や き も ち act 23

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓

淡い照明、向って左の席、泥酔した客、二名。そして、向って右の席、色とりどりの感情が行き来している。
そして、新たな風が吹き込まれた。いかにも気の強そうな、それでいて、悪に手を染めています…。そんな奴ら。
既に酔っ払い、店に入店直後から大声での会話、横暴な態度。席の真ん中、4人は座った。

その男達が入ってくるなり、土方、近藤、沖田、銀時の顔付きが変わった。
何故か、そう言われると返答に困るが、何か、勘のようなものが働いた。酔いもさめたらしかった。義正は不安げな表情で近藤を見ている。浅野は関わりたくねェとの態度を全面的に表している。

しかし、百合、神楽、椿は違う。接客をしなければいけない。
先ほどまでひがんでいた椿と、百合だが、やはり女の子の団結と言うものが暗黙の了解であるらしく、どうする…。そんな目で三人は視線を交差した。百合も、椿もプロではあるが、やはり、こんな風な人間を接客するのは、嫌なもので…。そんな二人を神楽は見ると、自分が付く。そう言った。この言葉に椿と百合は反対する。そもそも神楽は接客をしないとの条件だったはずだ。しかも、あんな見るからに性質が悪い客につかすなど、同じ女として出来なかった。しかし、そうこうしてる間にも、早く、来いと声を上げている。

神楽が、姿を現すなり、男は、待ってましたとばかりに騒ぐ。まだ何も注文してない内から男は神楽の手を引こうとした。その手を逆に神楽が掴んだ。
「オイタしたら、殺すアルヨ。」
にっこりと微笑みながら、ぎりぎりとその男の手をつかんだ。声をあげ男は痛てェと叫び、離された手をぶらぶらと振った。何かしたら、叩きだす。本気でそう思った。神楽は、男に注文を聞く、さっさと去る。
よし、これならいけるかも…。一人神楽はガッツポーズをした。カウンターに入るなり、椿と百合が神楽を迎える。さしずめ、ボス戦を挑む女達の図だった。

向って右側の席、女は居なくなり、静かにこちらの様子を伺うように見ている。実の所、この男達が暴れ出す事が神楽にとって、一番やっかいだった。

しかし、どっちにしろ、椿と百合の仕事は席に付くことであって、客もそれを望んでいる。心底席に行きたくないとの表情をしているが、やはり、其処はプロ根性で椿と百合も前にでた。そして、神楽も席に付いた。
沖田が、見てることも、銀時が見ている事も、分かった上での事。

百合と椿は、頑張って、何とか会話で場を持たせようとしてみるが、その手は全く通用してなかった。
男は、百合に抱きつこうとする。が、まずは其処を立ち上がり神楽が、止めた。
「ここは、そう言う店じゃないアル。帰ってヨ。」
さらりと言い放った。やっと言えたと満足げだ。しかし、別の男が今度は椿肩をぐいっと寄せた。銀時たちが席を立とうする前に、神楽はグラスの酒を男の顔面にぶっかけた。男が声をあげたのは言うまでもない。
「なにしやがる!」
「お前こそ何してるネ。さっきも言ったけど、此処はそう言う店じゃないアル。帰るヨロシ。」
男は立ち上がり、カッと神楽の首元に手をだしたが、神楽は容易く掴む。そして捻ると男は悲鳴をあげた。
「どうするアル。帰るアルカ?」
百合と椿は、ボー然と神楽を見ている。神楽は腕を組み、もう一度帰るかどうかと聞く。これ以上になれば、即ぼこぼこにして吊るしあげて、血反吐はかせてやろうと神楽は頭のかた隅で考える。
すると、分かったと乱暴に言葉をはき捨てると男達は立ち上がった。百合と椿は心底ホッとしている。
お手拭きをテーブルに叩き付け、弾みでグラスをカタンと倒してしまい、テーブルの上には酒が流れた。それでもなんでもいいから、出て行ってくれと椿と百合は思う。金なんか払うかっ!一人の男が叫んだ。神楽は、そんな事どうでもいいからとヒラヒラと手を振った。

その時だった。男の一人が神楽を羽交い絞めにした。きゃぁと百合達は叫ぶ。男は刃物を百合達に突きつけ、騒ぐんじゃねェと言う。今から、時代劇でもはじめるんですかとの場面に神楽は呆れた。ほんの少し、力をだせば、意図も容易く男はふっとぶ。さて、どうしようかと神楽が考えていると、奥から声がした。

「触んじゃねェ。」
一般人四人位、神楽にかかれば、ひとたまりも無い。そんな事は皆も十分に分かっていた。だからこそ、銀時や土方も、若干安易に構えていたのだが、やはり沖田は違ったらしい。接客の所まではまだ良かった、羽交い絞めにせよ、何にせよ、触れた時点でアウトだった。沖田は神楽の前まで来ると、口を開く。
「その女を離しやがれ。」
冷めた視線で一言。神楽は驚いていた。まるで、まるで普通の女の子みたいじゃないか、と。別に離してもらわなくても、自分で離す事は簡単に出来てしまう。しかし、どうにもこの守られている感が、どうしようもなく嬉しい…。
神楽を羽交い絞めにしている男は酒の所為で調子に乗った。その男の周りもケラケラと笑う。そして、神楽を更にぎゅっと強く締め、その短い着物の裾から見えている白い太股を、これ見よがしに笑いながら、撫で回す。

そして、其処までで、沖田がプツっと切れたのだった…。

・・・・To Be Continued・・・・・

パスワード入力式のちょこっと小説は、これらランキングバナーのどちらかにパスが隠されて降ります 
↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
Category: ★や き も ち
Published on: Wed,  29 2010 11:40
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

8 Comments

きょん  

義正、浅野、唖然。
そんな光景が目に浮かびます~o(`▽´)o

沖田が切れました!あーあ、有名人なんだから気づけよ男達………新聞にも乗ってるでしょーがぁぁぁああ!

護られてるのが嬉しいって、「文化祭」にもありましたよね

あまりなめられるのも嫌だけど、 護られなさすぎてもあたしだって女の子なんだよ………ってなりますよね♪

神楽はまさに!
夜兎だからといっても、実力があっても護られると言うものは幸せでしょう(^_^)

続きが気になるところです!
コピー本頑張って下さい
乙姫ばりに待ち続けます

2010/09/29 (Wed) 14:18 | REPLY |   

ほし梅♪  

やっぱり、酔いがさめた神楽がいいな
沖田とのことを真剣に考えて、沖田のすることにときめいてるって感じがいい(≧▽≦)
神楽と沖田やっぱり、お互いにお互いを好きってわかる行動をしてほしい

続き楽しみです♪

2010/09/29 (Wed) 14:56 | REPLY |   

真奈美  

なんだか神楽がかっこいいww
さすが夜兎!!

あとは、沖田が怖いな;;

2010/09/29 (Wed) 17:22 | EDIT | REPLY |   

るみしー  

沖田君の、「触んじゃねぇ!」がいいですねぇ~。
しかし、恐れを知らんやつらだ。
どんなことになるのかな?
今までと違った雰囲気の修羅場が見られるかも・・。
楽しみでござんす。

2010/09/30 (Thu) 08:34 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

きょんちゃん、細かいともまで見てくれてるぅ!
そうそう、そうなの。確かに文化祭の神楽も言ってたヨネ★

なかば自分が強いから、どうしても男の手なんていらなくて、
でも本当は、普通の女の子みたいに守られたくて。。。

そんなジレンマが、神楽の中にも確かにあったんだよね★
こんな神楽が大好きです★

ハッ!コピー本、遅くなってすいませんでした。
やっと出来ましたぁぁ!
乙姫を迎えに、彦星が来ましたです!

2010/10/18 (Mon) 13:25 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→ほし梅ちゃんへ">

ツンデレ→ほし梅ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ほし梅ちゃんへ">

女のこは、ときめいてる時が一番かわいいヨネ★

時に、大食いなのに、ここって時には
ちゃんと女の子な神楽。

もう可愛くて仕方がない。そしてそんな神楽の事が大好きでたまらない沖田がいい!!
やきもちとか妬いちゃって、ふてくされて、
独占欲で溢れて、強引にキスしちゃうオキタって超魅力的ですよねぇぇ!^^

2010/10/18 (Mon) 13:29 | ツンデレ→ほし梅ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

そうそう、男の顔に水をぶっかけて!

女の子だけど、決める時にはしっかりと決めて!
しかも椿と百合は、散々神楽を振り回してるのにも
関わらず、守っちゃうなんて、男まえ過ぎる!

あははぁ。最後の沖田☆
主人公、登場!!的な(笑)

2010/10/18 (Mon) 13:32 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→るみしーちゃんへ">

ツンデレ→るみしーちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→るみしーちゃんへ">

毎度毎度、沖田の台詞には痺れます!

しかし残念なのは、本誌では、近藤のためにしか
その台詞は言ってくれない事かなぁ。

動乱編の沖田と近藤を、そのまま神楽に切り替えて欲しいと
何度思った事か…(笑)
近藤を救ったその笑顔を、神楽に向けてくれと…w。

2010/10/18 (Mon) 13:42 | ツンデレ→るみしーちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment