Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 2

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ 小さなお皿に、少しのミルク、喉が渇いたとばかりに、駆け寄ってくる子猫。ピチピチと音を立てて、必死に飲む様を見て、神楽は微笑みながら、人差し指で、頭をなでなでとした。そこに、着信音が聞こえた。神楽ははっと顔をあげ、帰ってくるなり無造作に置いた携帯を探す。何処にやったアルカ?そういいながら着信音を手繰り探す。クッションの裏?鞄の中?玄関?ポケット?あぁもう何処?!耳を済ませる。

ベットの布団の方から聞こえる! 神楽は間一髪、ボタンを押すのに成功した。

「もしもし!?」
とりあえず言葉を。そして息を、酸素を。肩を上下しつつ出た相手は待ってた相手であり、神楽の彼氏でもある沖田だった。
「何かすげえ息が上がってやすぜ?」
「あ、うん。大丈夫アル」
沖田が電話の向こう、軽く吹いた。
「何が大丈夫なんでィ。どうせ、部屋が汚くてつまづいたんだろィ?」
まるで、見ているような沖田の言葉に、神楽は反論する。
「違うアル! 散らかっては居るけど……」

神楽の言葉に、沖田の声、向こう側で笑ったのが分かった。

「オメーって奴は。―――悪い。明日の休み仕事が忙しくて、買い物に付き合うってやつ、キャンセルになった」


ツキン


神楽の心に何かが刺さる。
「ちょっとだけ……とか逢えないアルカ? だってもう一週間もあってないヨ?」
「―――悪りィな。俺だけが会えない訳じゃねえし、そう我侭も言ってらんなくてな」
「―――わか」
プツっ。

零れ落ちそうだった、震えた言葉を聞かれるのが嫌で電話を切った。
ギリギリ、聞かれなかった。良かった。そう考えた途端、堰を切ったように零れた。

高校生の時は、嫌でも、毎日会えた。喧嘩しても、毎日顔を会わせた。
でも、卒業してから、沖田が皆と仕事を始めてから、会える時間が本当に減った。一週間会えないなんてしょっちゅう。

この間は10日会えなかった。分かるよ。遊びじゃないもんね。仕事だから。
やり始めたからには、責任があるって事、そしてそんな責任を捨てるような最低な沖田じゃないって事、分かるから、我侭言えなくて、苦しくて、悲しくて、そりゃ、沖田はいいヨ、没頭してるもんね。
ちっとも寂しくなんかないよ、きっと。でもあたしは、女の子は違うんだヨ。

また子、この間、逢いたいってないてた。ちょっとだけでも逢いたいって。

でも高杉が時間がないって。ねえ。そんなに時間がないもんかな。

たった5分、10分逢う時間、本当にないかな。
タバコ一本吸う時間、分けてくれれば泣かなくていいんじゃないかな。
ミツバ姉も、姉御も、逢いたいって思ってるのに、一日の24時間の中で、携帯なしで、言葉を交すじかん、
本当に、つくれないもの?

あたし、我侭言ってる? 言ってないヨ。神様の、いじわる。

涙拭って、拭って…。そしたら、ピンポーンって鳴った。スンって鼻ならして、涙の名残、飲み込んで、玄関開けたら、あたしと同じ顔したまた子が立ってた…。

テーブルの上には、ティッシュの山。
一度止んだ涙は、また子の訪問によって、また溢れた。二人の顔は真っ赤に腫れている。神楽の元にかかってきた電話の様に、また子の元へも電話がかかって来たといった。やっぱり、電話の内容は、明日の予定のキャンセル。

二人とも、久し振りに逢えると言う言葉、予定が空いたとの言葉に胸を躍らせていた。
服は何を着ていく?
二人で買い物に言って、ランチ食べて、夜はそのまま彼のアパートに泊まって。そんな頭の中の予定は粉々に崩れた。
自分たちばかりが会いたいと思っているのがたまらなかった。

「きっと、あたしの事なんて、どうでもいいんスよ」
「それを言うなら、あたしアル」

鼻声で二人は言った。高校の時に言えた我侭は、自分達が社会に出て成長した分、言えなくなって、いい子になっていった。一度いい子でいるようにしたら、中々そのくさりを外す事が出来なかった。可愛く甘えるなんて出来なくなっていった。会いたくてたまらない。

来てくれないと別れるからね! 高校の時、バイトをしてるの分かって言ってた。きっと自分を選んでくれる。
そう確信があったからできた。困らせた。そして自分が思ってた様に、自分を選んでくれた。

でも、今は選んでもらえる自信がなかった。きっと、きっと、選んでもらえない。
そう二人で唱える様に、寂しさを埋める様に、一つのベットで手を繋いで抱き合って、また子と二人して、眠りについた。





・・・・To Be Continued・・・・・

沖神Rank
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Mon,  20 2010 06:53
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

真奈美  

シリアスなカンジがやばいww
切ないなぁ...

2010/09/19 (Sun) 13:09 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

多分、こんな悩み、本当に現実でも
女の子が悩んでいる事だと思うi-266

仕事だからって分かってるけど、
理屈じゃないって気持ちが、確かにそこに
あって、この物語はそんな女のこの
気持ちのストーリーですi-179

2010/09/20 (Mon) 06:05 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment