風花と乙女心 act 4

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓



「千鶴ちゃん」
廊下を静かに歩く千鶴の肩をポンポンと叩いたのは、先ほど面白そうに千鶴と土方を見ていた沖田だった。

軽く笑った千鶴は、少し言い出しずらそうに、おもむろに口を開いた。
「あ……の。似合ってないんでしょうか……」
千鶴の言葉に、沖田はすぐにピンときたらしく、ふわりと笑った。
「何でそう思うの? 皆千鶴ちゃん見て、綺麗だって、呆気に取られてたけど……」
「でも……土方さんは、見ても顔色一つ変わらなかったと思います……」

なんだ。しっかり見てるんだな……。
思いながら沖田は千鶴の頭を撫でてやった。
「土方さんは、あー見えて照れ屋だからね。きっと表情に出してないだけだと思うよ」
「そうでしょうか……」
沖田の言葉を聞いても、千鶴はやはり不安そうで……。
頬を掻いた沖田は、ふーむと悩み、すぐに解決策を見つけたらしかった。

「一君」
呼び止めたのは斉藤。無表情で沖田の前に来ると、沖田は千鶴をずずいと前に出した。
「一君。千鶴ちゃん、どう思う?」
斉藤は何だとでも言う様に、眉間に皺を作った。
けれど、沖田と同じく、何かピンとくるものがあったのだろう。おもむろに口を開いた。
「よく似合ってるかと思うが」
ぱァっと千鶴の表情は明るくなった。

「ほら、ね、一君もこういってる。表情に出してはないけど、ちゃんと思ってると思うよ。土方さんもね」
千鶴は、沖田の方を振り向いて、ゆっくりと頷いた。気を取り直した様に千鶴は二人をそのままに土方の元へと足を向けた。きっかけはいくらでもある。一体自分は此処で、こんな格好で何をしていればいいのか。土方とは、一体どうゆう風に過ごせばいいのか……。考えれば考えるほど胸はドキドキと高鳴った。


ゆっくりと、息を吐き出した時には、その足は、丁度土方の部屋の前でとまっていた。
「千鶴です」
自分の名を言葉に出すだけでも、この人の前では緊張してしまう。
「入れ」
土方の声に、はい、そう小さく返事した後、千鶴は深呼吸をし、障子を開けた。
土方は、筆を持って、どこかに手紙を書いてる真っ最中だった。千鶴は出て行こうとしたが、それを土方が呼び止めた。しかしその視線はまだ手紙の方へと向いている。千鶴はただただ、じっと待ち続けた。十分ほどたっただろうか、ゆっくりと土方が筆を置いた。

それに気付いた千鶴は、何故お茶の用意をするのを忘れていたのだろうと立ち上がった。
「千鶴」
低い声で呼ばれた自分の名に、体がどうしようもなく脈を打った。
「正直、今回の事をお前に頼んで、本当に良かったのかどうかと俺の中で考えが出ていない。お前は本当にいいのか?」
ここで少しでも悩む様子を伺わせれば、土方の事だ。止めると言い出しかねない。だから千鶴は声を張った。

「後悔はしていません!」
千鶴の声に、土方も少々驚いた様にその瞳を大きくさせた。しかし千鶴は、後悔していない、と言うのは、果たして今の質問に、本当に合った答えだったのかと目をぎゅっと瞑った。そんな千鶴の耳に、土方の微かな笑い声が聞こえた。恐る恐るその目を開けてみると、ふわりと笑っている土方の姿があった。

「女のオメーが其処まで覚悟を決めているんだ。俺も覚悟を決めて今回の事にあたるとしよう」
千鶴はほっと胸を撫で下ろすと共に、胸の奥がきゅんとなった。
土方と二人きりのこの部屋に居ると、自分の体温が、高く、高く、上昇していくのが分かる。
頬の色が変わっていくのが分かると、耐えられない様に、土方にスッと頭を下げ、背を向けた。

「千鶴……」
「は、はい……」
背中からでも好きと言う気持ちが伝わってしまいそうだった。
「その色……オメーによく似合ってる」
振り向きたかった。今、土方がどんな表情をしているのか、見たかった。
柔らかいトーン。きっと、きっと……。思っては見たが、自分の染まった頬を見られる方が恥ずかしかった千鶴は、もう一度コクンと頷き、部屋を後にした。


・・・・To Be Continued・・・・・
Category: 初めにお読みください
Published on: Fri,  14 2011 21:50
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

きょん  

か、かわゆい………^∪^
土方さんのツンデレ!
嘘です土方さんはなんだかんだでデレ方さんです。
アニメとかデレ方!です。
もう何が言いたいのかわかりません!
とにかく可愛いということです!←

2011/01/14 (Fri) 23:42 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

アニメの最後とかって、
もう土千オンパレートでしたよね!!

いやぁ、おもわず一時停止と再生の繰り返しでした(笑)

此処の千鶴と土方にも、
是非是非デレデレになっていただきたいですぅぅぅ!!
それは私の腕にかかってるって事になって…

ハイィィ!!
頑張りますですぅぅぅ♪♪

2011/01/16 (Sun) 00:32 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment