school excursion act 2

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
沖田は、肘を付き、再び窓の外を見た。その隣の神楽は通路側を見ている。
土方は不機嫌オーラを最大に同じように窓の景色を見ていた。あの取っ組みあい寸前の状況を、静かにミツバが制し、それぞれが大人しくなった代わりに、意心地悪い空気が漂っていた。

神楽は思わずため息を付いた。これでは学校と変わらないじゃないかと。そんな神楽に後ろから声が響いた。声の持ち主は、新八だった。
気まわしの上手い新八は先ほどから後ろをちょくちょく振り返っていた。そしてこの空気の悪さに新しい風を入れようと神楽の座席と背あわせになっている向こう側から声をかけたのだ。

「神楽ちゃん、お菓子食べない?」
座席の通路側から身を乗り出すように後ろを向き声をかけると、沖田と同じように肘を付いていた神楽の瞳がピクリと動いた。直ぐに座席に膝立ちになり、新八の方へ背もたれに体をあずけ身を乗り出した。
「何?何くれるアルカ?」
「うん、沢山あるよ。ポッキーに、飴に、ポテトチップス…。」
神楽は目をキラキラさせた。実は、今回、遠足の様にお菓子を持ってきたかった神楽だったが、銀八からもらえたのは300えん。これじゃ何も買えないと神楽は抗議したが、銀八は譲らなかった。
そんな神楽にとって、まるで救世主の様に新八が見えた。神楽は興奮し、そのまま座席の上に立った。
膝上10cmのスカートが揺れると斜め前の土方は途端赤面した。そんな土方の様子を沖田は見た。

神楽は、興奮して、早く頂戴と身を乗り出した。ふわり、スカートが揺れた。新八が危ないから座ってなよ。そう言った。しかし神楽は聞かず、ドンドンと座席の上で飛び跳ねた。振動が隣の沖田に伝わった。
沖田は舌を鳴らし我慢出来ない様に口を開いた。

「オイ。クソチャイナ。座れや。」
神楽はピクリとなったが、一言「嫌アル。」そう答えた。
沖田の顔に青筋が立てられたのは言うまでもない。そこで真正面のミツバが口を開いた。
「神楽ちゃん。座った方がいいかなって私も思うんだけど…。」

困った様に笑いながら、そう言うミツバに、神楽は、でも…。そうお菓子を恨めしそうに見る。
新八はお菓子をそれぞれちょっとずつ、律儀にビニール袋に入れている。ミツバは、神楽をもう一度呼んだ。あのね、その、スカートが…。

其処まで言ったとこで神楽は気づいた。あっ。そっか。そう言うと、スカートの下が見えないように手で押さえた。
しかしこれではあまり解決にはなってない。相変わらず土方は顔をそむけている。アイビーグリーンのスカートはぴたっと、神楽の足に押さえつけられたが、逆にきわどくなった気がするのは、何もミツバだけではない。其処から覗く白い太股がちらちらと神楽の後方席の生徒に触れた。

すると、一際大きな声が神楽より、ミツバより後方の席から響いた。
「チャイナァ。すっげェいい眺め。」
その声に振り向くと、通路側に座っている高杉と目があった。もう一つ声が重なる。

「神楽ァ、高校生にもなって水玉はどうかと思うよ、俺ァ。是非、ヒモパン推奨します!」
高杉の一つ後ろの席にいる銀八の声だ。高杉の隣から、ヒョコッと顔をだしたまた子は、口でパクパクと見えてる~!。そう言った。

流石の神楽もコレは恥ずかしかったらしい。高杉は勿論、銀八でさえ、声を大きく言ったのは、イタズラ心ではなく、神楽の隣の男の逆鱗に触れ、爆発するのをあえて防ごうとした結果だった。ただし、銀八はちょっと行き過ぎた発言だった訳で…。おかげでどっちにしろこの男、沖田総悟の逆鱗に触れる事となったのだ。

・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★school excursion
Published on: Sat,  30 2010 13:50
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

真奈美  

神楽;;
お菓子の為にそこまでするww

2010/10/30 (Sat) 14:18 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

神楽はそういう奴です(笑)

そして、やっぱり本音はこのびみょ~な雰囲気からちょっぴり逃げ出したかった
と言うのもあるんじゃないかな(笑)

2010/11/13 (Sat) 17:02 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment