彼氏  act 23

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓
神楽達は心配でたまらなくて、あの後、少し間を空けてから、職員室へと行った。

既に其処へと戻っていた銀八と目が合うと、沖田達は、もう教室に帰ったと教えてもらった。
じきに朝のホームルームがはじまるからと、神楽達は足を教室へと急がせた。
すると、教室に近くなった所、ちょうど沖田達の声が聞こえてきた。

案外明るい、そしていつもの沖田達の声の調子に神楽達はホッとしたが、まもなく、足が止まった。


「――――で、実際どうなんだ? 気にいらねーンだろ? 沖田よ」
「当たりめぇでさァ。あんな格好……。まったく冗談じゃねー」
高杉の軽い言葉に、沖田の本音。
神楽は愕然とその場に立ちつくした。その隣、そして後ろにと居る、また子達も、その本音に体をかたまらせている。

「まったく……一体ぇ、ありゃぁ、どう言うつもりなのかねぇ? あいつが理解できねーよ」
「そうかァ? いいじゃないか、トシ。俺は似合ってたと思うね! いや、お妙さん限定でっ!」
近藤の声に、土方の声。
どんどんと空気は冷たくなっていく。

「あんなに露出させて……何がギャルだ。呆れて物も言えねーよ」
高杉の声に、また子の唇はきゅっとなった。

確かに、男の本音だったのだろう。
それが似合うか、似合わないかの話ではなかったのだ。様はただの独占欲、つまりは妬きもちの延長戦の話題。
その白い足は、自分だけのモノであって欲しい。
その柔らかい太股は、自分だけが知っていたい……。
言葉は違えど、単純に考えれば、そんな感じだったのだ。

しかし彼女らにしてみれば、たったそれだけの事。そんな風には割り切れなかった。
神楽に、今度こそ、自分達の力で助けたいと思った、その思い。
ほんの少しでも、目立つ自分達の彼の側に並んでも恥ずかしくない様にと頑張った結果。
可愛くなりたい。綺麗になりたい。相応しくなりたい……。

そんな神楽達の思いを、知らず知らずのうちに、沖田達は踏み潰した。

お妙は、腹が立った。
また子は、歯を食いしばった。
ミツバは口を噤み、下唇を噛んだ……。

けれど、何だかんだ言っても、そんな女の子の思いは、結局神楽が一番強かった。
沖田の相応しい彼女になりたい。可愛いって思ってもらいたい。

ほんのちょっと前まで、そんな可愛い子で居られたはずなのに……。
いられた……はず――――――っ。



キュッという、シューズの音が廊下に響いた。
「神楽ちゃんっ!」

すぐに振り返ったお妙の声が、神楽の背に届く。
聞こえている……のは確かなのに、後ろに居るまた子の肩へとぶつかりながらも、神楽はそのまま走り続けた。

教室から目と鼻の先の位置にいたお妙の声は、簡単に沖田の耳へと届いた。
勘のいい沖田は、たった一瞬で、事態を把握させた。振り返ったその瞬間には、机の上に座っていた腰を上げ、床を強く蹴っていた。

沖田が教室から出るとすぐ、走りさる神楽の背が見えた。

後ろ姿しか見えていないはずなのに、沖田には、神楽がどんな表情をしているのかが分かった。
(聞かれちまった――――――っ)
今更そう思っても、仕方のない事だった。でも、神楽にだけはきかれたくなかった。



走りながら、神楽は頬に流れた涙を、必死に拭う。
でも、どんなにぬぐっても、後から、後から、涙はあふれてきてしまい、彼女の掌を濡らした。

ぐんぐんと沖田は神楽との間を詰めていく。一瞬、向こう側から歩いてくる銀八と視線を交わした。
何事もなかったかの様に、歩く銀八。なんだかんだ言っても、神楽を泣かせるのも、涙をふいてやるもの、沖田だと言う事が分かっている様だった。

沖田は、一言だって漏らさない。神楽の名前さえ呼ばなかった。
ただひたすらに神楽の後を追う。神楽との間はほとんどない。
ここにきて、沖田は手を伸ばした。神楽の肩へと、容易に届いた。

刹那、神楽が前のめりに体勢を崩した。
あっと言う間も無かった。
ホームルーム前と言う事で、ほとんどの生徒は教室へと集まっていた。その生徒全員が神楽と沖田の様子を興味ぶかく教室の窓から覗いていた。
その視線の先……。

沖田が神楽と抱え込むようにして、そして、沖田の背を下に、二人して倒れている姿があった……。


・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★彼氏
Published on: Fri,  25 2011 22:40
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

きょん  

なんか、この美男美女の恋愛劇みせられたら「リア充爆発しろぉぉぉお!」ですよね。少女漫画か!ってニヤニヤしながら見てると思います。

2011/03/26 (Sat) 12:30 | REPLY |   

ぽぽ  


すごく神楽達の気持ちわかるよ)涙
自分の好きな人には可愛くみせたいし
相応しい人でありたいですよね…

沖田達の気持ちも分かるけど
女の子の気持ちも分かってほしいと
思いました…

次が楽しみです!!!

2011/03/26 (Sat) 16:19 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

いや~。

近頃、マジで、私の小説を原作に、誰か漫画かいてくれないかって
思う事もあったりする(笑)

小説には、小説の。
漫画には漫画のよさがあるからね ♪

むしろ、創作してて、あぁ、ここ漫画だったら、もっと
雰囲気が作り出せそうなのにィって思う事があるんだよ^^

2011/03/28 (Mon) 13:00 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→ぽぽちゃんへ">

ツンデレ→ぽぽちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ぽぽちゃんへ">

特に神楽のふさわしい女の子になりたいって思いいれは、すごく
強かったと思うんです。

だからこそ、悲しかったんだろうと思うけれど、
その後、すぐにそれに気付いた沖田が追いかけてくれたので、
良かったとします w

さて、次は、どうなるかと……。
でもココらへんは、前回の彼氏と重なり部分なので
アレですが……。

でも、ちゃんと神楽は、沖田に思われている。
それは確かな事ですよね ^^

2011/03/29 (Tue) 22:48 | ツンデレ→ぽぽちゃんへさん">REPLY |   

みつき  

文章が一番気になった 部分を上げていきます。
手直しなんておこがましい事を申すつもりは無いのですが、具体例があった方がわかりよいのではと言われたもので...

『「神楽ちゃんっ!」 お妙の言葉と同時、神楽は背を向けて走りだし ていた。 』

これだとお妙の声切っ掛けで走り出した様に見えかねない為、文を逆にして、「神楽が背を向け走り出したのを見、お妙は声を上げた」
等神楽切っ掛けである事を明確にした方がわかりよいと思われます。

『教室から目と鼻の先の位置にいたお妙の声は、 簡単に沖田の耳へと通った。』

聞こえたという場面なら「通った」よりも「届いた」の方が一般的でわかりよいと思われます。
『振り返ったその瞬間には、机の上に座っ ていた腰を下ろし、床を強く蹴っていた。』

単純に腰を上げるの書き間違いか...座っていた位置より腰位置が下がった為に下ろすと書いてしまったのか...
とりあえず立ち上がった表現であるなら、腰は上げた方が良いかと...

『沖田が教室から出るとすぐ、走りさる神楽の背 が見えた。 考えなくても分かった。神楽は泣いている。 』
この場合はむしろ「見えていないが状況を考えたからこそ」神楽が泣いていることに気付いたのではないでしょうか?

『頬から振り下ろされたその手からは』
「その」が何にたいして「その」なのかわかる単語が無い。
「から」の重複。
頬から手は降り下ろせない。

このシーンは頬を手で拭った動作を想像していれば正しいでしょうか?
ならば先ず手が頬にかかった事をしめしたほうが理解がしやすいです。
涙を拭いたことに重点を置くなら、自分だったら「頬を拭ったその手からは...」ぐらいが短い単語で動作と意図を伝えられそうなので使いますが、単語の選択は人それぞれですしね...

文学部出身でもないですし、日本語に自信がある方では無いので、自分の引っ掛かりが正当なものであるのか、自信は無いのですが、所々で引っ掛かりを覚えてしまう所があって...

2013/09/03 (Tue) 04:41 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→みつき様へ">

ツンデレ→みつき様へ  

Re: Re: タイトルなし

ツンデレ→みつき様へ">

> みつき様、ご指摘、本当にありがとうございます。
> もしかして、みつき様のお側に、もしくは、小説を通して、繋がってる方も、ご一緒にいられるのでしょうか?
> 私の事を、それだけ考えてくれている。そう思うと、とても嬉しい気持ちになりました。
>
> 言葉ひとつを通してみても、私からの視点からではなく、
> 読者様に読みやすくする大切さがある事を、学びました。
>
> そして、単純に、言葉の間違いがあった事にも、ご指摘され気づきました。
>
> 今、物語を更新している途中途中で、他の物語をつねに読み返してみては、誤字脱字、そして、今回のように、ストーリの流れがおかしくないか……などチェックしているのですが、まだ、手の届かない場所があるのも事実です。
>
> 頭の中では分かっている事を、いざ、キーボードに打ち込んでいくと、おかしな事になっている事もあり。
>
> 自分では、大丈夫、そう思っていても、今回のようにご指摘される箇所があるのも知り、もっと、もっと読み返してみて、流れがおかしくないように、楽しんでいただけるように、頑張りたい。
> そうおもいました。
>
> 数多くあるブログ小説の中から、こうして巡りあう事ができ、すこしでも楽しんでいただけたのです。
> それを、もっと増やしていけるように、これからも頑張りたいです。
> みつき様のお言葉、私にとって、本当に勉強になりました。
すぐにとは、行かないかもしれませんが、私自身、これからも成長していきたい、もっと、読んでくれる方に、いい物語を届けたいと思う気持ちは沢山あるので、よろしくお願い致します。

> 読みかえしてみて、おかしいなと自分でも思った所は、修正しておきます。
> これからも、よろしくおねがい致します。
>
> ツンデレよりでした ^^。

2013/09/05 (Thu) 08:35 | ツンデレ→みつき様へさん">REPLY |   

Post a comment