Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 4

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
携帯の着信音は、確かに、確かにその着信を知らせていた。しかしその音は彼女達の耳に届くことはなかった。
神楽の部屋、ベットの上。放り投げられた携帯。そのベットの上の布団は遊びに来た友人の手によってめくられてしまった。携帯ごと包み込んで…。女だらけ、会話の中、その音は聞こえない。しかし、転機は訪れた。
また子が布団の上から、微妙な位置、ボタンを押してしまう。これで会話は通じた。彼女達は気付かないまま…。

携帯の向こう側、もしもし?男の声が聞こえた。が、気付かない。また子は捲られていた布団を元にもどし、そのベットの中、布団に包まった。此処で携帯は彼女の目に触れる事になる。しかし、まさか通じているなどと思うわけもなく、向こう側、男の声は彼女達の甲高い声にかき消され、聞こえない。知らないまま、彼女達は話し続ける。

「でも、神楽ちゃん、寂しいからって浮気は駄目よ。」
その声は、電波にのって、男の元へと届けられた。

お妙の会話を聞いた沖田。思わずハッ!?と声を漏らす。会社に残っていた、全員、思わず沖田の方を見たのだった。
構ってやれない彼女達にすまないと思う気持ちは、確かに男の中にも存在していた。しかし正直、神楽の言った通り忙しさにその感情がたびたびかき消されてはいた。ただ、ただ、がむしゃらに、遊び感覚ではじめた仕事とは言え、思ったよりもずっと軌道に乗るのが早く、そのスピードは今現在衰える事なく、進み続けている。大切に思ってない訳じゃない。ただ、自分の休む時間もやはり欲しかったのが本音だった。

今日の予定も、確かに断った自分が悪い。それは分かっている。だからこそ、仕事が片を付き、少し時間が空いたので、久し振りに彼女に顔を見せよう。そんな気持ちからかけた。なのに、中々携帯にでなく、やっと繋がった携帯から聞こえてきたのは、自分の耳を疑いそうな言葉だった。

沖田は携帯をもち、唖然としている。その携帯を土方が取り、もしもし。そう言った先、会話は当然の様につづけられていた。

「浮気なんかしてないアル!」
「あらあら、そんな事いっても駄目よ。ちゃんと証拠はあがってるんですからね。」
そういうと、お妙はイタズラな目で子猫二匹を見た。
「それは…。」
「それは?寂しかったからでしょ?神楽ちゃんだけならまだしも、またチャンまで浮気してるとわねェ。」
「ちっがうッス!」
「タカくんも、トシくんも、二人とも一目惚れしちゃったんでしょ。」
お妙のイタズラな質問に、神楽とまた子はたじたじになる。そんな様子をくすくすとミツバは笑った。
そんな会話を携帯の向こう側、彼氏が聞いているとも知らずに…。

「寂しかったヨ…。だってあいつ、ちっとも、あたしの事…。」
「そうっス。こんなにほっとかれて…。」

そうだよね。お妙は切なそうに笑った。ちょっとは気が紛れた?お妙は子猫を抱き、撫でた。神楽はうん。そう笑った。
「トシは、あたしの支えなのヨ。それはきっと、また子も同じ。そうデショ?」
「タカくんは、あたしの事癒してくれるッス。抱き締めると、その温度があったかくて…。」

今度あたしにも貸して?お妙は神楽に言った。駄目アル!神楽はトシを抱き締めた。
「トシはあたしだけのトシアル。」
じゃぁ、またちゃん、タカくん一晩貸して?あっ。わたしも一日なら…。ミツバが参戦した。
だめだめェェ!絶対駄目!。もう一日だって離れてられないもの。神楽とまた子は言う。が、お妙とミツバも引かない。いいじゃない一日だけなら。たった一日だけ、いいでしょ?。神楽とまた子は頬を膨らませる。
じゃぁ、四人で一緒に寝ればいいアル。皆一緒デショ。神楽は言う。それでもいいわ。妙が言う。うん、なんなら今日は?ミツバは言う。


小悪魔の会話は、神様のイタズラによって、電波に乗り、彼氏の元へと、確実に届けられたのだった…。


・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Fri,  24 2010 17:30
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

8 Comments

きょん  

ああああああ!
ヤバいですね(にやにや)
すいませんチャットの奴間違えました。


今日、お気に入りのオnewの服を着て(うちの学校は服も靴も何もかも自由なのです)行った学校の帰りに、好きな人とばったり!
嬉しすぎて死にます♪
帰り道、音楽の授業でやった(キリスト教です)賛美歌を口ずさんでて・・・
神様が報いてくださったと思いやした

2010/09/24 (Fri) 18:35 | REPLY |   

真奈美  

怖いなぁww
見えないだけでこうも
誤解されるような会話になるんだ;;

2010/09/24 (Fri) 18:41 | EDIT | REPLY |   

みかん  

次は猫に嫉妬する沖田達かな?(

2010/09/24 (Fri) 21:28 | REPLY |   

るみしー  

あーはははは、これはおもしろい・・・・。
会話だけじゃ、そりゃ浮気の話だわ・・・。
子猫ねぇ~、そりゃ癒されますよ。
子猫の寝顔は天使だもの。
さてさてどうなるかな?

2010/09/25 (Sat) 13:32 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

この間、チャットありがとう!!
とっても、嬉しかったよぅぅ☆
その後、あたしも返したんだ。気付いてくれたかな?
気付いてくれてたら嬉しいな★

そして、そして、なんと、好きな人とばったり?!
そんな話を聞いただけで、心がきゅぅんってなっちゃったんだi-237

賛美歌を口ずさんでたの?
きっと神様がご褒美くれたんだねi-178

ほんのちょっとした事なんだけど、そんな時って
すんごいテンションあがるよねェ★
女の子の特権だよねi-175

2010/09/27 (Mon) 15:26 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">


この会話、不自然でなく、かつ、誤解する様に聞こえる会話。
正直、結構考えましたぁi-237

涙の結晶です(笑)

そして、無事に出来上がりました。けど
違和感なく聞こえたかな?

そして、会話だけって、確かに誤解されちゃうよね。
電波にのって、彼氏の元にゆらゆらと…届いちゃったi-190

2010/09/27 (Mon) 15:31 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→みかんちゃんへ">

ツンデレ→みかんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→みかんちゃんへ">

そうそう、基本ネコに嫉妬しちゃってるよねww

でも、結局の所、すきなんだろうなぁ。
でも、ほっとかれてる彼女の立場になると
ヒドイっておもっちゃったりもするi-203

2010/09/27 (Mon) 22:15 | ツンデレ→みかんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→るみしーちゃんへ">

ツンデレ→るみしーちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→るみしーちゃんへ">


子猫、うちも猫飼い始めた時は
もちろん子猫で、もうめっさめっさ癒されて、
かわゆくて、ちっちゃくて、大好きです☆

そんな子猫を使った会話…。
会話だけ聞くと、浮気の話っすよねi-237

子猫に嫉妬を燃やすこの男たち、さて、
どうなるかなァ☆

2010/09/27 (Mon) 22:38 | ツンデレ→るみしーちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment