や き も ち act 31

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓



「オメーさ。まだ食えンの?」
軽く10皿目に手を付けた神楽の団子の皿を見つめ沖田は口を開いた。上機嫌で食べていた神楽の手が止まった。そしてすぐに口を尖らせた。これはまずいと、本能的に沖田は感じたのか、店の女を奥から呼びつけると、「三皿追加でお願いしまさァ。」そういい、神楽の方に視線を戻した。
神楽はまだいじけてるように、その止めた手を動かそうとしない。この感じ。まるで、あの時と一緒じゃねェか。沖田は思う。神楽が、馬鹿な行動に走った根源の、あの日と同じ…。

沖田は団子を掴んでいる神楽の手を掴んだ。
「ほら、いいから食えよ。」
神楽はフイとそっぽを向いた。どうやら完全にへそを曲げたらしい。
沖田は頭を掻いた。どうしたものか…。そうこうしていると店の女が三皿の団子を持ってきた。テーブルの上には団子が並んだ。
「俺はこんなに食えねーんだ。いいから食え。」
沖田なりの言葉だったが…。
「いいアル。あたしこんなに払えないモノ。」
神楽は沖田と目を合わせない。あの一件で得たバイト代は、とうの昔に其処をつきつつあった。もう既にここの会計を払えるほど残ってないのだ。沖田は声にだし、ため息を付いた。
「オメーに払わせるなんざ最初から思ってねェ。大体誘った時点でその位察しが付くだろうが。」
確かにそうだった。大体こんな事では、計画がパァだと沖田は内心焦っていたのだった。
まだ覚えの浅いアノ日。次の日、朝早く神楽を万事屋を送ってみると、待っていたのは、予想していた通りの惨事だった。玄関口で仁王立ちをしていた銀時、そして何故かそれに付き合わされる羽目となった土方。銀時の制裁。
そして、付き合わされたイライラを、思っクソぶつけてきた土方の制裁。

鼻っから覚悟していた事ゆえ、そんなに抵抗を見せなかったが、さすがに最後の方では開き直り、二人相手に体を張っていた。しかしやはり、銀時には弱く、全て終えた頃にはボロボロになっていた。銀時は気がすんだようで、しかしぎこちない歩き方をする神楽を見ると、しばらく、そういった行為は禁止だと言った。さすがの沖田もこれに反応しようとしたが、やはり銀時には敵わなかった。いや、もともと敵う相手ではないと思っていたが、今回、精神面で更に、その思いが強くなった。どうにも、銀時には、土方の様に自分を強くだせない。結果的に、これも惚れた弱みであるとは、まだ沖田自身、気付いていなかったが…。

とにもかくにも、その様な日々が続くこと、二週間。それはそれは沖田にとって地獄絵に近かった。
そして神楽自身、そういう行為をした沖田と一緒にいるのが、どうにもこそばゆく、ついつい避けていた。
そんな沖田はと言えば、そのモヤモヤを全て、土方や、部下である山崎、その他隊士にぶつけていた。

むごかったのは、山崎を含む隊士の方だった。なんせとばっちりの量が半端ない。口を開いたとモンなら、無理難題をふっかける。断れば、身も凍る稽古が待っていた。どうにかしてくれと隊士は土方に泣きついた。土方は面倒くせーなァと言いつつも、沖田に話をしたのだ。

たまには団子の一つでも奢ってやったらどうだ…と。

しかしどうだ。目の前の女は完全に機嫌が悪かった。
「嫌ヨ。どうせあたしを置いて、帰るなんて言うつもりアル。」
誰がそんな事を思うかよ。沖田は咄嗟思った。この間みたいな事になるのは真っ平ゴメンだと。
「帰らなねェよ。いいから食えって。」
沖田の言葉を完全に信じたわけではないが、おずおずと神楽は手を動かした…。


・・・・To Be Continued・・・・・


↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
Category: ★や き も ち
Published on: Wed,  20 2010 21:43
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

真奈美  

終わり方が悪いと会いづらくなっちゃうもんね;;

2010/10/20 (Wed) 22:16 | EDIT | REPLY |   

きょん  

沖田が負のループにはまっていく ̄∪ ̄

女のコの扱いは難しいー(ρ°∩°)
あれ?ぼく女じゃね?
あれ?
あれあれ?

2010/10/21 (Thu) 06:42 | REPLY |   

るみしー  

ん~、神楽ちゃん、沖田君がちょっとかわいそう・・。
ふふ、それにしても、欲求不満で当たり飛ばすってのも大人げないね。
神楽ちゃん、沖田君それぞれにちゃんとした理由があるから仕方がないことかもしれないけど・・・・。
時間と愛が解決してくれるのかな?

2010/10/21 (Thu) 07:47 | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

まさにそうなんだよね。

終わり方がどうなったかわ
沖田が秘密にして、分からないけどww

でも、一応、初めての後って気まずいよね!

2010/10/26 (Tue) 18:45 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

そうなんでさァ。

全く女って奴ァ難しいったらありゃしね~。

あン?だから楽しいんだって?
はっ。ちげーねェ。

2010/10/26 (Tue) 18:47 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→るみしーちゃんへ">

ツンデレ→るみしーちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→るみしーちゃんへ">

エッチしても、この二人はあいかわらずなんだと(笑)

何に、しても、沖田の中でも、やっぱり、
あの時の二の舞にならないようにと
思ってはいるんですよね・・・。

かわいらしいっスww

2010/10/29 (Fri) 15:05 | ツンデレ→るみしーちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment