Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 27

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓



別に特別な格好をする訳でもなく、至ってふつ~なTシャツにGパンと言う組み合わせの沖田を見つけた神楽は、思わず駅前の噴水から腰をあげ手をあげそうになったが、これじゃぁ楽しみにしてるのがバレバレだと気持ちを落ち着かせ、改めて座り、こともあろうに沖田の方に背を向け、いかにも気付いてませんとの姿勢を見せた。

「悪かったな。少しばかり送れちまって。」
待ち合わせの時間、20分遅刻での沖田の到着。しかし不安こそすれど、特別怒りなどの感情は神楽にはなかった。
むしろ姿が見えたことに舞い上がってしまい、不安などの感情さえも、今の今まで忘れていたのに、照れ隠しが前に出てしまい、ツンと口をきかなかった。

本当言えば、こんな所でヘソを曲げてる場合ではない。
久し振りにゆっくりとれる、二人の時間なのだ。行きたい所は山ほどある。一緒にショッピングにだって行きたければ、見逃していた映画を見るチャンスでもあって、もっといえば、ほんの少しくらいベビー用品なんかも一緒にみたりして、途中ではつわりもなくなりつつあるこの胃袋に、たんまりと食事を奢らせたい…。

背中越しにうじうじと考えている神楽だが、何よりも一番に、側によりたかった。
素直になれない自分が恨めしくて仕方がなくて、馬鹿らしくて…。

そんな神楽の前に沖田がしゃがみこんだ。

「機嫌なおしちゃくれねーか。朝、本当は打ち合わせに来てくれないかっつー電話が入ったんでさァ。俺が持ってる件なんで他に回すことも出来ねー。それでも今日はお前との約束を大事にしたかったんで電話で大まかな事を決めて、来週の頭まで伸ばしてもらった。だから遅くなった。これでも許す理由にはならねーか?」

分かってる。こんなトコで意地を張っている場合ではない。
しかし自分はとことん素直じゃないのも確かで…。口を尖らせていたが、その後噛んだ。
何て許せばいいのか分からないのだ。分かった。許してあげるの一言を、一度拗ねたフリをしたので出すタイミングが分からない。けれどこんな茶番じみた事など早く終わらしたいと思う気持ちもあって。

結果、確かに口は出なかったが、手をおずおずと沖田の方に伸ばし、その沖田の手をぎゅうと力いっぱい握った。
それだけで沖田には伝わったのだろう。だてに、神楽と付きあっていないと言う事だ。
堪える様に笑いを漏らし、ゆっくりと立ち上がり、神楽の手を引いた。
神楽も沖田に続き、ゆっくりと腰をあげた。

「さてねェ。何処に行きやすか、お嬢さん。」
「とりあえず何か食わすアル。」
そっぽを向いたまま神楽は言った。お約束かよと沖田は呆れつつ笑った。

「腹じゃなくて、もっと別のモノをいっぱいにしてやろうか?」
「別って何アル。確かにデザートの胃袋は別だけど。」
訳のわからない事を真顔でぶつぶつと言っている神楽に二枚の券が差し出された。


「何コレ。」
言ってからマジマジと読み直した。
日帰り用の温泉チケットだった。驚きのあまり神楽は拗ねていた自分を演じるのも忘れ沖田の方を勢いよく振り向いた。勝ち誇った様に沖田は笑っていた。

「本当にたまたまなんだが、客から前に流れてきてたのを思いだしてな。机の引き出しの奥にしまっておいたの思い出したんで持って来たんでさァ。どうする?行きますかィ?」
先ほどの拗ねていた自分を演じる事などを、考える事さえ忘れたように、神楽は満面の笑みを見せた。

「行く!行くアル!絶対いくアル!今すぐ行くネ!」
ぴょんぴょんと跳ねると、沖田が体に差し支えるとそれを止めた。

沖田の腕を散々引っ張り、揺らした後、その腕にぎゅうっとしがみ付くように体を寄せた。
このチケットで神楽の機嫌が直るのかは、正直半分半分だった。なんせ筋金入りの天邪鬼が相手ときている。
だが、なんとかなったと、胸を撫で下ろした。
そして、今日の日を待ちわびていたのは神楽だけではない。あのお妙の電話で舞い上がっていたのは、自分も同じだった。だからこそ今日取引相手からかかってきた電話を、初めて取りたくないとさえ感じてしまった。

電話の相手に、少々必死で話す沖田を神楽が見ていたのだらば、きっとどんなに送れて来ていたとしても許せるに違いないだろうと思わせた。
だから、悪ガキの様な瞳を見せる沖田の視線に、いつも以上に柔らかい笑みが混ざっていたのだった。


「じゃぁ、行くか。」
大きく頷いた神楽の頭をくしゃりとした後、体を気遣うようにその足を進めたのだった…。


・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Sat,  27 2010 22:03
  • Comment: 10
  • Trackback: 0

10 Comments

真奈美  

久しぶりのゆっくりとできる時間...
いいですねぇ(´∀`*)
ほのぼのだぁ

2010/11/28 (Sun) 00:08 | EDIT | REPLY |   

きょん  

あま~い。もうもうもう、蜂蜜みたいに甘いですね!
あぁ、ここホント生き甲斐です!
ここの、お互い好きで好きすぎて自分の想いの方が強いんじゃないかと思ってしまうの素敵すぎですo(`▽´)o
どこがどう好きとは言えないけど、たまらなく好きなんだみたいな雰囲気が好きです!
本当に好きになると、ココが好き!って言えないですよね(o^∀^o)

2010/11/28 (Sun) 08:31 | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

多分、神楽は前の日の晩、嬉しくて眠れなかったんだと
思うんです^^。
楽しみで、楽しみでしかた無かったとおもうの♪

でも、沖田が時間通りに来なくて、
すっごく不安で、
だからそんな神楽に神様が
あまいご褒美をくれたんだよ。きっと…★

2010/12/01 (Wed) 16:49 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

きょん  

サイトです!
帰り道教えてくれた歌
http://nanos.jp/rokunoichi/
小説サイトです。お題配布もします。調整中であります!!
おきかむ!!
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=korokketabdta&id=1&guid=on
友達(昆布)と共同経営です。愛を叫びます!叫 でチャットをだいたい23時か21時くらいからやってます。
幻桜鬼
http://lyze.jp/rokunoichi/
薄桜鬼です。厨2です。サイト名は沖田さんのことです。
木蓮の下で。
http://chinokyon.blog33.fc2.com/?m&&cr=e8bdd577d6c047e75919c3e73a7ddd41
文学少女サイトです。



全体的に更新亀ですwww

2010/12/01 (Wed) 16:57 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">


毎回ぐはぁぁと、ハートをわし掴みにする台詞を
頂戴しちゃって////

ありがとうですぅぅ~^^

そうなんですよね、本当に
好きになったら、上手く言葉にできないんですよね~!
だからこそ片思いが楽しいんですけど(笑)
あたしも、旦那とは
長いですが、まだまだ恋心はもってます////

2010/12/01 (Wed) 16:58 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

おぉぉぉぉ!!
さっそくの、ありがとうぅぅ^^

ゆっくり拝見させてもらう!!
絶対見るからぁぁ★

つーか、四つって凄いバイタリティ。
あたしなんか、このサイトと、携帯とで
実はヒーヒー言ってたりすると言うね…。^^

亀更新でもなんでもいいんだよ!
会いに行くからね♪

※。実は、いま文学少女に凝ってて
見るの楽しみです^^

2010/12/01 (Wed) 18:21 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

きょん  

文学少女!
いいですよね!文章がどこまでも透明で、蒼く青く輝いていて!
幽霊(ゴースト)は読むの辛いです。何度読んでも!
読んでると息苦しくて、目の前に涙色の透明な壁があって、行けそうで行けないんです!
パルミエーレが好きです!美羽でポニーテール萌えになりましたwww
美羽は映画で平野綾様ですよ!たまりません!ハルヒだ!絶チルだ!
絵も美麗ですよね。
画集、アートブック、グルメな図書ガイドも持ってます。
本編、エピソード集は全巻あります♪見習いは妹が嫌いと言うので買ってませんが読んでます!心葉が!てなります。
今度未熟作家と文学少女な編集者が発売されます!
本編の続編じゃないそうで………(泣)
一瞬期待しましたよ!ええ!

2010/12/01 (Wed) 18:53 | REPLY |   

ツンデレ→きょんちゃんへ  

うおおおお!!
ゴメン、何か、勘違いしてたみたい…。
あたしが言ってたのは、ジャンルの事なのです(汗)

でも、きょんちゃんの話を聞いて、ちょっと面白そうと思ったのも事実。
今度、本屋さんに行ってみようかなと思ったりした^^。文章が透明って言葉に、惹かれたんだ…。

それに、これ、すっごく有名みたい!

本を読むのは、勉強にもなります。
勘違いから生まれた話だけど、良かったって思ってるんだヨ★☆

2010/12/02 (Thu) 12:32 | REPLY |   

きょん  

あ、すいません無駄に語りすぎました。

2010/12/02 (Thu) 15:33 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

いやいやいやいやいや… …。

逆です。
謝らなければいけないのは、
あたしの方…。
でも、今結構立ち読みwwで小説とか読んでたりするので
今度、マジで本屋に行って探してみます!!

ありがとうぅぅ^^

2010/12/02 (Thu) 17:00 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment