木賊色の唄

こちらは、薄桜鬼
平×千です。いや、もう二人のCPがどんぴしゃで…(笑)
髪切った平ちゃんが好き過ぎる!!

しかし、この千鶴にいたっては、他のCPとの絡みも
考えてます^^

ですが、まずは、この二人…。
では、どうぞ★



↓↓↓↓↓↓↓↓
昨日までの大雨は、今は何処か遠く、違う場所の空を覆い、街を濡らしているのだろうか…。

パンっと言う小気味よい音を鳴らし、千鶴は、洗濯物を竿へとかけた。
空は晴天。しかし足元はすこしまだぬかるんでいる。先ほど土方が来て、足元に気をつけろと言い残していった。
その時は、はぁ…。となんとも言いがたい表情になってしまったが、不意に笑いが込み上げてきた。
残り少ない洗濯物を、また音をならし、竿にかけていく。
いつからだろうか。もうここに来て、どれくらいになっただろうか?

初めてでは考えられない程、自分はこの場所に馴染んでいる。
この場所が自分にとって、かけがえのないものにとなっている。考えると、自然に笑みが浮かんできた。
最後の洗濯物を取ろうとしたところ、その自分の手より、一歩先に伸ばされた手、千鶴はその手を視線で手繰った。

「平助君。」
「手伝ってやろうと思ってきてみたけど、一足遅かったな。」
柔らかい笑顔を浮かべるのは、兵頭平助だった。此処に来たときは長かった髪を、ばっさりと切り、
今はその短髪が風に揺れ、時折、うなじをさらしていた。

平助は洗濯カゴをひょいと持つと、屯所へと足を向けた。一歩進んだところで振り返った。
どうやら、千鶴がちゃんと自分の後について来てるのかと考えての行動と見て取れた。

千鶴はキョトンとさせる。一度、笑みを見せ、また背を見せた。

「千鶴~。ぬかるみに足捕われんなよ。」
背の向こう側から声が聞こえた。ふわりと背にむけ、千鶴は笑みを浮かべた。
「大丈夫。」
背の向こうで笑ってる顔が、垣間見れた。

いつ、からだろう。自分がこの男に惹かれていると気付いたのは…。
いつ、からだろう。数多くいる隊士の中、特別な感情をもちだしたのは…。

優しい?そんな事ではないとも思う。いや、でも確かに優しい事も理由にあるのかも…。
でも、決してそれだけではない。優しいだけならば、何だかんだ言って、皆自分に甘いのだ。
ちょっとした甘え心を皆に持っている。土方にしろ、沖田にしろ。でも、この男、平助だけは、甘えの類が違うのだ。
そもそも甘えたいと言う感情では治まらない所まできていた…。

「――づる。千鶴!」
はっと顔をあげた。刹那。ぬかるみに足を取られた。あっと宙で溶かされた声と共に、前のめりに体が傾いた。
向う先は泥。
もう一度声をあげようと、口をあけた。が、やっぱり声にならず溶けた。
その千鶴に、よくあるシチュエーションが待ち構えていた。
平助が華奢な千鶴の肩を、意図も簡単に掴み、そして自分の方へと寄せたのだ。何事もなく、ごくごく自然に…。

しかしそれは平助の方であって、肝心の千鶴の方はといえば、36度何ぶの温かい体温に包まれている、この状況を、イマイチ把握してないらしく、ただ、目を見開き、かたまっていた。

そんな千鶴を平助は覗きこんだ。
千鶴はコクンと喉を鳴らした。出そうとした言葉まで一緒に飲み込んだ。
ふぅ…息を付いた。そしていつもの様に笑みを作った。
「ありがとう、平助君。」
平助は言葉を出すことなく、ふっと笑った。
あっ、この笑顔すきだな…。千鶴は漠然と思った。肩を抱いていた手を、平助はごくごく自然に千鶴の手に絡ませた。
「俺が繋いでいてやっから、転ぶんじゃねーぞ。」

あまりにも自然に言う平助に、千鶴はかえって切ない表情をさせた。
口には出さないが知っている。
平助を含め、新鮮組といえば、有名で、街を巡回する彼らに、淡い思いを抱く女の子が、実際に居ることも知っているし、平助が呼ばれて行く、その後ろ姿を、何度見たかも分からない。
今日は断っても、次は断らないかもしれない。

そんな思いを何度味わったか分からない。でも、自分は男として新撰組に入っている。今更それを変える事は出来ない。

服だって、街の女の子の方が…。ずっと。ずっと…。

思ってると、恐らく知らず知らずのうちに表情が曇っていたのであろう。いつの間にか止まっていた平助が自分の顔を覗き込んでいた。
千鶴はその木賊(とくさ)色を見ながら、この色を自分の色と重ねる事ができたら…。そんな事を考えて居た…。



・・・・To Be Continued・・・・・


↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
Category: 初めにお読みください
Published on: Thu,  21 2010 13:49
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

きょん  

平千平千平千平千わぁーーー♪

ツンデレ様が薄桜鬼とは!!
髪切った平助くんいいですよね(≧∇≦)

沖田さん斎藤さん平助くんは神です。
髪切らない髪切った髪切ったがすきです!

斎藤さんの耳舐めすぎて「す、すまない」とか
沖田さんの腕くんでニヤリと笑った「ふーん?」とか
平助くんのキスに震えてるところがたましません(^ρ^)もぐもぐ

2010/10/21 (Thu) 18:01 | REPLY |   

真奈美  

千鶴すきだぁぁーっ!!

2010/10/21 (Thu) 19:22 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

私、ゲームした事なくて、
でもyoutubeで音声だけでもたのしんでます!!

特に平ちゃんとのキスシーンがやっばい!

大好きです★
あっ、てか、薄桜鬼、どうでしょう?
ドキドキで書いてます★

2010/10/29 (Fri) 15:08 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

私も好きだ!!

ちなみに、平ちゃんが沖田と同じくらいすき★

もうラブです!!

2010/10/29 (Fri) 15:11 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment