school excursion act 18

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
「えっと、次って、何処に行くんだっけ?」
修学旅行、予定スケジュールの紙を神楽は広げながら、隣のミツバと覗き込んだ。
「歴史館……だって」
ミツバの言葉に、神楽は心底不服そうに口を『エ』の字にした。
「歴史なんて、なんっにも面白くないアル」
「そうかしら? 私は結構好きよ。ほら、昔の文化なんかを知るって、何だか素敵だと思わない? いま新しい技術がどんどん進化しているのも、その昔があったからこそなのよ。ね、楽しいでしょ?」
何がどう楽しいのか、何がどう素敵なのか、全くと言っていいほど分からない神楽は、とりあえず愛想笑いだけを、ミツバに返した。

その神楽の肩を、通路側を隔てたまた子と、お妙がトントンと叩いた。
二人してそちらを向いた神楽とミツバに、同じように広げていた予定表のすみっこを、指差した。

『他校の生徒と一緒の見学になります。くれぐれも喧嘩など、間違ってもしない様に!!』
思わず顔を見合わせ、この内容の根源になりそうな人物の方に視線をやった。
「つーか、考えて見ればありえないっスよね。何で沖田さんの隣に晋介様が乗ってるスか」
「本当アル。私も今気付いたネ。やばくない? 軽くヤバクない? 現地に到着する前に喧嘩勃発しそうアル。あっ、でも一応、通路隔てた隣側はちゃんとゴリが座ってるアル」
本当は、こんな席順で乗る予定でもなかったが、元々座っている席を立たしてまで、一緒に座ろうなんて言う男達ではなく……。その結果が、いわば最悪の組み合わせだった。

神楽達が心配した様に、バスの中で乱闘騒ぎにはさすがにならなかった様だったが、到着し、バスから降りてみると、なんとも禍々しいオーラが沖田と高杉の周りを包んでいる。この短時間で、凄まじいストレスが溜まったとみれた。何となく沖田の側によりずらい神楽が、前を歩く沖田達の少し間をあけ、歩いている。

気まずい神楽を一人にしておけず、結局ミツバ達も神楽にと付いているのだが……その高杉のと沖田の雰囲気は、どんどんと荒んでいっている。近藤は必死に宥めようとしているが、どうやらそれも役立たずといった所らしい。
土方は、もとより、この状況を何とかしようと言う気はなく、
「放っておけよ」と近藤にいうだけだった。

「うわぁ~。あの雰囲気やばいっス。ね、神楽ちゃん、沖田さんの隣に行った方がいいっスよ」
また子は言いながら、神楽の肩を持ち、前へと促した。
「な、何で私がっ……。私が行っても何も変わらないアル」
「何言ってるっスか! 神楽ちゃんじゃなきゃ、絶対駄目っス!」
神楽の意思はお構いなしに、また子はその体をぐいぐいと前に押しやる。
歴史も何もないといった感じの沖田は、ふてぶてしそうに歩いていた。
そこにひょっこりと言うか、半強制的にというか、現れたのは神楽、と、勿論、以下略の女の姿。
沖田は驚いた様に神楽をみた。
「な、なんでェ」
「べべ別にィ……」
好き勝手言ったまた子の言葉だったけれど、それは確実に的を得ていた。
沖田の周りに広がる禍々しい雰囲気は一瞬で浄化された。そしてそれは、高杉にとっても同じだった。
何だかんだ言っても、隣にまた子が居る。それだけで場が和んだのは、誰が見ても明らかな事だった。

息を撫で下ろしたミツバは、土方の隣へと、そしてお妙は近藤の隣へといった。
ミツバは土方の隣で、ふふっと可愛らしく笑う。
「やっぱり総ちゃんには、神楽ちゃんよね」
土方の方を見ると、口元を僅かにあげた。

神楽と沖田は会話となる様なものが、ほとんどないままだったけれど、その他はやっとの思いで歴史館を、堪能し始めた。特に、ミツバは本当に楽しいらしく、土方の腕を引いては、あちら、こちらと歩いている。
なるべく意識しない様にと沖田の方を向かずに、歩いていると、神楽の前が疎かになっていた。
気が付いた時には、何かにぶつかり、鼻を押さえる始末となった。
「ご、ごめんなさい……」
鼻を押さえ、痛みを堪えながら言葉を発し、前を向くと、男子高校生。しかも確実に銀魂高校ではない。
沖田は何処だと思えば、なんと神楽を置いて先にと行ってるようだった。照れ隠しのつもりか、只単に一緒にいたくなかっただけなのかは分からないけれど、神楽は安堵の様な、こまった様な表情をさせた。

しかし、よもや自分が火種になってどうすると、神楽は急いで踵を返した。しかし、肩を掴まれたかと思うと、強引に引かれ、今度は後頭部をその男子の胸でぶつけてしまった。
頭を押さえつつ、もういいや、無視してしまおうと手だけ振り払ったつもりだったが、反対に力強く掴まれてしまった。
「ね、君何処の高校?」
神楽の瞳を興味深そうに覗くと、男二人組はそう切り出した。
(うわっ、最悪アル。こいつナンパ野郎アルカ?)
神楽はあからさまに嫌な顔を表に出すと、
「銀魂高校です。ではサヨウナラ」
とその手を引き離した。が、また肩を掴まれた。その掴んだ男の肩を掴んだ手がひとつ……。

「――――何やってんでェ?」
言った男の台詞は、間違いなく神楽へとむけられている。
自分が先にいった癖に、とか、何で此処に? とか、思った事は山程あったけど、とりあえず、口から出たのは、一言だった。

「あっ……ナンパ? されたアル」




・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★school excursion
Published on: Thu,  24 2011 14:14
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

きょん  

ナンパって自分でいうなや(笑)
修学旅行でナンパとか学生のロマンですね♪

2011/02/24 (Thu) 17:57 | REPLY |   

真奈美  

ナンパww
実際そううまくいかないんですよね~

中1の時に高校生にナンパされたんですけど
あとで当時の彼に話したら爆笑されましたよ;;

2011/02/24 (Thu) 19:22 | EDIT | REPLY |   

みかん  

ナンパされたとか自分で言える神楽が羨ましいですねw

ナンパされたのかなって思っても
相手は全然その気なくて
ナンパしたんでしょ?ってきいたら驚かれたっていう
体験談を友達から聞いたことがありますw

そういうのって結構恥ずかしいですよねw

いつものピン底眼鏡がなくて神楽ちゃんモテてますねぇ・・
次回は沖田くん嫉妬に期待(笑)

2011/02/25 (Fri) 22:49 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

いいですよね~。
修学旅行で、彼氏と、とか。
偶然会った他校の生徒に、ナンパとか。
もうそれだけでテンションあがりそうだ (笑)

にしても、もう~。
ちゃっかり来てますね、沖田ったら。
憂い奴(笑)
きっと、横にいないのに、気付いたのか、意図的に
初めはおいて言ったのか……。

だけど、神楽の様子に気付いて、
結局もどっちゃったというね!
どんな表情でもどったんだかってi-237

2011/02/28 (Mon) 21:05 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

中一の時にナンパだとぉぉ!!

羨ましいじゃないかコノヤローーー!!

後で当時の彼らって事は、今も顔見知りって
事だな。コノヤロ~~(笑)
私は、~~~うう~~ん。

花火大会の時に、ナンパされた?かなって
くらい。
つーか、当時の彼(今の旦那)がいつも一緒だったん
ですが。そう思ったら、私のナンパ回数って、ないに等しい(笑)

ま、人生こんなもんだ!
旦那を戦利品にしてるから、いいとしようw。

2011/02/28 (Mon) 21:10 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→みかんちゃんへ">

ツンデレ→みかんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→みかんちゃんへ">

本当、何で神楽いってんの(笑)
思わずつっこんじゃったよw

そして、体験談のお話も、面白いね~。
マジで、人っていろんな事があるから
笑えるし、いいネタになるかもww
なんて考えちゃってる自分が居たりするw

次回は、沖田嫉妬ですね。
どんな風になんのかな~。
いやいや、付き合ってないんだから、
俺の神楽に手をだすな!
なんて事はないはずだし……。

私は、キャラが勝手に動くタイプなので、
先の行動が、私自身にもわからなくて、
読者さんと一緒にドキドキしてるんです(笑)

2011/02/28 (Mon) 21:20 | ツンデレ→みかんちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment