とっても新鮮な2人が見れて面白かったです><
キャラメル★パレット これからも楽しんで読ませて
いただきます・・!
それと雅ちゃんと寧々ちゃんの買い物姿が浮かんで
きましたww

2010/09/05 (Sun) 11:34 | REPLY |   
ツンデレ→美菜ちゃんへ">

ツンデレ→美菜ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→美菜ちゃんへ">

ぅを!。・:*:・コン(*´∀`*)ニチワァ・* .:・。
はじめまして!ツンデレですぅ★
隣のあいつを最初に…!
あ、ありがとうございます☆

何故かサイト内のランキング一位をさらってった作品なんですw
キャラメル★パレットの寧々と雅の買い物の姿が!!

めっさ嬉しいです♪、
きっと、大抵リードしてるのは雅なんだけど
ちゃんと寧々の意見とかもゆっくり聞いて大切にしてるんだろうな…
なんて思いながら書きました☆

これからも気軽にお声聞かせてくださいね(≧∇≦*)

2010/09/06 (Mon) 09:29 | ツンデレ→美菜ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment