Honey Girlの悪夢 act 22

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓

沖田の目の前には、目を見張る様な料理が並んだ。
その沖田は、終始唖然としている。
神楽は、元々作っていた料理に、更に一品追加させた。
沖田の視線の先に映る神楽の姿は、一切無駄が無かった。これが、本当に、あのガサツだった神楽かと、信じられなかった。

もしかすれば、これも人格が違うせいなのか? 正直そうは思っていたが、調味料の数や減り具合、その慣れた手つきを見れば、みるほど、元々神楽は料理がうまかったのかと感心してしまった。
そういえば、神楽の弁当にならぶオカズだって、今にして思えば、冷凍食品など、ひとつだって使われていなかった。全て神楽の手作り……。

そう考えると、沖田の心は、嫌でも躍った。

「――つーか、スゲェな」
沖田の言葉に、神楽は得意げに笑ってみせた。
「銀ちゃんがね、一人ぐらしするなら、料理をしないと生きていけないって言ったアル。でも、私やっぱり料理なんか作れなくて……。そしたらね、銀ちゃんが、料理教室に通えってお金出してくれたアル」

なるほど。
沖田は納得した。料理教室で習得した腕ならば、折り紙つきだろう。
神楽が沖田に箸を渡したので、沖田はおずおずとその料理に手を付け……絶句した。

美味い。
本当に美味い。
文句のつけようがない。
ちらりと神楽を見てみれば、何だかんだ不安そうに沖田を見ている。
これだけの料理の腕前を持ちながら、それでも不安げなのは、やっぱり好意を寄せている人間に、どう思われているかと気になる様だった。
しかしこんなにも見つめられると、かえって沖田は答えずらかった。
確かに美味いにも、関わらず。

「ど、どう……アルか?」
素直に美味いといえばいいのだ。美味いのだから。しかし滑った口から出た言葉は、「まぁまぁ」だった。

別に拗ねている風ではなかった。けれど、神楽自身、多少なりとも自信があったのだろう。
沖田の言葉を聞くと、「そうアルか」と笑った神楽だったけれど、苦笑いだった。

その後も、黙々としてたが、食事は続いた。
神楽が気をつかい、沖田に話題をふっかけては見るが、沖田は激しい後悔で、それどころではなく、適当に相鎚をうった。それが更に二人の雰囲気を悪化させた。

神楽はさっさと食事を終わらすと、カチャカチャと食器をさげた。
そして、沖田の前の食事も、さげようとした。
しかし、その皿を、沖田が無言で引きとめた。瞬間、神楽と目があった。
「あのっ……これ、下げちゃおうって――」
「食いまさァ」
神楽の口が開く。そこから言葉を発する事はなかったけれど、確かに驚いている。
「腹へってるし……だから置いといてくれやせんか?」
「でも……」
そらした神楽の視線から、微妙な雰囲気が伝わった。
「美味い……と思う……つーか……まだ……食いたいっつーか――」
神楽が、沖田を見た。沖田自身もそれに気付いてるはずだった。
だが、正直恥ずかしくて堪らないのだろう。沖田は、うなじを掻くと、神楽から目をそらしたまま、何事もなかったかの様に、箸を進めた。
沖田が、今、何を考えているのかは分からない。

沖田に背を向けた神楽は、蛇口をひねり、食器に水を浸す。

二人の間に、会話はない。
けれど、黙々と箸を進める沖田の顔も、ひたひたになる、その水を見ている神楽の顔も、淡い恋色に染まっているのを、神様だけが見ていた……。


・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★Honey Girlの悪夢
Published on: Sat,  26 2011 22:11
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

真奈美  

なんだか全てが嘘だったみたいな雰囲気・・・

2011/03/27 (Sun) 00:03 | EDIT | REPLY |   

夢羽@獅瑠虎  

これから起きようとしていることも今までのことも本当に全部嘘だったみたいな感じですね・・・。
逆に怖いです^^;
嵐の前の静けさ。みたいな感じなのでしょうか??


ツンデレさん!
あつかましいお願いですが私のこと夢羽ちゃんなんて読んでもらいたいなんt((今すぐ消えなさい
あの!!いやだったら全然いいです^^*

2011/03/27 (Sun) 00:18 | REPLY |   

きょん  

うっわ可愛い!可愛いですね!こういう沖神大好きです♪

2011/03/27 (Sun) 11:03 | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

確かにそんな感じです。
あまりの甘い空気の所為で、沖田自身もそんな感じに包まれているかも
しれない。だからこそ、沖田は神楽の部屋から逃げようとしたんですよね。

でも、沖田は好きな娘の料理が食べられて、幸せです。

それに、美味いときている。
美味く言葉に出来たか出来なかったかは、
神楽のその表情が物語っています。

どんな中でも、少しは幸せで居て欲しい。
そんな思いから創作してました ^^

2011/03/29 (Tue) 22:56 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→夢羽ちゃんへ">

ツンデレ→夢羽ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→夢羽ちゃんへ">

あわわっ!
夢羽ちゃんって呼んじゃってよいのですかァァ ?!
じゃ、じゃぁ、コレから、夢羽ちゃんって呼んじゃいます^^

もう~、あつかましいだなんて、思ってナイナイ ♪
むしろ、逆です。光栄ですよぅっ!

もう、こんなオタクの私なんかを……ありがとうございやす!


確かに嵐の前の静けさって感じ。
ココから、どんどんと、その物語が進んでいくんだけど……。
まだまだ、ひと嵐も、ふた嵐もありそうな予感です ♪

2011/03/29 (Tue) 23:00 | ツンデレ→夢羽ちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

つかの間の幸せです。

でも、それは、嘘でも夢でもなく、確かに
沖田と神楽が生み出しているもの……。

この先に、むごい現実が分かっているからこそ、
沖田はこの幸せに浸りたいと願っているのかもしれません。

2011/04/02 (Sat) 21:07 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment