Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 21

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓




寝返った時に体にふわっと圧し掛かる感触に気付くと、此処は、自分の家だと納得がいった。
まだ虚ろ目で、隣を見ると、ミツバが寝息を立てていた。
もぞもぞと布団の中で体の体勢を変え、外を見てみると、その空は暗くなっていた。目を二、三度開いて、閉じて…。体を起してみると、ちょっと楽になっている事に気付くと共に、そうか…、つわり…。と理解が出来た。
一時、ボーとしてると、背中に声がかかった。

「あっ。神楽ちゃん、大丈夫っスか?!」
言った後、神楽の返答を待たずに、また子は台所にいるお妙を呼んだ。
パタパタとスリッパの足音と共に、神楽の前に座って、頬をそっと触った。

「どう?まだ気分悪い?吐きそう?吐いてもいいのよ。」
柔らかく笑ったお妙に神楽はほんの少し笑みをつくり、しかし憔悴した表情で首を振った。
その後、たった今気付いた様に、部屋の中をキョロキョロとさせた。お妙とまた子は同時に気付くと、その口を開いた。

「沖田さんなら、さっき帰ったわよ。覚えてないの?」
神楽はキョトンと、首をかしげた。
「神楽ちゃん、ずっと気持ち悪そうで、ミツバちゃんと二人、ベットに寝かせたはいいけど、とても話せる状態じゃなくて…。神楽ちゃんが寝るまで、ずっと手を握ってくれてたんスよ。」

「そうなの?全然…。覚えて、ないアル。」
話す事で、また吐き気がぶり返す事を神楽は心配したが、どうやら大丈夫だったらしい。
話した後、軽く息を吐いた。お妙は奥から、麦茶を持ってくると、神楽に飲めるかと渡した。神楽はゆっくりとソレを取り、喉に少しずつ流し込むと、ひんやりとした感触が体に染み渡たった。

ベットの体をそのままに、神楽はミツバの方を見ると、またもや先を手繰った様に、お妙が口を開いた。
「さっきまで土方さんも来てたのよ。高杉さんが連絡してくれてね。そしたら近藤さんも来て、ホントにさっき皆が帰るまで、二人のほっぺたとか、おでことか心配そうに触っててね。」

そうなのかと神楽は目を丸くした。全く記憶がない。
「また子と姉御は、大丈夫アルカ?」

そういえばと、二人は顔を見合わせたが、こればかりは個人差と言うものがあって、いつつわりが始まるかもしれないと言う事も、始まるかどうかと言う事も分からない。だから、今は大丈夫、とりあえずは…。と声を揃えた。
神楽は安心した様に笑うと、ミツバの方を見た。
「ミツバちゃんも凄く辛そうだったから…。」
また子の声が神楽に届くと、ミツバにも届いた様で、ミツバはゆっくりと目を開けた。
「大丈夫アルカ?」
神楽が言うと、ミツバはほんわかと微笑んだ。体を起そうとしたが、無理はしないほうがいいと神楽が止めた。
「十四朗さんに、早く言わなくちゃ…。」
ミツバが言った一言に、皆は全員ため息を付いた。
その内の二人、お妙とまた子のため息は、神楽とミツバのものより、ずっとずっと大きく、長かった。
家に着き、この二人の状態で、本当に寝てれば治るのかと二人はまた子とお妙に突っ込んだ。おかしいだろうと。沖田にいたっては、神楽のこの状態で薬もださないなんて、自分が医者に話しをつけに言ってくると言い出し、これに二人は慌てた。其処に高杉が加わり、そして土方の到着。ベットの上の女は顔を真っ青にさせて余裕もなにもない。頭の切れる土方はどんな病気でどんな症状で、そして最後に何て名前の医者だと二人に言った。

そして、別の病院に連れて行こうと言う声までもあがった。
二人は苦労した。本当に苦労したのだ。いっそ本当の事を全部ぶちまけたいと、心底思った。
しかしそれは今するべき事ではないと言う理性が働き、何とか、男を宥めた。しかし、荷が重かったのは言うまでも無い。

やっと帰ったときには、また子と二人、玄関前で座り込んだ。

そして、今のミツバの声。コレ以上、嘘をつき続ける事は出来ない。そして付き続ける理由も、もう無い。
ミツバはゆっくりと体を起す。そして、今の自分に、とりあえず動ける力があると分かった上で、神楽と二人、ベットから下りた。

『ママ、頑張るからね…。』


・・・・To Be Continued・・・・・


↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Tue,  26 2010 15:26
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

きょん  

こ、怖い……
神楽たちは後悔しているのでしょうか?していないですよね?
神楽は絶対に「望まれない子」なんて思わないし思わせないですよね?
やり方は悪かったとしてもなんだかんだで男たちは子供が愛しくてたまらなくなりますよね…………?

2010/10/26 (Tue) 17:30 | REPLY |   

真奈美  

一気に現実に引き戻されたカンジですよね。
さて、どう切り出すものか...

2010/10/26 (Tue) 19:09 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">


これだけは言える!

なるに決まってる!!
そこまでの過程がどうであれ、男性群はメロメロになります(笑)

2010/10/30 (Sat) 14:40 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

神楽達はきっとどっきどきですって!!

先に、あんな事があるのにね…。
頑張れ神楽!!

2010/10/30 (Sat) 14:42 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment