Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 38

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓


こんなはずじゃなかった。
沖田は最後まで、そうブツブツと文句を言いながら電車へと乗った。

風呂場の騒ぎの後、通されたのは、四人分の懐石料理。
勿論これも、全てサービスだった。神楽が迷った事。他の客が紛れ込んだ事。
以後こう言う事がないように、そうマネージャーじきじきに頭を下げに部屋へと来た。

しかし、元々は神楽は自分で迷った事が原因だったため、
沖田の方も、しっかりと頭をさげた。勿論神楽もだった。
懐石料理はAクラス。神楽やまた子にとって、どれも目を見張るものばかりだった。
何をとっても、どれを食べても、口から出てくるのは、「おいしい!」と言う言葉ばかり。

沖田の方も、終りよければ全てよし、そう言いながら、料理に手をつけた。

そして時刻にして、現在午後九時二十分。
窓の向こうは、高速で景色が変わっている。その景色に浮かんでは消える、色んなライトだけがキラキラと映っている。
さすがにこの時間ともなると、乗客も少なく、ちらほら人の影が見えるだけだった。

「でも、今日は楽しかったっス。お妙さんに感謝しなくちゃいけないっスね」
「本当ネ。確かに、色々とあったけど……色々とね。でも、楽しかったし、美味しかったアル」
「でも、また明日から、晋介も忙しいんだろうな」
また子はちらりと高杉の方を見た。
窓の向こう側を見ていた高杉は、ちらりとまた子に視線を移したが、何も言わずにまた景色の方へと戻した。
「沖田さんも、明日の朝は早いッスか?」
「あァ、朝一から会わなねぇといけねークライアントが居まさァ」


沖田の言葉に、一気に現実に引き戻された様な気がした。
気が付けば、電車の中。楽しい時間は、本当にあっと言う間にすぎてしまうのを、神楽とまた子は、嫌でも感じてしまう。
誰ともないため息が、聞こえた。
毎日遊べる訳がない。こんな日は、たまにだからこそ引き立つのだ。
そう思ってみるが、やっぱり寂しかった。
子供が出来たと言ってから、ずいぶんと優しくなったし、甘えさせてくれる様にもなった。
でも、本当は、毎日だって、一緒にいたい。
朝起きたら、隣に居てほしい。夜寝る時は、どんなに遅くなってもちゃんと待ってるから、隣で寝てほしい。
思うことは、色々あった。何も言ってくれない男の心情が分からず、まだ不安を抱えてるは、神楽だけではなかった。

毎日逢える、じゃなくて、毎日居るのが、当たり前になればいい。
そう神楽達は思わずには居られない。
沖田達にも、考えている事は色々あるのだろう。だから今は何も言わず信じて待つしかない。
ちゃんと分かってるから、何も言わない。

次から次へと、あれやこれやと欲張りすぎると、何もかも失いそうで恐いから、ただ待ってるだけだった。
本当は、そんなのキャラじゃないのに……。

電車が駅へと着くころには、本格的に、冷え込んでいたので、思わず神楽達はぶるっと震えた。
このままバイバイするか、でも、出来る事なら、今日は朝まで居たい。
神楽達は願わずにはいられない。
今日くらい、わがまま言ってもいいでしょう?
そんな風に神楽は沖田にピタリとくっ付いた。
おそらく、少し前を歩くまた子の影も、同じようにくっ付いている……。

「ね、沖田。もっと、話したいなぁ、なんて……思ったりしてるんだけど――」
神楽ではこの位が精一杯だった。心臓の音は早く、高く。未だにこんなにも沖田にドキドキと胸をならすなんて、もう末期状態だと神楽は思う。
オマケにもう夜中に近く、沖田の表情なんて、まったく見えない。

鳴らした喉の音が、耳の奥にジンっと響いた。
「俺がこのまま帰す訳ねーだろィ?」
帰ってきたのは、いつもの沖田の声。
「高杉の野郎と、あの変なクソ女の所為で、俺の計か――いや、お前との時間もとれないままだったしな。ま、美味いモン食えたってーのは良かったが、まだ深夜にもなってねーしな。はなっからオメーを送るつもりなんざありやせんぜ? 今日帰るのは俺のベットだけでさァ」

ストレートな沖田の言葉に呆気に取られるも、すぐに素直な気持ちが心を占めた。
「お前の部屋に行くアルっ! だれもベットに行くなんて言ってないアル」
「何いってんでェ。スキンシップだって大切な事だと思うぜ?」

酔わされる様な殺し文句なんかじゃない癖に、このまま沖田の口車にノせられてもいい。
そう思える自分が居る。
神楽はふふっと零れてきた笑みを密かに隠しながら、沖田の腕にぎゅっと自分の腕を絡ました。

「今日だけは、特別アル……。何か私も――誰にも邪魔されずに、イチャイチャしたい気分だもの。訳の分からない女より、ずっと私の方が良い女だって事、認めさせてやるヨ!」
「お手並み拝見といこうじゃねーか」

あんなクソ女でも、役に立つじゃねーか。沖田は思いながら神楽を引き寄せ強引に唇を重ねた。
一瞬にして威勢をなくした神楽の耳元で何かを話すと、神楽は更に体の力を失わせた。
すがる様な格好になった神楽の体を支えながら、その沖田の足は、今日一番幸せな足音を鳴らした。




・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Wed,  02 2011 22:54
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

きょん  

らぶらぶ~!!
どうせ神楽たちよりもっともっと沖田たちは一緒にいたいんですよ!
二人にはもっと年を取ってもラブラブでいてほしいですね(^^●)

2011/03/03 (Thu) 17:39 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

本当に、そうですよね。

キャラ★パラの沖神のように、
年齢を重ねても、馬鹿っぷるでいて欲しい(笑)

神楽が拗ねて、沖田はそれに弱くて、
結局言う事聞いちゃって、でもそれが二人の形であって……。

もう、沖神、本当に最高です!!

2011/03/06 (Sun) 13:19 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment