彼氏  act 21

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓


「あれって……私のためだったって事アルか?」
女子トイレの中、神楽、また子、ミツバ、そしてお妙は鏡を覗きながら雑談をしていた。
ココなら、誰にも邪魔をされないだろうと、お妙が言い出した場所だった。
「多分間違いないと思うの」
お妙の言葉だったが、神楽はまだ信じれないでいる。
「でも、何で?」
また子が口を挟んだ。
「神楽ちゃんに嫌がらせをしていた子達じゃないっスか? それを何らかで沖田さんが知っちゃったんスよ。もしくは、調べたか……」
確かに、沖田がいくらなんでも、理由もなくあんな事をする風には思えない。
でも、どうして知ったのか? そしてアレほどまでにしなければいけなかったのか……。
あの沖田の瞳。普段自分を見る瞳とは、全く違った。同じ女にも関わらず……。
あんな冷たい目が出来る沖田が居たのか……そう思うと神楽は恐くなった。やっぱり、今回の事を知られたのは、間違いだったんではないのか。そんな事さえ思った。

神楽に嫌がらせをしていた女子にあれだけの事を出来るなら、自分をこんな風にしてしまった男の考えると、恐くて震えた。
普通じゃ考えられない。三階の教室から、三人分の机を放りなげるなんて。
普通じゃ考えられない。今勉強している教科書を、躊躇いもせず、燃やすなんて……。

それを普通に見てる土方も、近藤も、高杉も……。
自分じゃ考えられない事を、普通の事の様に出来てしまう……。

嬉しいのに、喜べない。嬉しいのに、沖田とは世界が違うのかと、思いらされた気がした。
転校する前から、自分は勝気だった。それでも、あんな風に人を冷たく見下ろした事はなかったし、
あんなむちゃくちゃっぷり、沖田がはじめてだった。

神楽は無言のまま、ずっと考え続けた。
沖田は、自分の為にやってくれたのだ。もし止めてといえば、ちゃんと止めてくれたのだろうか?
それとも、キレたまま、言う事も聞いてくれなんだろうか?

自分は、沖田の一部分しか、知らない。
ちゃんと、自分は、沖田を制御できるのだろうか……。

喧嘩が強いとか、沖田と渡りあえる自分とか、そんな世界、全部、偽者の世界に見えてしまった。
アレが、本当の沖田。自分には見せなかったけれど、あれが、本当の沖田なら……。

「――ちゃん! 神楽ちゃんっ!」
お妙の声に、神楽はハッと此方側へと戻ってきた。
「大丈夫? 冷や汗が額に……」
確かに額には、冷や汗がびっしょりとついている。
ミツバが、それを拭った。
その手を、神楽が掴んだ。
「ね、ミツバ姉……。沖田って……あんな風なのかな? 私が居ない所では、いつもあんな目をしてるのかナ?」
ミツバ達は、思わず顔を見合わせた。
神楽が、あんな沖田に触れたのは、初めてだった。
「あのね……」
「どうしよう……。私の所為で、あんな目……。どうしようっ……どうしようっ……アレじゃ沖田本当にっ……」
ミツバの腕を、強く握りしめた。
「神楽ちゃん、落ち着いて!」
お妙は言う。
「だって……何であんな事、躊躇もなく出来るアルか? だって、皆が勉強する教科書アルっ。それを簡単になんて――」
「簡単じゃないっスよ」
神楽は、振り向くと、また子の言葉をゆっくりと聞き入った。

「沖田さんからしたら、きっと簡単じゃなかったっス。そりゃ、ちょっと行き過ぎてるって思うかも知れないっス。でも神楽ちゃんが転校する前は、正直もっとヤバかったっスよ。そんでもって、それは沖田さんだけじゃないっス。晋介様も、土方さんもっス。でも、神楽ちゃんと付き合う様になってから、ミツバちゃんと、私と、お妙さんと……皆ちゃんと考えてくれてたっス。火の子がウチらに飛ばない様にって。ちゃんと、制御出来てたっス! それでも、どんな事をしても許せなかったのは、きっと、きっと神楽ちゃんの事が、それだけ大切なんス。はっきり言って、私も許せないっス。多分、沖田さんみたく、偶然でも何でも、見つける事が出来たら、きっと私も手を出してるっス。仲間だし、友達だし、恋人だから、きっと許せなかったっス。だから、その証拠に、神楽ちゃんの側にきた沖田さんの目は、あんな冷たい視線なんかじゃなかったっスよ」

神楽は、無言でゆっくりと頷いた。
「ごめんネ。だって、初めて見たし、やっぱ恐いでしょ? あんな沖田……」
神楽の表情が柔らかくなったので、お妙や、ミツバも、ふわりと笑った。
「こんなモンじゃなかったわよ? 神楽ちゃんが転校する前の沖田さんは!」
「マ、マジでかっ。よく人殺しにならなかったアル」
「う~ん……まぁ、半殺し程度は……日常茶飯事だったかもしれないっス」
空いた口が塞がらない。
「で、でも、今の総ちゃんはとっても優しいでしょ?」
ミツバは必死にフォローを入れたが、神楽の笑顔は、引きつっている。
「でも、あんな沖田が、神楽ちゃんの彼氏っス。強い男は格好いいっスよ? 沖田さんも、土方さんも、近藤さんも、晋介様も、うちらの彼氏は、とっても強いんス。」
神楽は鼻で、めいっぱい息を吸い込むと、ゆっくりと口から吐き出した。

「そりゃ、弱いより、強い方がいいけど……沖田にあんな目をさせるのは……嫌アル」
よしよしと、ミツバが神楽の頭を撫でた。
「神楽ちゃんは、本当に優しいのね。だからきっと、総ちゃんも大好きなんだわ」
大好き……。神楽は柔らかく笑った。
どんな沖田でも、恐くても何でも、結局は好きなのだ。本当は好きなんて言葉なんかじゃ収まらない。
きっと、沖田に溺れてるんだ。神楽は思った。

「さ、とりあえず、次は神楽ちゃんの問題よね? あの沖田さんの顔。もう言いたい事が山ほどありそうだったわよ?」
お妙はくすくすと笑いながら、その女子トイレのドアを開けると、丁度、神楽を探していた沖田達と、タイミングよく、かちあってしまったのだった。


・・・・To Be Continued・・・・・

Category: ★彼氏
Published on: Sun,  06 2011 16:34
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

きょん  

あああああ!!これもコピー本で持ち歩きたいくらい良いですね!!素敵!

自分の残酷さにぞっとする時もあるんだろうな、沖田。
特に本編なら。
銀魂はキャラクターひとり一人が信念を持って強く歩いて行きますけど、弱さを垣間見たり想像すると喉までしか空気が入らないような、喉の先でしか空気を出し入れできないような辛さを感じます。

今の「彼氏」は前より全然いいです!前も素敵ですけど(^^●)

2011/03/06 (Sun) 22:51 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

きょんちゃん、すご~~く嬉しいです!
ありがとう i-179 前の彼氏と
若干ずれている部分が否めないんですが、
それでも、いい作品を作りたい。って思う気持ちは
前も、凄くあったけど、今は、もっともっとあるんです 。

だから、そう言っていただけると、
嬉しいです。・

前の彼氏では、結局神楽をいじめていた女の子の部分が
うやむやになっていたので、どうしても入れ込みたかったんです i-265

2011/03/09 (Wed) 21:08 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/14 (Mon) 15:53 | REPLY |   
ツンデレ→非コメントの方へ">

ツンデレ→非コメントの方へ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→非コメントの方へ">

ピクシブの方から!
 
ありがとうございますっ ★

彼氏を気にいってくれてると言う事で、私も
本当に嬉しいです ^^

地震で、返信が送れて、すいませんでした。
是非、これからも、私ともども、宜しくお願いしますっ !!

2011/03/16 (Wed) 12:18 | ツンデレ→非コメントの方へさん">REPLY |   

Post a comment